スカルプD スカルプシャンプー ドライ(乾燥肌用)を自腹購入して使ってみた【成分や効果・注意点まとめ】

 

先日、「スカルプDオイリー」を自腹購入して使ってみたので、それに引き続き、今回はドライタイプ(乾燥用)を注文して実際に使ってみました。

 

スカルプDオイリータイプとの違いや配合成分、ドライタイプを使う上での注意点などまとめていきたいと思いますので、スカルプDシャンプーが気になる方は参考にしてみてください。

 

 

スカルプD スカルプシャンプー ドライ(乾燥肌用)の成分を徹底解説

 

 

スカルプDドライタイプ(乾燥用)に配合されている成分を詳しく見ていきます。

 

洗浄成分

アルキル(8-16)グルコシド、加水分解ケラチン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、モノラウリン酸ポリグリセリル、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液

洗浄成分には、アミノ酸系の成分を中心に低刺激のものだけをしっかりと配合されています。

 

市販されているシャンプーにありがちな、脱脂力の強力な高級アルコール系の成分を配合していないので安心して使うことができます。

 

特に、乾燥が気になる方向けのシャンプーなので、低刺激の成分をメインに配合しているのは良いですね。

 

育毛・血行成分

ニンジンエキス、チンプエキス、党参抽出物加水分解液、ユーカリ油

スカルプDのオイリータイプと比較すると、ドライタイプは、めぐりを良くする成分の配合が少ないのが残念です。

 

頭皮が乾燥しがちな方は、血流が悪くなっている可能性が高いので、血行促進成分はしっかりと配合しているのが理想です。

 

頭皮環境を整える成分

ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、豆乳発酵液、加水分解コラーゲン・樹脂酸縮合物・アミノメチルプロパンジオール液、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、塩化ジアルキル(14-18)ジメチルアンモニウム、エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム(2)、シクロヘキサンジカルボン酸ピスエトキシジグリコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、カッコンエキス、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキス、イリス根エキス、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、アロエエキス(2)、オリーブ油脂肪酸セトステアリル・オリーブ油脂肪酸ソルビット混合物、水溶性ツボクサエキス、N‐ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N‐ステアロイルフィトスフィンゴシン、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、アルテロモナス発酵エキス、1,2−ペンタンジオール、N-オクタノイルグリシン、フィトスフィンゴシン、クリサンテルムインディクム抽出液、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ローマカミツレ油、オレンジ油、ラベンダー油、セージ油、1,3ブチレングリコール、グリセリンモノ2‐エチルヘキシルエーテル、ジプロピレングリコール、プロピレングリコール、コレステロール、イノシット、濃グリセリン

 

頭皮環境を整える成分はご覧のとおり、かなり豊富に配合されています。

 

濃グリセリンやスーパーヒアルロン酸など、うるおい保湿のための成分が配合されているのは素晴らしいです。

 

しかし、それ以上に残念な点としては、殺菌成分である「ピロクトンオラミン」を配合しているということ。この成分は、頭皮の菌を殺菌するため、脂漏性皮膚炎やフケ症で悩んでいる方向けのシャンプーに配合されています。

 

頭皮には不要な菌だけでなく、必要な菌も存在しているのですが、ピロクトンオラミンはその両方を殺菌するため、かえって頭皮環境の悪化を招く危険性があるのです。

 

スカルプDドライは、乾燥肌向けのシャンプーなので、この成分が本当に必要なのかどうか、非常に疑問が残ります。

 

スカルプD スカルプシャンプー ドライ(乾燥肌用)の成分評価

 

洗浄成分に関しては、乾燥肌向けということで低刺激のものをメインにしっかりとまとまっている印象を受けます。

 

しかし、その他の成分に刺激が気になるものがいくつか配合されているのが非常に残念です…。

 

上でもお伝えした通り、殺菌成分の「ピロクトンオラミン」のほかに、キレート剤の「ヒドロキシエタンジホスホン酸液」も要注意成分。こちらの成分は、アレルギー体質や敏感肌の方は注意が必要であり、長期間の使用はご法度。

