カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYの成分・使用感を徹底解説【実際に使った口コミ・評価を掲載!】

 

ドラッグストアなどでも販売されている『カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILY』を実際に買って使ってみたので、その感想などをお伝えしています。

 

『カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILY』は、人気育毛剤『カロヤンプログレ』シリーズから販売されている育毛シャンプー。

 

ドラッグストアではほとんどおいているので、気になっている方も多いはず。

 

具体的にどのような成分を配合し、どのような使用感などかをまとめましたのでぜひ、参考にしてみてください。

 

カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYに配合されている成分とは

 

 

カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYには、どのような成分が配合されているのか、どのような効果が期待できるのかお伝えしていきいます。

 

洗浄成分

ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、ラウリル硫酸Na、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンオキシド液、ラウロイルカルボキシメチルヒドロキシエチルエチレンジアミンNa、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウリン酸ポリグリセリル、

 

配合されている洗浄成分は、一部アミノ酸系の低刺激の成分を配合はされているものの、脱脂力・洗浄力が強力な「ラウリル硫酸Na」が配合されているのが残念。

 

確かに、オイリー肌で頭皮の皮脂が気になる場合、余計な皮脂をしっかりと洗い流すことは大切です。そのため、脱脂力がやや強力な成分を含むことはあります。

 

しかし、「ラウリル硫酸Na」のように、頭皮・髪への刺激が強力で必要以上に皮脂を洗い落とすのはお勧めできません。

 

必要な皮脂まで洗い流してしまった場合、頭皮が反応して過剰に皮脂が分泌する…ということがあります。

 

これを行ってしまうと、
シャンプーで必要以上に皮脂を洗い落とす→皮脂がないので、頭皮が過剰に皮脂を分泌→以下繰り返し…
このように、負のスパイラルになってしまうことが珍しくありません。

 

シャンプーは、あくまでも頭皮環境を整えるために使うべきなので、刺激が強力すぎるこれらの成分はあまりよくないですね。

 

育毛・血行促進成分

ユーカリ油

 

『カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILY』には、血行促進成分はあまり配合されていません。

 

オイリー肌向けのシャンプーは、比較的血行促進成分が少ない傾向にあります。

 

頭皮環境を整える成分

トコフェロール酢酸エステル、グリチルリチン酸ジカリウム、ピロクトンオラミン、ドクダミエキス、大豆エキス、ジオウエキス、ハッカ油、オレンジ油、BG

 

頭皮環境を整える成分には、3種類の有効成分とその他の成分が配合されています。

 

全体的にバランスは良いかと思うのですが、一つだけ注意しておきたいのが「ピロクトンオラミン」です。

 

ピロクトンオラミンは、フケの原因となる菌を殺菌する働きがある成分となっています。

 

フケが過剰に分泌してしまっている方の場合、有効に働くものの、そうでない方には刺激の強い成分になっているので注意が必要です。

 

本来頭皮環境を保護してくれている菌まで殺菌してしまう働きがあるので、フケが気になる、皮脂が過剰すぎる…という方以外には適さない成分となっています。

 

カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYの成分評価

 

カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYに配合されている成分を見てきましたが、「刺激が強い成分や注意すべき成分」が気になりました。

 

特に、洗浄成分の「ラウリル硫酸Na」は、その脱脂力の強力さを否定される方も少なくありません。抜け毛や薄毛などの頭皮トラブルが気になっている場合、避けておきたい成分ですからね。

 

また、殺菌作用のある「ピロクトンオラミン」も注意が必要です。

 

既述のとおり、必要な菌までやっつけてしまうので、フケ・皮脂の悩みが深刻でない場合は、使うべきではないでしょう。

 

ということで、非常にお勧めできる人が限られているのがこのシャンプーです。

 

個人的には、頭皮の皮脂が気になる場合、他の低刺激のシャンプーでケアすることをおススメします。

 

カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYを実際に使った感想

 

カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYを実際に使ってみた感想をまとめました。

 

公式サイトを見るだけでは伝わらない使用感をお伝えしていきます!

 

無色透明のシャンプー液で香りは清涼感が強い

 

 

画像のとおり、シャンプー液は無色透明で比較的サラッとした液となっています。
シャンプー液を手に取ると、清涼感のある香りがスーッとするのが印象的です。

 

オイリー用ということで、ハッカ油などが配合されているのが、清涼感の元だと思います。

 

夏場などは、清涼感のある感じでさっぱり感じられます。

 

すすぎ時点での髪のキシキシ感が最悪…髪質によっては全く合わない

 

 

泡立ちは全く問題ありません。ワンプッシュ手に取ってすぐに泡立つので、気持ちよく洗うことができます。

 

ただ、すすぎをしている途中から、髪の毛がかなりキシキシするようになってしまいました(汗)

 

僕はオイリー肌ではなく、普通肌ですので、おそらく髪質に合っていなかったのだと思います。

 

オイリー用のシャンプーは、普通肌や乾燥肌の方が使ってしまうと全く合わないので注意しておきましょう。

 

カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYの総評:頭皮・髪への刺激が気になるので注意!

 

 

カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYは、ドラッグストアなどでも取り扱いしているため、実際に使っている方も多い育毛シャンプーです。

 

しかし、成分を見てきた通り、非常に刺激が気になるシャンプーでもあります。

 

抜け毛や薄毛が気になる場合、過剰な皮脂を落ち着かせることはとても大切です。

 

だからと言って、無理に皮脂を洗い流すというのは良くありません。

 

低刺激で頭皮・髪への刺激の低いシャンプーを選び、優しく皮脂を洗うことがベストなのです。

 

その点、カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYは、非常に強力に洗い落とすような成分配合になっていますので注意が必要です。

 

【カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYがお勧めな人】

  • 頭皮のフケが過剰に出てしまっていて悩んでいる方
  • 頭皮の皮脂が過剰でフケも併せて出ている方

 

このように、フケや皮脂が過剰に出ている方の場合、検討してみてもよいでしょう。

 

ただし、他の低刺激のシャンプーから徐々に刺激の強いシャンプーに変えていくことをおススメします。

 

【カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYがお勧めできない人】

  • 普通肌・乾燥肌で皮脂に悩んでいない方
  • フケで悩んでいない方
  • 低刺激なシャンプーを使いたい方

 

このような方の場合、カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプーOILYは合わないのでやめておきましょう。

 

実際に使ってみましたが、普通肌の僕では、かえって髪がキシキシしてしまうため、合いませんでした。

 

合う合わないがはっきりしているシャンプーなので、自分の肌質・髪質と相談しながら選びましょう。

 

脂性肌(オイリー)で悩んでいる方にお勧めのシャンプーは、次のページでまとめています。

 

これまで僕が実際に使ったうえでお勧めのシャンプーをご紹介しているので、是非、参考にしてみてください。

 

育毛シャンプーランキングを今すぐ確認する


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。