メソセラポス スカルプリキッドの効果・成分について

 

新発売された『メソセラポス スカルプリキッド』について、成分や効果についてまとめました。

 

「本当に効果あるの?」ということで、配合成分の実験データなんかもたくさん載せていますので、参考にしてみて下さい。

メソセラポス スカルプリキッドとは

 

「メソセラポス スカルプリキッド」とは、AGAクリニックの現場から開発された「疑似成長因子」を配合した最新のスカルプ商品。

 

これまで成長因子を配合する育毛剤はいくつかありましたが、成長因子には”時間の経過とともに力が失われてしまう”という欠点が存在しました(これを「失活」と呼びます)。

 

成長因子自体は、薄毛治療を行うAGAクリニックでも「育毛メソセラピー(HARG療法)」として利用されるなど、その効果は医療現場でも活用されるほど。

 

成長因子の失活に着目して開発されたのが、今回解説する『メソセラポス スカルプリキッド』です。

 

簡単に説明すると、
成長因子に似た疑似成長因子成分を配合することで、従来の成長因子では失活によって得られなかった力を期待できるという1本。

 

販売元はあのメソケアシャンプーでもお馴染みのメソケアプラス。
AGAクリニックの現場から開発されたということで、この辺りの信頼性はかなり高いです。

 

では具体的に、『メソセラポス スカルプリキッド』の成分や効果について見ていきます。

 

メソセラポス スカルプリキッドの成分・効果について

メソセラポス スカルプリキッドの成分の特徴は次の3つ。

  • 疑似成長因子を6種類配合
  • 臨床実験データも増えてきた「キャピキシル」「ピディオキシジル」の組み合わせも配合
  • 男女の脱毛原因にアプローチする「アナゲイン」を配合

そもそも成長因子って何?

メソセラポス スカルプリキッドの成分についてまとめる前に、成長因子について軽く触れておきます。

 

成長因子とは、細胞の分裂や増殖を促すたんぱく質の一種のこと。

 

近年注目されている理由としては、

  1. 育毛に重要な働きをする
  2. もともと体内に存在する物質だから安全性が高い
  3. 効果についての検証データが増えてきている

ということです。

 

魅力的な成長因子ですが、次のような欠点も存在します。

  1. 失活する(時間の経過とともに効果が期待できなくなる)
  2. 値段が高い

AGAクリニックで行われている成長因子を使った施術(育毛メソセラピー)は、1回の施術で20,000円〜80,000円ほどするのが相場。

 

クリニックでは、失活しないよう成長因子をフリーズドライして構造が保たれたものを、使用直前に溶かして活用するようにしています。

 

しかし、成長因子を配合したスカルプ商品の多くは、「価格は高いのに失活して効果が期待できない」という欠点が存在していたのです。

 

これらの欠点に真っ向から挑んだのが、今回紹介する『メソセラポス スカルプリキッド』というわけです。

 

メソセラポス スカルプリキッドでは、成長因子そのものを使うのではなく、再構築された疑似成長因子を配合。

 

同等の目的で再構築されているため、失活対策を実現できるとして注目されています。

 

では具体的に、どのような成分が配合されているのか見ていきます。

疑似成長因子を6種類配合

メソセラポス スカルプリキッドに配合されている疑似成長因子についてまとめておきます。

 

臨床実験を始めとした実験データがしっかりとあるのが信ぴょう性高いです。

リジュリン(アセチルデカペプチド-3)

リジュリンは、FGF様ペプチドともいわれ、めぐりを良くする働きが注目されています。

 

育毛剤ではないですが、リジュリンを含む疑似成長因子を配合するクリームを使った臨床実験も行われています1

 

W3ペプチド(ヘキサペプチド-33)

こちらもめぐりを良くする働きが注目されている成分です。

 

プロヘアリンβ4(オクタペプチド-2

髪の毛の元となるバルジ領域に働きかけることが注目されている成分。

 

マウスを使った実験が行われており、プロヘアリン添付により発毛促進が確認されています(2

ケラミン1(オリゴペプチド-41)

めぐりをよくする働きが注目されている成分です。コチラの成分も臨床実験が行われています。

 

日本人男性42名を対象に、ケラミン1を塗布したグループ、ケラミン1が入っていないローションを塗布したグループに分け1か月使用。

 

その結果、ケラミン1を添加したグループの方が、頭頂部・後頭部共に柔らかく変化することが明らかになりました(3

 

頭部の硬さと薄毛についての関連性は昔から言及されていることからも、この成分の働きが注目されています。

 

リボキシル(リボース)

めぐりが良くする働きが注目されている成分です。

 

IDP2(デカペプチド-4)

こちらもバルジ領域に働きかけることが注目されている成分です。

 

実験では、毛包における幹細胞の発現が観察されています4

 

キャピキシルとピディオキシジルを配合

 

疑似成長因子以外の成分としては、ここ数年注目されている「キャピキシル」と「ピディオキシジル」を配合しています。

 

キャピキシルとピディオキシジルの組み合わせの商品は臨床実験結果も増えてきており、スカルプ業界では注目されている成分(5)。

 

残念ながら、キャピキシル・ピディオキシジル共に含有濃度の記載はありませんが、両方入っているという点は期待できそうです。

 

臨床実験済みの「アナゲイン」も配合

疑似成長因子・キャピキシル・ピディオキシジルに加えてもう一つ注目すべきが、エンドウ芽のエキスを抽出したアナゲイン(表示名:エンドウ芽エキス)。

 

