リアッププラスを実際に使ってみた感想【効果・価格・副作用・使い方まとめ】

 

今回は、大正製薬から販売されている『リアッププラス』を自腹購入して使ってみたので、その感想を詳しくお伝えしていきます。

 

リアッププラスは、「リアップシリーズ」の一つであり、有効成分ミノキシジルが含有されている発毛剤です(当サイトでは、医薬品とそれ以外を区別するために、医薬品については育毛剤ではなく、発毛剤と表記するようにしています)。

 

ミノキシジルを含有する医薬品であるため、市販されている育毛剤と比べると強力な作用があります。

 

具体的には、ミノキシジルの効果・副作用のページでもまとめているので併せてご覧になってみてください。

 

では具体的に、リアッププラスに配合されている成分を詳しく見ていきます。

 

リアッププラスに配合されている成分を徹底解説

 

 

リアッププラスには、次の成分が含有されています。

 

ミノキシジル、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール

添加物:カミツレ油、1.3-ブチレングリコール、クエン酸、エタノール

 

それぞれの成分の主な働きは、次の通りです。

 

ミノキシジル 毛乳頭細胞に直接働きかける発毛成分
パントテニールエチルエーテル 毛細胞に栄養を補給
トコフェロール酢酸エステル 皮脂の参加を防ぎ頭皮を保護
l-メントール 頭皮のかゆみをおさえ、清涼感をあたえる

 

リアッププラスの主成分となるのが、ミノキシジルです。ミノキシジルは、毛乳頭細胞に直接働きかけて発毛を促す作用があるため、生え際のM字後退や頭頂部のてっぺん薄毛にも十分期待できます。

 

特に、薄毛がかなり進行してしまっていて医薬部外品の育毛剤では対策できない場合でも、ミノキシジルを使ってみる価値は十分にあります。

 

ただし、リアッププラスに含有されているミノキシジルの濃度は1%となっているため、「リアップX5」と比べると作用は弱くなっています。

 

リアッププラスの副作用・取扱注意点について

 

 

リアッププラスは、他の育毛剤とは違い医薬品に分類される商品であるため、副作用のリスク、取扱注意点があることを理解しておく必要があります。

 

具体的には、次のような方法での使用は禁止されているので注意しましょう。

 

【してはいけないこと】

1、次の人は使用しないでください

  1. 本罪又は本罪の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
  2. 女性。
  3. 未成年者(20歳未満)。
  4. 壮年性脱毛症以外の脱毛症(例えば、円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等)の人、あるいは原因のわからない脱毛症の人
  5. 脱毛が急激であったり、髪が斑状に抜けている人。

 

ここに記載されている通り、以前にミノキシジル含有の発毛剤を使って副作用(アレルギーなど)を起こした方は使うことはできません。一度副作用がでてしまっている方が使った場合、再度副作用を発症するリスクが非常に高いためです。

 

ミノキシジルは、ミノキ焼けと呼ばれる塗布した部位が炎症を起こしてしまう副作用が有名です。

 

もし、ミノキシジルを塗布して違和感などがある場合は、使用の様子を見ておいた方がよいでしょう。

 

また、20歳未満の未成年が使用することはできません。最近では、高校生や大学生で薄毛が気になり始める方も増えていますが、リアッププラスを使えるのは20歳以上の成人のみとなります。

 

未成年で薄毛が気になり始めた場合は、副作用の恐れがほとんどない医薬部外品の育毛剤を使った対策に取り組みましょう。

 

参考:大学生でも使える、おすすめの育毛剤を厳選してご紹介!10代・未成年の薄毛対策にオススメはコレ!

