スカルプD スカルプシャンプー オイリー(脂性肌用)の成分・使用感を徹底解説【実際に使った口コミ・評価を掲載!】

 

今回は、先日リニューアルされた12代目スカルプD(脂性肌用・オイリー)の配合成分・効果について詳しくまとめていこうと思います。

 

実際に通販で注文して手元に届いたので、実際に使った感想なども交えながら、スカルプD(オイリー)のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

 

 

スカルプDドライ(乾燥肌向け)については、こちらの次の記事で詳しくまとめているので参考にしてみてください。
スカルプD スカルプシャンプー ドライ(乾燥肌用)を自腹購入して使った感想【配合成分や効果・注意点を徹底まとめ!】

 

スカルプD(脂性肌用・オイリー)の基本情報

 

スカルプDといえば、お笑い芸人の雨上がり決死隊・宮迫さん、フットボールアワー・岩尾さんなど、芸人さんを起用したテレビCMで人気となり、育毛シャンプーの代名詞的な存在です。

 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら「とりあえずスカルプDを試す」という方も多い

 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら、まずはスカルプDを試して様子を見る…という方もとても多いです。

 

やはり宮迫さんやその他の芸人さんなどを見ていると、薄毛を改善されたということもあるため、スカルプDに期待されているユーザーも多いですね。

 

ただ勘違いしてはいけない点として、スカルプDはあくまでもシャンプーです。
様々な育毛成分が配合されてはいるものの、シャンプー以上の効果は期待できません。

 

残念ながら、シャンプーを使うだけで発毛するということはありません。
また、薄毛に効くというものではないので、抜け毛や薄毛が気になっている場合は、シャンプーだけに頼るのは良くない点を理解しておきましょう。

 

参考:シャンプーだけで発毛はしない

 

スカルプDは種類が豊富!自分の頭皮タイプに合わせて使い分けましょう!

 

記事執筆時の現在、スカルプDシャンプーには、3種類の商品が販売されています。

 

  • スカルプD(オイリー)…脂性肌用のシャンプー。皮脂が多くて悩んでいる方向け
  • スカルプD(ドライ)…乾燥肌用のシャンプー。普通肌・乾燥が気になる方向け
  • スカルプD(ストロングオイリー)…超脂性肌用のシャンプー。皮脂が過剰に分泌しすぎている方向け
  • スカルプD(アイスクリスタル)…期間限定商品。脂性肌用のシャンプーに成分が追加されている

 

このように、いくつかの種類が出ていますが、大きく分けると「脂性肌用」と「乾燥肌用」の2種類になります。

 

皮脂の分泌が多くて悩んでいる方は、脂性肌用。
普通肌、頭皮の乾燥が酷くて痒みなどが気になる方は、乾燥肌用を選ぶようにしましょう。

 

では今回は、オイリー肌用を使ってみたので、詳しい成分解説などをしていきます。

 

スカルプD スカルプシャンプー オイリー(脂性肌用)の成分を徹底解説!

 

 

では具体的にスカルプDオイリー用に配合されている成分を詳しく見ていきます。

 

洗浄成分

脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、モノラウリン酸ポリグリセリル、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液

 

スカルプDオイリー用の洗浄成分には、アミノ酸系の洗浄成分を中心に、低刺激の成分が配合されています。

 

泡立ちを強める少し脱脂力の気になる成分(「脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液」「ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド」)が配合されているものの、うるおい保湿成分がしっかりと配合されているので気にする必要はないでしょう

 

ただ、「ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液」が入っていることで、洗い上がりがかなりさっぱりとした感じに。人によってはキシキシ感を感じてしまうこともあると思うので、髪質によって向き不向きが分かれそうです。

 

育毛・血行促進

ニンジンエキス、チンピエキス、党参抽出物加水分解液、セイヨウニワトエキス、クリサンテルムインディクム抽出液、ビタミンE、ユーカリ油

 

自然由来の成分を中心に、血行促進成分がしっかりと配合されています。シャンプーをするときに頭皮マッサージも併用することでより期待できます。

 

頭皮環境を整える

ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸、豆乳発酵液、ヤシ油脂肪酸加分解ケラチンK液、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩、ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、シクロヘキサンジカルボン酸ピスエトキシジグリコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキス、イリス根エキス1,2−ペンタンジオール、ローヤルゼリー発酵液、ユニトリエノール、N-オクタノイルグリシン、フィトスフィンゴシン、シモツケソウエキス、水添大豆リン脂質、酵母エキス-3、コレステロール、ソルビトール液、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液、オレンジ油、スペアミント油、グリセリンエチルヘキシルエーテル、BG

 

スカルプDオイリー用の特徴は何といっても、頭皮環境を整える成分がかなり豊富に配合されているということ。

 

ご覧いただくとわかる通り、配合されている成分の大半が、うるおい保湿などの頭皮環境を整える成分となっています。

 

ただ、注意しないといけない成分として「ピロクトンオラミン」「サリチル酸」があります。

 

これらの成分はどちらも、殺菌作用がある成分であるため、頭皮への刺激が心配されていることで有名です。

 

必要以上に皮脂を洗い落としてしまうこと、殺菌しすぎてしまう恐れがあるため、使う人を選ぶというのが正直なところです。

 

後述しますが、オイリー肌の方ではない場合、すすぎ時にかなりキシキシ感が出るので注意が必要。またオイリー肌でも肌が弱い方は注意しておきたい成分となっています。

 

