ノコギリヤシは抜け毛の原因5αリダクターゼをブロックする!

 

髪に良いといわれる成分はいろいろありますが、中でも人気なのが「ノコギリヤシ」ですね。

 

ノコギリヤシには、抜け毛の原因となる還元酵素5αリダクターゼの働きを抑制することが明らかになっています。

 

生え際の後退や頭頂部の薄毛などは、男性ホルモン・テストステロンと、還元酵素5αリダクターゼが結合し、活性型の男性ホルモンDHTに変換されることで進行してしまいます。

 

ノコギリヤシには、抜け毛の原因となる活性型の男性ホルモンDHTの元となる還元酵素5αリダクターゼの働きを抑制するため、抜け毛の予防として効果が期待されているのです。

 

【ノコギリヤシの育毛効果】

  • 抜け毛の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する

 

5αリダクターゼの働きを抑制する成分には、医薬品成分である「フィナステリド」が有名です。

 

実は、ノコギリヤシはフィナステリド以上の働きがあることも知られています。

 

ノコギリヤシとフィナステリドの違い

 

 

フィナステリド(商品名:プロペシア)は、抜け毛の原因となる還元酵素5αリダクターゼU型の働きを抑制することが明らかになっています。

 

生え際の後退や頭頂部の薄毛など、AGA(男性型脱毛症)の原因は、主に5αリダクターゼU型の影響だと考えられているため、効果を実感する方が多いのです。

 

しかし、中には5αリダクターゼU型に加え、T型の影響を受けて薄毛になってしまう方もおられます。

 

フィナステリドを服用するだけでは、5αリダクターゼT型を抑制できないため、フィナステリドが効かない人もいるのです。

 

参考:プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用をどこよりも分かりやすくまとめました

 

ノコギリヤシは5αリダクターゼT型・U型の両方に効果あり!

 

ノコギリヤシには、5αリダクターゼU型だけでなく、T型にも効果があることが明らかになっています。

 

ノコギリヤシ(saw palmetto, Serenoa repens)はDHT阻害作用のある薬草であり、一般薬よりも安価で、フィナステリドやデュタステリドよりも副作用が少ないと言われている。他の5αリダクターゼ阻害薬とは異なり、ノコギリヤシのエキスはテストステロンからDHTへの変換を阻害する時にPSA分泌の抑制は行なわない。[8] フィナステリドが5αリダクターゼの主要なアイソエンザイムであるtype2のみを阻害するのに対し、ノコギリヤシはtype1, 2両方のアイソフォームを抑制する。
引用元:脱毛の治療 - Wikipedia

 

このように、U型だけを抑制するフィナステリドと違い、T型・U型の両方を抑制するのが、ノコギリヤシの大きな特徴といえます。

 

T型・U型を抑制する医薬品は「デュタステリド」

 

ノコギリヤシのように、5αリダクターゼT型・U型の両方を抑制する医薬品成分には「デュタステリド」というものがあります。

 

デュタステリドを含む医薬品「ザガーロ」は、2015年9月28日にAGA治療薬として厚生労働省から製造販売承認を取得した新しい薬となります。

 

プロペシアに次ぐ第二のAGA治療薬として注目されているものの、フィナステリド(プロペシア)と同じように副作用の恐れがあることが懸念されています。

 

このことからも、抜け毛の原因となる5αリダクターゼT型・U型の働きを抑制するノコギリヤシは、改めて注目されているのです。

 

ノコギリヤシの副作用は大丈夫!

 

5αリダクターゼの働きを抑制する「フィナステリド」「デュタステリド」は共に副作用の恐れがあるため、誰でも簡単に服用できるわけではありません。

 

では、ノコギリヤシはどうなのかというと、ノコギリヤシは副作用の心配はありません。

 

というのも、ノコギリヤシは自然由来の成分であり、もともと存在する成分であるため、副作用の心配がないといわれているのです。そのため、健康食品であるサプリメントにも配合されている安心できる成分になっているのです。

副作用の恐れがある成分は、健康食品であるサプリメントとして販売することはできません。

 

ノコギリヤシとフィナステリドの違い

 

ノコギリヤシとフィナステリドでは、働きを抑制する5αリダクターゼの種類が違うことは前述のとおりです。

 

ノコギリヤシのほうが、T型・U型の両方を抑制できる上、副作用の心配がないため利用される方が増えてきています。

 

しかし、効果の強さという点で見ると、やはりフィナステリドのほうが効果的だというのが個人的な考えです。

 

フィナステリドは、AGA治療薬として厚生労働省から承認を得ている治療薬ですし、その効果もしっかりと明らかになっています。

 

一方ノコギリヤシは、あくまでも健康食品の一成分であり、医薬品成分として承認されているわけではないからです。

 

そのため、ノコギリヤシとフィナステリドのどちらがより期待できるのか?といえば、やはりフィナステリドになるでしょう。

 

しかし、フィナステリドは医薬品成分であり、副作用の恐れなどがあるため、誰もが服用できるわけではありません。

 

そういった点から考えると、比較的誰でも手軽に取れるノコギリヤシは、抜け毛や薄毛が気になり始めた方にとって強い見方になることに代わりはありません!

 

ノコギリヤシとフィナステリドを併用することは可能なのか!?

 

では、より効果の期待できるフィナステリドと、T型・U型の両方を抑制するノコギリヤシは併用できるのでしょうか?

 

結論からお伝えすると、ノコギリヤシとフィナステリドを併用することは可能です。先ほどもお伝えしたとおり、ノコギリヤシは自然由来の成分であり副作用の心配もありません。

 

サプリメントなどから必要量を補う分に関しては問題ないでしょう。

 

実際、薄毛治療としてプロペシアを服用しながら育毛サプリメントで必要な栄養を補っている方はたくさんおられます。

 

薄毛対策は、プロペシアだけ服用していれば良いのではなく、髪に必要な栄養素をしっかりと補うことも重要なので、併用すればより期待できるでしょう。

 

どうしてもノコギリヤシとフィナステリドの併用が気になる場合は、専門医に相談すると良いでしょう。

 

ノコギリヤシ配合のサプリメントの選び方

 

ノコギリヤシを補うためには、サプリメントを利用するのが一般的です。ノコギリヤシはハーブであるため、普段の食事から摂るのは難しいためです。

 

 

最近では、「ノコギリヤシサプリメント」として、ノコギリヤシ単体を配合したサプリメントもたくさん配合されています。

 

しかし、髪のことを考えてノコギリヤシを摂るなら、ノコギリヤシ単体のサプリメントではなく、育毛に必要な栄養がバランスよく配合された育毛サプリメントがおすすめです。

 

育毛サプリメントには、ノコギリヤシ以外にも「亜鉛」「イソフラボン」をはじめとした、髪に必要な栄養が凝縮されています。

 

ノコギリヤシだけを摂れば育毛できるわけではないことは、すでにご存知かと思います。重要なことは、髪に必要な栄養をバランスよく定期的に補うことなんですね。

 

そのため、ノコギリヤシを配合した育毛サプリメントで総合的に栄養を補うようにしましょう。

 

おすすめの育毛サプリメントについては、、次のページで詳しく解説しているので是非、参考にしてみてください。

 

>>> 育毛サプリメント


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。