 

リアップアップラスの副作用

 

では次に、リアッププラスの副作用として注意喚起されている内容について見ていきます。

 

皮膚 頭皮の発疹・発赤・かゆみ・かぶれ・ふけ・使用部位の熱感等
精神神経系 頭痛・気が遠くなる・めまい
循環器 胸の痛み・心拍が早くなる
代謝系 原因のわからない急激な体重増加・手足のむくみ

 

ミノキシジルを含有するリアッププラスを使うことで起こる可能性のある副作用としては、上記のものがあります。

 

最も多いのが、塗布した部位に炎症が起きてしまう、いわゆるミノキ焼けというもの。ミノキシジルは、非常に刺激が強い成分であるため、肌が弱い方などは十分注意する必要があります。

 

他にも、頭痛・めまいなどをうったえる方もおられるため、初めて使う場合は特に注意しておきましょう。

 

リアッププラスを実際に使ってみた感想まとめ

 

では、実際にリアッププラスを使ってみたので感想をお伝えしていきます。

 

リアッププラスは、市販されている育毛剤とはその使い方が大きく違っていました。

 

適当にスプレーをシュッシュッとするようなものではなく、1回の使用量がしっかりと決められているため、少し手間が必要となります。

 

リアッププラスの使い方を画像でまとめてみた

 

リアッププラスの使い方は、他の育毛剤とは違って特殊なので、実際に使った様子を画像でお伝えしていきます。

 

1.キャップを真上にはずす

 

 

まずはリアッププラスのキャップを真上に引いて開けます。キャップを開ける際、ひねらずに、真上に引くのがポイントです。

 

2.「計量」の位置に印があるかどうか確認する

 

 

ここからが、リアッププラスの独特な使い方となります。

 

キャップを真上に引いて開けたら、ボトルに記載されている「計量」の位置に印があることを確認します。上の画像では、軽量の上に金色の●印が見えるかと思いますが、このようになっているとOKです。

 

3.ボトルを逆さ向けて液を先端に貯める

 

 

ボトルを逆さ向けます。すると自動的に先端に液が溜まるようになります。

 

市販の育毛剤のように、スプレーしたりボトルをプッシュしなくても、逆さ向けるだけで1回に必要な塗布量が自動でセットされます。

 

4.ボトルを戻して水平に保つ。液がしっかりと先端にたまっているか確認

 

 

ボトルを元に戻して、水平を保ちます。先端に液がしっかりと溜まっているか確認しておきます。

 

画像では少しわかりにくいですが、液がしっかりと先端にたまっていました。

 

5.「計量」から「塗布」まで先端を回す

 

 

最後に、ボトルの先端をにある印を「計量」から「塗布」まで回します。「塗布」までボトル先端を回すと、自動で先端が浮き上がり、塗布できるようにセットされます。

 

画像のように、印の穴が塗布のところまでくれば準備万端です。

 

6.ボトル先端を直接頭皮に着けて塗布する

 

1〜5までで塗布するための準備ができたので、いよいよ塗布していきます。

 

塗布する際は、ボトルを押したりせずに、そのまま頭皮に着ける→離す→着ける→離す…を繰り返すことで、液がしっかりと出てきます。

 

個人的に使ってみた感じたことですが、塗布する際に何回「頭皮に着ける→離す→着ける→離す…」を繰り返せばよいのかがいまいちわかりにくかったです。

 

数回繰り返しては、ボトルの先端を確認して、まだあれば繰り返す…という作業を行っていました。

 

慣れてくればだいたいどれくらいでなくなるのかわかるかもしれませんが、慣れるまではちょっとわかりにくいですね。

 

7.ボトルの先端を「計量」に戻す

 

 

塗布し終えたら印を「計量」に戻しましょう。計量に戻せば、液が漏れる心配がないので安心です。

 

以上がリアッププラスの使い方となります。

 

最後に、リアッププラスの使い方が紹介された動画がありましたので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

リアッププラスとリアップジェットの違いとは

 

リアップシリーズには、リアッププラスと似た製品として「リアップジェット」があります。

 

参考:リアップジェットを自腹購入して使った感想【効果・価格・副作用・使い方まとめ】

 

リアッププラスとリアップジェットの違いは、「ボトルタイプ」ということになります。

 

お伝えした通り、リアッププラスはボトルを直接頭皮に塗布するタイプになっています。一方のリアップジェットは、エアゾール式のシュッと噴き出すタイプのボトルになっています。

 

どちらの方が使いやすいかについては、個人差があるものの、個人的にはリアップジェットの方が簡単に使えました。

 