スカルプD スカルプシャンプー オイリー(脂性肌用)に配合されている成分評価

 

スカルプDオイリー用に配合されている成分を詳しく見てきましたが、全体的なバランスとしては優れています。

 

特に洗浄成分には、アミノ酸系の成分を中心に比較的低刺激の成分がメインとなっているので安心して使うことができます。

 

ただ、オイリー用として販売されているだけあり、やはり皮脂を洗い落とす脱脂力がやや強めに設計されています。

 

そのため、普通肌・乾燥肌の方が使ってしまうと、逆にツッパリ感や髪のキシキシ感が気になるので気を付けておきましょう(普通肌・乾燥肌の場合、ドライタイプがお勧め)。

 

また、注意したい成分である「ヒドロキシエタンジホスホン酸液」も含まれています。

 

スカルプDの場合、配合量はそれほど多くないと思うのでそこまで気にする必要はありませんが、刺激が心配されている成分であります。

 

以上のことから、スカルプDオイリー用は、皮脂が気になる方は検討してもよい一つのシャンプーだと評価させていただきます。

 

皮脂が少し気になる程度の方や、敏感肌・普通肌の方は、毎日使うことはあまりお勧めできないというのが正直なところ…。

 

スカルプD スカルプシャンプー オイリー(脂性肌用)を実際に使ってみた本音口コミ・評価

 

スカルプDオイリータイプを実際に使ってみたので、その感想をお伝えしていきます。

 

公式サイトを見るだけではなかなかわからないリアルな使用感をまとめました。

 

爽快感のあるメントールの香りが特徴的

 

 

スカルプDのシャンプー液を手に取ってみると、メントールやハッカなどの清涼感のある香りがかなりします。

 

これまでいろいろなシャンプーを使ってきましたが、これほど清涼感を感じるのも珍しいと思います。

 

シャンプー液は画像のとおり、透明で少しトロットした感じになっています。とにかく香りが印象的。

 

泡立ちは文句なし!だがキシキシ感が酷い…

 

 

ワンプッシュ手に取って泡立ててみましたが、泡立ちは文句なし。泡立ちを良くする成分が豊富に入っているので、気持ちよいくらいに泡立ちします。

 

実際に使って洗ってみたのですが、シャワーですすぎをしているときに違和感を実感。
僕の髪質や肌質があっていなかったのだと思いますが、かなり髪がキシキシしてしまいました。

 

洗っている途中からかなりキシキシ感が強くなってきたため、いつものように十分に洗い流せているのかどうかかなり不安になるほどです。

 

僕は普段コンディショナーやトリートメントは使わないのですが、このシャンプーで洗い終えた後は、驚くほど髪がキシキシになってしまったので、コンディショナーを使いました。

 

僕のように、普通肌タイプの場合、ちょっと刺激が強いかな、と感じました。また、髪の毛のキシキシ感については、髪質と関係するのかもしれません。

 

スカルプD スカルプシャンプー オイリー(脂性肌用)の総評:頭皮の皮脂が気になる方は選択肢の一つとして検討すべし

 

 

スカルプDオイリーの成分や使用感についてみてきましたが、洗浄成分はアミノ酸系を中心に低刺激でまとめていて、頭皮ケア成分も豊富に配合されています。

 

この辺りは、医者が監修しているという点にも納得できますね。

 

しかし、殺菌作用のある成分がいくつも配合されている点、すすぎ時にかなりのキシキシ感を出すことを考えると、一般向けのシャンプーとはいいがたいというのが正直なところ。

 

特に次のような方は、あえてこちらのシャンプーを選ぶ必要はないでしょう。

 

【スカルプDはこんな人にお勧めできない】

  • 皮脂が気にはなるがそこまで悩んでいない方
  • 普通肌・乾燥肌で皮脂は気になっていない方
  • 敏感肌でシャンプーの刺激が心配な方

 

このような頭皮や肌質の場合、別のシャンプーを使うことをおススメします。

 

逆に、脂漏性皮膚炎など、皮脂の分泌が過剰になりすぎている方などは、殺菌性のある成分を配合したこちらのシャンプーは比較的向いています(ただし、脂漏性皮膚炎の場合は皮膚科を受診することを先にした方が良いです)。

 

【スカルプDオイリーはこんな人にお勧め】

  • 毎日シャンプーしているのに頭皮の皮脂が過剰に分泌されて悩んでいる方
  • 脂漏性皮膚炎をケアするためのシャンプーを探している方

 

このような方は、スカルプDオイリーを使うことで十分期待できるはずです。皮脂を洗い落す成分が豊富に含まれているので、皮脂で悩んでいる方は一度試しておきたいですね。

 

ということで、総評としては「使う人をかなり選んでしまうシャンプー。普通肌の人が使うには注意が必要!」という仕上がりになっています。

 

実際に使った感想でもお伝えした通り、僕は髪の毛がかなりキシキシしてしまったので、自分には向いていないと実感しました…。

 

育毛シャンプーランキングのページでは、僕がこれまで使ったシャンプーや調べたシャンプーをお勧め順で紹介しているので参考にしてみてください。

 

スカルプDオイリーは、頭皮の皮脂が気になる方向けのシャンプーになっています。

 

毎日シャンプーしているのにベタベタ感などが気になる場合、一度試してみてはいかがでしょうか。

 


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。