頭皮の臭いがヤバすぎて絶望した

 

頭を動かしただけで濡れた犬のような臭いが漂う。
毎晩シャンプーしているのに昼頃にはおじさんのような臭いが気になる。

 

シャンプーのやり方を調べて丁寧にしているけど全然変化がない。
脂っこい食事を避けたり、ストレスを意識しているけど何も変わらない…ってウンザリしていませんか?

 

私は2年ほど前に頭皮の皮脂が気になり始めました。
自分の頭皮から加齢臭のようなおじさん臭がするようになりました。

 

なんとかしようと「頭皮の臭いを治す方法」で検索してみると…

 

シャンプーのやり方を改善しましょうー!
脂っこい食事を見直しましょうー!
生活習慣を見直しましょうー!

 

 

なるほどなるほど。一つずつ自分なりに実践してきたわけですが、

 

全然直らない!
むしろ、臭いはどんどん酷くなっている…。

 

当時は、人が近くに来るだけで臭いがしないか心配でたまりませんでした。
早くあっち行って!

 

でも、しっかりと正しい対策に取り組めた結果、今では頭皮の臭いは全く気にならなくなりました。

 

正しい対策に出会うまでとにかく調べまくりましたし、いろいろなシャンプーやグッズも使ってきました。

 

調べていくうちに、私と同じように対策しているけど効果が出ずに悩んでいる方が多いことも分かったので、この記事で効果があったこと・失敗したことをまとめておこうと思います。

 

シャンプーのやり方は丁寧にしている、食事もしっかりと意識している、
それなのに全然改善しないよー!って方は参考になると思いますよ。

 

頭皮が臭い原因は皮脂と雑菌

最初に結論を書いてしまいますが、頭皮の臭いの原因は皮脂です。
皮脂がすべての元凶。

 

皮脂で臭くなる原因は大きく分けて2パターンあります。

 

1、汗や皮脂が酸化した臭い
2、常在菌による臭い物質ノネナールの発生

 

他にも、脂っこい食事や栄養不足、生活習慣の乱れなどもあるけど、この記事を読んでくださっているなら既に対策済みだと思うので省略します。

 

というか、食事の見直しや生活習慣を変えるだけで臭いが治ることなんてほとんどないです。
私も実践してみましたが、結局は頭皮環境を治していくしかないですからねー。

 

汗や皮脂の残りが酸化すると臭くなる

頭皮の臭い シャンプー」で検索すると、
「アミノ酸シャンプーに変えましょう!」みたいな記事ばかり。

 

実際にアミノ酸系シャンプー使ってみましたか?

 

私はすぐに紹介されていたアミノ酸シャンプーに変えましたよ。
その結果、
臭いが変わらないどころか、臭いが酷くなったりベタつきや痒みが出てしまった…。

 

少ないお小遣いで高いシャンプー買ったのに。
ふざけるなよと。

 

 

実はこれ、アミノ酸シャンプーだけでは皮脂が洗い落とせていないから起こります。

 

洗い落とされずに残った皮脂が酸化して、頭皮の臭いになっているわけです。

 

この記事の後半でも書きましたが、
単に低刺激のシャンプーを使っても逆効果になりえますから気を付けた方が良いです。

 

この辺りは個人差があって難しい所ですが、低刺激のシャンプーで失敗したことがあるなら覚えておいた方が良いです。

 

じゃあどうすればよいの?って話ですが、低刺激だけど脱脂力のあるシャンプーに変えればOK!
この辺りも後半で詳しく書きます。

 

常在菌が臭い物質ノネナールを作り出す

皮脂には脂肪酸が含まれています。
脂肪酸は年齢が高くなればなるほど増加してしまいます。

 

頭皮の常在菌が脂肪酸を分解すると、臭いの原因となるノネナールを作り出してしまう。
その結果、頭皮が臭くなってしまいます。

 

ノネナールによる臭い対策も、結局は頭皮に合ったシャンプーを使うこと。

 

頭皮に合ったシャンプーを使って皮脂をコントロールすれば臭いも皮脂も落ち着いていきます。

 

