Rambut(ランブット)の効果とは

 

ノニを配合したスカルプケアとして話題になっている「Rambut(ランブット)」。

 

ノニに配合されている「スコポレチン」「SOD酵素」という2つの成分が特にスカルプケアとして注目されています。

 

スコポレチンとは、ポリフェノールの一種で、血流を促進する働きが期待されています。

 

特に生え際や頭頂部のてっぺんなどは、血行不良によって必要な栄養素が運ばれにくくなってしまうため、それに対策するのは理にかなっています。

 

他の人気の育毛剤や発毛剤も、基本的には血行促進をすることで効果へつなげています。

 

SOD酵素とは、酸素毒と呼ばれている活性酸素を除去する働きがある酵素のこと。

 

SOD酵素は、もともと体内にあるものの、加齢とともに減少してしまいます。

 

丹羽博士のSOD誘導能の実験でも(下図)SOD産出能力は25歳から下降しはじめ、40歳を過ぎて急速に低下することがわかってきました。

これが各種疾患の原因でありますし、また老化現象などの最大の理由なのです。
引用元:活性酵素とは?SODとは?

 

このように、ノニに含まれている「スコポレチン」「SOD酵素」を補うことで、理論上はスカルプケアとしても期待できます。

 

▼ランブットの公式通販サイトはこちら

 

浸透力アップの工夫も実施

 

スカルプケア商品を選ぶ時に確認しておきたいことが、浸透力アップの工夫が実施されているかどうかです。

 

どれだけ魅力的な成分が配合されていても、しっかりと浸透しないと意味がありません。

 

化粧品や医薬部外品に分類されている商品でも、浸透力アップの工夫が実施されているものはたくさんあるので要チェックです。

 

ランブットは、「ホホバオイル」と呼ばれる天然オイルを配合することで、浸透力アップを実施しています。

 

 

ホホバオイルには、「1、皮脂を洗い流す」「2、有用成分を浸透させる」という2つの働きが期待されています。

 

皮脂の分泌が多い方、日中外に出ていてよく汗をかく方にとっては、ホホバオイルは最適な成分と評価できます。

 

最近では、シリコンが配合されているシャンプーや整髪料などの関係で、スカルプケア商品がしっかりと実感できない方も少なくありません。

 

ランブットは、ホホバオイルという成分を使うことでしっかりと有用成分を浸透させる工夫が実施されているので期待できるでしょう。

 

他の育毛剤との違いは?

 

ランブットは、育毛剤という扱いではなくスカルプケア商品(化粧品)という分類になっています。

 

また、他の育毛剤とは違い、塗って放置ではなく、洗い流すのが大きな違いとなっています。

 

一般的な育毛剤の場合、シャワー後に塗布してそのまま成分を浸透させるために放置します。

 

しかし、ランブットは付けた後、浸透させてから洗い流すため、他の育毛剤とは使い方も大きく異なっています。

 

さらに、他の育毛剤は毎日使うものが多いですが、ランブットは週2回の使用が推奨されています。

 

皮脂を洗い流すホホバオイルが配合されているため、使い過ぎはNG(皮脂の洗い落とし過ぎはよくないので)。
手軽に使えるという点では、使いやすくなっています。

 

効果については、医薬部外品に配合されているような有効成分(効果が認められている成分)は含まれていません。

 

ただし、「ノニ」という他の育毛剤には配合されていない成分が配合されています。

 

ランブットと他の育毛剤の併用は可能!

公式メーカーさんによると、ランブットは他の育毛剤と併用しても問題ないように製造されているとのことでした。

 

ランブットは、あくまでも洗い流すスカルプケア商品なので、そのあとに他の育毛剤を使うことでさらに効果が期待できます。

 

実際、ランブットを使っている方の中にも、他の育毛剤と併用して利用されている方も多いということ。

 

「今使っている育毛剤だけではイマイチ実感できない…」という場合、育毛剤はそのままでランブットを併用してみるのもありです。

 

 

ランブットの口コミ・評判

 

ランブットは、2018年1月に販売されたばかりということで、まだ口コミは見当たりませんでした。

 

ただし、ノニがスカルプケアに良いという言ことはネット上でも話題になっており、SNSなどでも投稿されることがいくつかあるようです。

 

ノニジュースでも変化を実感される方がちらほらいるようなので、頭皮に直接塗るランブットはさらに期待できる可能性も高そうです。

 

ランブットの使い方

 

【ランブットの使い方】

  1. シャンプーで髪を洗い流す
  2. ランブットを付属のカップ一杯分を髪に塗布する
  3. 塗布後20〜30秒マッサージ
  4. 20分前後放置して浸透させる
  5. シャワーで洗い流す

 

育毛剤とは使い方が全然違うので注意が必要です。

 

初めにシャワーでしっかりと汚れを洗い落とします。
シャワーが終わったら、軽く水けをきって、ランブットを髪に塗っていきます。

 

ランブットには、1回の使用量が分かるカップが付属してくるので、それを使って1回の分量を使います。

 

塗布し終えたら、浸透させるために20分程度放置します。
この間に、ホホバオイルなどの働きによって有用成分が浸透するよう働きかけてくれます。

 

最後に髪に付着したランブットを洗い流して完了です。
ランブットを洗い流した後は、シャンプーをする必要はないです。

 

ランブットを安く買う方法

 

ランブットの販売店について調べてみましたが、現在は公式通販サイトでのみ販売されています。

 

ネットショップのamazonや楽天市場でも取り扱いがありませんでした。

 

ということで、ランブットを安く買うためには、公式通販サイトを利用すればOKです。

 

ちなみに、ランブットの公式通販サイトでは、初回でやめられる定期コースも用意されています。

 

よくある「最低3回の継続が約束です」というような縛りはないので安心して利用できます。

 

30日間の返金保証も用意されているので、まずは実際に使って試してみることをお勧めします。

 

合わないと思えばやめればよいですし、合っていればそのまま手軽に続けられますからね^^

 


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。