リアッププラスは、塗布するまでの工程が少し面倒なので…(汗)

 

リアッププラスとリアップジェットの成分の違いはありません。どちらもミノキシジルの含有量は1%なので、初めてミノキシジル含有の発毛剤を使う方は安心して使えるように仕上がっています。

 

リアッププラスとリアップX5の違いとは

 

リアッププラスとリアップX5の違いは、「ミノキシジルの配合濃度」があります。

 

リアッププラスは、ミノキシジルの配合濃度が1%。一方のリアップX5は、ミノキシジルの配合濃度が5%と、リアップシリーズの中で最も高配合となっています。

 

ミノキシジルは、濃度が高ければ高いほどその効果も強くなるため、より強力な作用を期待するならリアップX5を選ぶことをお勧めします。

 

しかし、ミノキシジルの濃度が高くなれば、それだけ副作用のリスクも上がってしまいます。そのため、まずはミノキシジル配合濃度1%のリアッププラスから始めて、配合濃度5%のリアップX5へと上げていく方が良いです。

 

ミノキシジルの副作用を発症してしまうと、ミノキシジルを含有するリアップシリーズは使えなくなるので気を付けておきましょう。

 

リアッププラスの総評:はじめてミノキシジル含有の発毛剤を使う方にお勧め

 

 

リアッププラスは、大正製薬から販売されているリアップシリーズの中でミノキシジルの含有濃度が低い発毛剤となっています。

 

そのため、初めてミノキシジル含有の発毛剤を使う!という方にお勧めです。

 

いきなりリアップX5などの配合濃度の高いものを使う方もいますが、副作用のリスクを考えるとあまりお勧めできません。

 

配合濃度の低いリアッププラス(もしくはリアップジェット)から始めて、大丈夫なら濃度の高いリアップX5を使ったほうが安心して使えます。

 

ただし、リアッププラスは配合濃度が1%と低いとはいえ、副作用のリスクがあることに変わりはありません。また、誰でも使えるというものでもない点も十分注意しておきましょう。

 

【リアッププラスがお勧めな人】

  • 医薬部外品の育毛剤では対策出来ないほど薄毛が進行してしまっている
  • 初めてミノキシジル含有の発毛剤を使う

 

このような方に、リアッププラスはお勧めです。ミノキシジルは、日本皮膚科学会も推奨する薄毛対策法となっているため、薄毛がある程度進行してしまっている場合は、使ってみると良いでしょう。

 

一方、次のような方は、リアッププラスをお勧めできません。

 

【リアッププラスをお勧めできない人】

  • 副作用の恐れがあるものを使いたくない人
  • 以前にミノキシジルで副作用がでてしまった人
  • 未成年で薄毛に悩んでいる人

 

このような方は、副作用の恐れがほとんどない医薬部外品の育毛剤を使って対策に取り組むことをお勧めします。

 

僕も医薬部外品の育毛剤を使って薄毛対策に取り組んでいますが、十分満足する結果を鰓うことはできていますよ。

 

 

以上、リアッププラスを実際に使ってみた感想と詳しい成分の解説についてでした。

 

当サイトでは、僕が実際に育毛剤を使って成分を比較したり使用感について詳しくお伝えしています。また、薄毛対策についてのお役立ち情報もまとめているので是非、他の記事も参考にしてみてください。

 


この記事を読んでいる人は次の記事も併せて読んでいます

ミノキシジルの育毛効果・副作用について詳しくお伝えしています。ミノキシジル配合の育毛剤は薬局でも買えますが、ミノキ焼けと呼ばれる副作用があるため、しっかりと薬剤師さんの説明を受け、正しい使い方をする必要があります。


 

AGA治療薬のプロペシア(フィナステリド)の効果・副作用について詳しくお伝えしています。プロペシアには、様々な副作用の恐れもある為、取り扱いにはっ十分注意する必要があります…


 

大正製薬から販売されているリアップジェットを実際に購入したので、その効果や使用感を詳しくお伝えしています。リアップジェットの使い方などが気になる方は是非、参考にしてみてください。


 

よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。