皮脂が過剰に分泌されるのは乾燥が原因

ここまで見てきた通り、頭皮の臭いの原因は、皮脂が過剰に分泌されるからなんですよね。

 

皮脂が過剰に分泌されるから、「1、皮脂が酸化して臭くなる」「2、常在菌が分解して臭い物質を出す」わけです。

 

つまり、頭皮の臭いを抑えるためには”皮脂をしっかりとコントロールする”ことが必要不可欠。
むしろそれ以外の対策(ストレス、睡眠時間、etc.)はほとんど意味なし。

 

で、皮脂が過剰に分泌される原因っていうのは、頭皮が乾燥しているからです。

 

「いやいや、皮脂がヤバいのに乾燥しているっておかしくない?」って思いますよね?
私も思っていました。

 

だけど、乾燥しています。
臭ってくるほどなので、めちゃくちゃ乾燥しています。

 

 

簡単に説明しますね。

 

健康的な頭皮は、適度な皮脂量が保たれているので臭いはありません。

 

でも、市販の安いシャンプーを使い続けると、徐々に頭皮が乾燥していきます。

 

市販の安いシャンプーには、皮脂を必要以上に洗い落とす成分がたっぷり入っています。
そういうのを数ヶ月、数年使い続けるわけですから、頭皮はどんどん乾燥してきます。

 

乾燥すると、頭皮を守るために皮脂の分泌量が増えます。

 

しかし、相変わらず刺激の強いシャンプーを使い続けているので、さらに皮脂が洗い落とされる。

 

するとさらに頭皮を守るために皮脂の量が増える。

 

それをまた洗い流す…。
以下繰り返し。

 

こうなると頭皮の表面は皮脂でベタベタしているのに、内側は乾燥するインナードライ状態になります。

 

これが頭皮の乾燥によって皮脂が過剰分泌される流れです。

 

頭皮が臭う場合、インナードライがかなり酷い状態になってます。

 

シャンプーした直後なのに臭い、昼頃にはもう臭う…
こういうのは、皮脂が過剰に分泌されている証拠。

 

で、これを対策するためには頭皮に合ったシャンプーを使うしかないです。

 

シャンプーが原因で乾燥を招いているので、それを正していきます。

 

ただ注意しないといけないのが、単に低刺激のアミノ酸シャンプーを使えばよいというわけではないこと。

 

いろんなサイトでアミノ酸シャンプーがお勧めされていますが、そういうのを使うとむしろ悪化する恐れもありますからね。

 

頭皮の臭いケアにお勧めのシャンプー

では、皮脂を抑えて臭いを無くすにはどういうシャンプーを選べばよいのか?

 

ポイントは以下の2つです。

 

1、低刺激な成分を使っている
2、頭皮の状態にあった脱脂力の成分を使っている

 

頭皮への刺激は皮脂の分泌を増やす元になるので、低刺激なシャンプーは絶対に必要。

 

ただ、低刺激のシャンプーをいきなり使うと皮脂の残りやベタつき、痒みで続けられない人がほとんど。

 

まぁ当然ですよね。

 

これまで市販のシャンプーを使って乾燥するほど皮脂を洗い落としていたわけです。
私もパンテーンや椿、レブールとか、有名なシャンプーをずっと使っていました。

 

その状態からいきなり低刺激なシャンプーに変えると、皮脂が洗い残ってしまいます(脱脂力が低いので)。

 

健康的な頭皮の人ならそれでも問題ありません。
低刺激なシャンプーで適度な皮脂を残すのがベストなので。

 

ただ、頭皮が臭う場合、そもそもの皮脂の分泌量が健康的な人よりも多いので、低刺激なシャンプーだと皮脂が残り過ぎるわけです。

 

低刺激なアミノ酸シャンプーで洗うとべたついたり、臭いが余計気になるのはこれが原因。

 

 

そのため、いきなり低刺激なモノにするのではなく、段階的にシャンプーを変えた方が良いです。

 

これは私が実際に満足できた方法なのですが、最初はやや脱脂力が強いシャンプーを選ぶ。もちろん低刺激なもの。

 

それを1本使い終えたら、次に脱脂力がやや弱いものに変える。もちろん低刺激。

 

それを使ったら、もっと低刺激なシャンプー。

 