 

そのため、ドライ向けのシャンプーに入れるべき成分ではないと思うのですが…。

 

また、「ゲラニオール変換アルコール」「無水エタノール」「エタノール」といった清涼剤も配合されています。

 

これらの成分はその名のとおり、清涼感(スースーとした洗い上がり)を実感するために配合されているのですが、これも乾燥肌向けのシャンプーとしてどうなの?と疑問が残ります。

 

個人的には、オイリー向けのシャンプーとしてならまだしも、乾燥肌向けの場合、しっとりと仕上げてほしいと考えてしまいます。

 

以上のことから、洗浄成分はまだ良いものの、その他の成分として注意しておかないといけない成分をいくつか配合しています。

 

そのため、「乾燥肌」だからといって手放しでお勧めしにくいシャンプーとなっています。

 

スカルプD スカルプシャンプー ドライ(乾燥肌用)を実際に使ってみた感想・口コミ

 

スカルプDドライタイプを実際に使ってみたので、写真を交えながらその使用感を詳しくまとめてみます。

 

ドライタイプでは珍しい!爽快感のある香り

 

 

シャンプー液を手に取ってみると、オイリータイプと同じく、スースーとする爽快感のある香りがします。

 

これまで使ってきたドライタイプのシャンプーは、比較的落ちついた香りがしたので、ちょっと意外でしたね。

 

シャンプー液は、トロットした感じで無色透明となっています。

 

泡立ちは文句なし!キシキシ感も気になりませんでした

 

 

ワンプッシュ手に取って泡立ててみましたが、文句なしの泡立ちでした。シャンプーは、しっかりと泡立てて優しく頭皮を洗うことが大切なので、この点は全く問題ありません。

 

僕が一番気になっていたのは、すすぎ時に発生するキシキシ感です。

 

というのも、先日使ったスカルプDオイリータイプが、驚くほどのキシキシ感が出てしまったので、切れ毛・抜け毛の心配をしたんです…。そのため、今回のドライタイプもすすぎ時のキシキシ感がかなり心配でした。

 

実際に洗髪してすすぎをしてみましたが、ドライタイプはキシキシすることなくすすぐことができました!

 

オイリータイプと比べるとその違いは一目瞭然です。全くキシキシしないので、もちろんトリートメントなどを無理に使う必要もありません。

 

シャンプー時のキシキシ感は、髪と髪とがこすれる摩擦によって生じてしまいます。あまりにもひどい場合、切れ毛・抜け毛の原因になるため、キシキシするシャンプーを使い続けるのはお勧めできません。

 

僕と同じように、オイリータイプでキシキシしてしまった場合、ドライタイプに変えてみるのも一つの方法です。

 

スカルプD スカルプシャンプー ドライ(乾燥肌用)の総評:使用感は良いものの配合成分は残念な仕上がりに…

 

 

スカルプD スカルプシャンプー ドライ(乾燥肌用)の成分や使用感についてみてきましたが、非常に惜しいシャンプーになっています。

 

僕個人の意見としては、頭皮への刺激が気になる成分がなくなれば、市販シャンプートップクラスの出来になるかと思います。

 

泡立ちもよくキシキシしないので、使用感は問題なし。あえて言えば、ドライタイプに清涼感がいるのかどうかですが、この辺りは、個人差が出ますが。

 

残念なのが、頭皮への刺激が強い成分がいくつか配合されているということ。

 

乾燥肌向けのシャンプーなので、この辺りはしっかりと低刺激のものでまとめてほしかったですね。

 

スカルプDは、1年くらいを周期にどんどんリニューアルされているので、今後さらに良くなる可能性は十分あります。

 

知名度が非常に高いシャンプーなので、配合成分もさらにこだわってほしいな…と思うのが僕の感想です。

 

 

 

育毛シャンプーランキングのページでは、これまで10本以上使った育毛シャンプーを厳選してランキングでご紹介しています。

 

どのシャンプーを選べばよいのか悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてください。


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。