アナゲインは、20名の被験者を対象として臨床実験が行われています。
1日2回3か月塗布した結果、専門医による評価・自己評価共に効果が明らかになっています6

 

アナゲインは、男性だけではなく女性の脱毛にも効果が期待されているのが他の成分との特徴。
男女共通の脱毛を抑える画期的な成分として注目されています。

 

メソセラポス スカルプリキッドの欠点・デメリット

ここまでメソセラポス スカルプリキッドの強みについてみてきましたが、欠点やデメリットについてもまとめておきます。

有効成分が入っていない化粧品

成長因子を含有する商品のほとんどがそうですが、メソセラポス スカルプリキッドも化粧品に分類される商品です。

 

効果が認められている有効成分は含有されていないのでその点は注意が必要。

 

とはいえ、化粧品に分類されるスカルプエッセンスが医薬部外品に劣っているというわけではないので誤解のないように。

 

化粧品に含有される商品は、医薬部外品にすると含有できない成分(キャピキシルなど)を配合するためにあえて化粧品にしているメーカーも多いのです。

 

どちらが良い悪いというわけではないのでお間違いのないように。

 

発毛するわけではない

これもメソセラポス スカルプリキッドに限った話ではないですが、発毛するわけではないので注意が必要。

 

育毛剤をはじめとした商品は、今生えている髪に作用させることが目的なので、既に薄毛が明らかに進行している場合は使っても意味がありません。

 

既に薄毛が明らかに薄い場合や発毛を望む場合は、AGAクリニックでの薄毛治療が必須です。
→ AGAクリニックによる薄毛治療とお勧めの病院について

 

抜け毛が気になり始めた段階、以前に比べて薄くなったけどまだ初期状態という場合なら十分期待できます。

 

他の成長因子配合商品との比較

成長因子を配合するスカルプ商品と、メソセラポスを比較してみました。

メソセラポス

Deeper3d

バイタルウェーブ

ザスカルプ5.0C

成長因子 6種類(疑似成長因子) 8種類 4種類 2種類
キャピキシル
ピディオキシジル × × ×
価格 11,000円 14,100円 11,880円 15,000円


成長因子を配合するスカルプ商品は上図の通りいくつかあるものの、どれも”失活(時間経過とともに効果が落ちる)”という欠点が存在します。

 

唯一失活を気にせずに同等の効果が期待できる疑似成長因子を配合しているのは、「メソセラポス」のみ。

 

また、キャピキシルとピディオキシジルの両方を配合しているのも「メソセラポス」のみでした。
既にお伝えした通り、この2つの成分の組み合わせ商品は、次々に臨床実験でも結果を出しているので期待できます。

 

成長因子を配合するスカルプ商品はいくつかあるものの、現時点で疑似成長因子を配合しているのはメソセラポスのみ。

 

成長因子の効果を期待するなら、メソセラポス一択という感じですね。

 

→ メソセラポスの公式サイトを確認する

 

メソセラポスを実際に使ってみた

メソセラポスを実際に注文して使ってみましたので、感想をまとめておきます。

無色透明でベタつきや嫌な臭いはなし

メソセラポスを手に取ってみましたが、ベタつきや嫌な臭いは全くありませんでした。

 

育毛剤でありがちな、アルコール臭や薬っぽい臭いもないのでかなり使いやすいです。

 

実際に頭皮に塗布してみても、アルコールによる刺激や清涼感は全くなし。
頭皮への刺激が低いことが十分伝わってきます。

 

スプレーボトルなので簡単に使える

ボトルはスプレーになっているので、簡単に使えて便利です。

 

成長因子を配合する商品はスポイトを使わないといけないタイプも多いのですが、メソセラポスはスプレーだから楽。

 

薄毛が気になる部位にプッシュすれば適度に噴射されます。
噴射の勢いが強すぎるわけでもないので、周りに飛び散ることもありませんでした。

 

外出前の朝でも1.2分程度で使えるので、うれしいですね。

 

メソセラポスの使い方は朝と夜にスプレーして頭皮マッサージするだけ

使い方は簡単で、朝と夜の1日2回、薄毛が気になる部位にスプレーしてマッサージするだけ。

 

液が水のようにサラサラしているので、1プッシュごとに指先でマッサージしてなじませた方が使いやすいです。

 

まとめ

メソセラポス スカルプリキッドの成分配合を見てきましたが、従来の育毛剤とは大きく異なる1本になっているのがわかります。

 

従来の育毛剤は、センブリエキスなどの血行促進成分を配合することで、育毛促進効果が期待できるのが主なメカニズム。

 

対してメソセラポス スカルプリキッドでは、疑似成長因子や臨床実験済みの成分を配合することで、毛の元に直接アプローチする仕様となっています。

 

各成長因子については科学的なデータなども増えてきているので、十分期待できる1本になっています。

 

欠点を上げるとすれば、各成分の含有量が記載されていないということ。
特に、キャピキシルについては開発したメーカーが5%濃度を推奨していることからも、この点は少し残念ですね。

 

また、疑似成長因子を配合した斬新な商品だということで、まだまだその実績が少ないのも気になる点。

 

とはいえ、これまでの育毛剤で効果を実感できなかった場合、試してみる価値はある1本であることに違いはありません。

 

→ 『メソセラポス スカルプリキッド』の公式サイトへ


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。