こうやって段階的にシャンプーを変えることで、皮脂の残りやベタつき、痒みも気になりにくいです。

 

いきなり完全に低刺激なモノにするよりも使いやすいですし、実感しやすいんですよね。

 

では具体的におすすめのシャンプーを段階別に紹介しておきます。

 

低刺激でありながら洗浄力のあるボストンアロマシャンプー

はじめに使っておきたいのがボストンアロマシャンプー。

 

髪と頭皮を健やかに【BOSTON アロマシャンプー】

 

低刺激でありながら洗浄力のある「カルボン酸系」成分が入っています。
頭皮への刺激は少ないにもかかわらず、皮脂汚れはしっかりと落としてくれるのでベタつきを感じにくいです。

 

いきなりアミノ酸系の低刺激なシャンプーに変えるようなべったり感や痒みが気になりにくいのでお勧め。

 

もし洗いあがりのサッパリ感に物足りなさを感じたら二度洗いすればよいです。
低刺激な成分だけを使っているので、二度洗いをしても刺激にはなりにくいです。

 

かなり皮脂ケアにこだわって開発されているので、このシャンプーに変えただけで実感する人も多いです

 

公式サイトは男性向けになっているけど、女性でも問題なく使えます。
むしろ、市販のシャンプーを使ってきた女性にこそ使ってほしい。

 

下記の公式サイトから注文すると45日間の返金保証が用意されています。
使ってみて合わなければ突き返すとタダになりますよ。

 

頭皮の臭いや皮脂の過剰分泌は、良いシャンプーを使い続ければ落ち着くことは多くの人が実証済み。
早めに試してみて解消しておきましょう。

 

→ ボストンアロマシャンプーの公式サイトへ

 

頭皮が落ち着いてきたら使いたいハーブガーデンシャンプー

ボストンアロマシャンプーで頭皮の臭いや皮脂が少し落ち着いてきたら「ハーブガーデンシャンプー」を使うことをお勧めします。

 

 

ハーブガーデンシャンプーは、刺激になる余計な成分が全く入っていないので、乾燥を招く心配がないですし、皮脂が過剰分泌される心配もありません。
当然、頭皮の臭いが酷くなるってこともないです。

 

ただし逆に言えば、頭皮の臭いや皮脂が酷い状態で使い始めると失敗する可能性が高いってこと

 

かなり低刺激なので、いきなりこれに変えると皮脂が洗い残せずにベタつきやすいんですよね。

 

なので、ボストンアロマシャンプーで皮脂や臭いを落ち着かせた後に使うのがベスト。

 

とはいえ、頭皮の臭いや皮脂がそこまで酷くないって場合は、初めにこっちでも問題ないですけどね。
この辺りは頭皮の状態を相談しながら試してみると良いです。

 

ちなみに、ハーブガーデンシャンプーにも15日間の返金保証があるので、とりあえず試してみると良いです。
合わなければ返金してもらえばよいだけですからね。

 

最終的にはこのシャンプーを使い続けられるレベルになれば、皮脂バランスは問題ないです。

 

→ ハーブガーデンシャンプー

 

すぐには直らないけど続けないと意味がない

皮脂の分泌量に合わせて段階的にシャンプーを変えていくことで、比較的続けやすく、徐々に臭いも落ち着いてくると思います。

 

いきなりアミノ酸シャンプーを使うと、脱脂力が弱すぎてベタつきを感じやすいので、カルボン酸系のボストンシャンプーから始めるのがおすすめ。
私はこれで気にならなくなりましたからね。

 

ただ、頭皮の臭いがすぐに治るわけではないです。
当たり前といえば当たり前ですよね。

 

皮脂のバランスがかなり崩れてしまっているので、それを整えるには時間がかかりますよ。
早ければ1か月や2か月で落ち着くかもしれないですが、3か月や半年レベルになることもあるかもしれません。

 

ただ、シャンプーが原因で乾燥して皮脂が暴走してしまっているので、
時間をかけてしっかりとケアしていくしかないんですよね。

 

刺激の強い安物のシャンプーに戻してしまうと意味ないので、コツコツ頑張っていきましょう。


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。