イクオスは他の育毛剤よりも生え際の後退対策に期待できる

 

「最近、おでこの生え際の後退が気になるけど、何すればよいのかわかんねー」って方は多いはず。

 

僕が薄毛対策に取り組み始めた当初、プロペシアやミノキシジルの副作用が怖かったので、副作用の心配のない育毛剤を使って取り組み始めました。

 

今では、イクオスとイクオスサプリを使い、生活習慣を見直すことで、生え際のM字後退をほとんど気にせず生活できるレベルになっています。

 

詳しくは本文でも解説していますが、イクオスは次の点で生え際の後退に効果が期待できる。

 

  1. 生え際の後退の原因をブロックする成分が多い(チャップアップやプランテルより多い!)
  2. 浸透して閉じ込めるから実感する人が多い(ほかの育毛剤にはない技術)
  3. サプリメントに入っている成分の量が多い(ボストンやその他サプリより多い)

 

僕はイクオスを使い始めてからもうすぐ2年になりますが、めちゃくちゃ満足して使い続けています。

 

生え際の後退は放置しているとどんどん酷くなるだけなので、早めに対策することが必須。

 

プロペシアやミノキシジルの副作用怖すぎ…って場合は、とりあえずイクオスから始めてみると良いです(副作用なしで使えるので)。

 

→ イクオスの公式サイトへ

 

 

おでこの生え際が後退する原因

 

まずは、おでこの生え際やM字部分が後退する原因についてまとめておきます。
AGAについてはある程度知ってるよーって方は、読み飛ばしてもらっても良いです。

 

→ AGAの進行を抑える方法を読む

 

AGA(男性型脱毛症

おでこの後退やM字の後退は、AGA(男性型脱毛症)による脱毛の特徴。

 

AGAっていうのは、体の中の男性ホルモン・テストステロンと、5αリダクターゼっていう酵素がくっ付いて、より強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が作られます。

 

DHTが体内で作られると、ヘアサイクル(毛が生え変わる周期)を乱して抜け毛を増やすためのサインが出されてしまいます。

 

これによって、生え際のおでこやM字、つむじ周りが薄くなってしまうというメカニズム。

 

▼イラストにするとこんな感じ

 

AGAの特徴は、生え際の後退、つむじが薄くなるっていうことで、後頭部や襟足、側面(耳の上あたり)などは薄くならないです。
もしこの辺りが薄くなっているなら、AGA以外の病気などの可能性があるので要注意。

 

AGAっていうのは、遺伝の影響が大きいって考えられています。

 

生え際が後退していたらとりあえずAGAって考えて問題なしです。

 

血行不良

生え際の後退に限らず、血行不良になっていると必要な栄養素が毛母細胞(毛にかかわる大事な部分)に運ばれないので抜け毛が増えたり、細毛になったりします。

 

よく「頭皮マッサージすると良いよー」ってテレビとかでも言われるけど、これは頭皮の血行を促進させる効果があるから。
特に頭皮をつまんでみて、全然つまめなかったり、固いって方は要注意。

 

1日に何度か頭皮マッサージをして柔らかくすることで、血行促進にもなります。

 

ただ、生え際の後退が気になるっていう場合は、それだけじゃ改善しないです。

 

頭皮環境の悪化

生え際部分って、洗顔せっけんが残ったり、シャンプーやワックスのすすぎ残しが残りやすい部分。
そういうのをしっかりと洗い流せていないと、雑菌の繁殖の原因になるので要注意。

 

あとは、ドライヤーで十分に乾かせていないことも雑菌の繁殖の原因になる。

 

そういうのが積もり積もると、頭皮環境が悪化して、抜け毛につながることもある。

 

栄養不足

これも生え際の後退に限った話じゃないけど、髪に必要な栄養素が不足すると髪は細くなりがち。
それがさらにひどくなると、抜け毛になったり、切れ毛になったりする。

 

当たり前だけど、髪の毛を作るためにはいろいろな栄養素が必要なので、それら不足したら髪が作られるペースは遅くなる。

 

しかも、髪の毛っていうのは体の他の臓器などよりも栄養の配分が後回しにされがちなので、食生活は超大事。

 

以上が、生え際の後退が起こってしまう主な原因。
AGAの場合、生え際だけが薄くなるっていうのが特徴だけど、その他(栄養不足や血行不良)は頭髪が全体的に薄くなるのが一般的。

 

どちらにしても、生え際の後退を対策するためには単に育毛剤を使う!サプリを使う!っていうのじゃなくて、生活習慣全体を見直していくことが大事。

 

では具体的に、対策方法についてみていきます。

 

AGAの進行を抑えるにはDHTを抑えればいい

 

おでこの生え際が後退したり、左右のM字が後退するの原因のほとんどはAGA(これはさっき説明した通りね)。

 

で、AGAが発症してしまう原因っていうのは、より強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響。

 

つまり、AGAの進行を抑えるためには、そもそもDHTが作られないように対策することが基本となります(これは病院での治療でも同じ)。

 

DHTを体内などで生成されないようにするための方法としては、主に2つある。

 

薬を使う

病院での治療で行われるのが、フィナステリド(商品名プロペシア)という薬を使う方法。

 

フィナステリドには、DHTの元となる5αリダクターゼU型を抑えることで、DHTの産出をブロックする効果が認められています。

 

なので、病院でフィナステリドを処方してもらって毎日飲んでおけば、基本的には抜け毛の進行は抑えられる。

 

「じゃーなんで、薄毛の人はみんな病院に行かないの?」というと、副作用のリスクがあるから。

 

プロペシアの添付文章には次のように記述されています。

 

943例中 例(0.5%)に5件の副作用が認められた。主な症状はリビドー減退2例(0.2%)、肝機能障害2例(0.2%)等であった。
引用元:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

 

「リビドー減退」っていうのは、性欲が減退したってこと。
上記の副作用のほかにも次の副作用も挙げられています。

 

 

見てもらうとわかる通り、「睾丸痛」「男性不妊症」「精液の質低下」「勃起機能不全」「射精障害」っていう生殖器に関する症状が多いってのが問題。
あとは、「乳房肥大」「抑うつ症状」なども心配する人は多い。

 

また、ここ数年国内でも問題視されるようになってきた「ポストフィナステリド症候群」っていうのも気にする人は多いです。
フィナステリドの服用をやめた後も、副作用がずっと続くとして問題になっている。

 

男にとって辛い副作用ばかりなので、安易に薬を使いたくない!って人が結構いる(僕もそう)。

 

そういう人は、次に紹介する育毛剤などの副作用のリスクがない方法をとりあえず試してみると良い。

 

万が一効果が出なければ、最終手段として薬があるし、効果が出ればリスクなく続けられるので安心できますからね。

 

育毛剤やサプリなどを使う

生え際の後退対策として、副作用のリスクがなく試しやすいのが育毛剤やサプリを使った方法。

 

ちなみに僕は、3年以上育毛剤を使い続けていますが、副作用などが出たことはないです。

 

育毛剤は副作用のリスクがないっていうメリットはあるけど、薬じゃないから劇的な変化はないってことは理解しておかないといけないです。

 

薬みたいに、飲んだらいきなり変化を実感した!なんてことはまずないです(そういう風に宣伝しているサイトもありますが…)。

 

あと、育毛剤って言っても、商品によって入っている成分は全然違う。
この業界は過剰な宣伝をしまくっているのが多いからわかりにくくなっているけど、基本は成分を見て判断すること。

 

一番良いのは、臨床実験を行って結果を出しているものを選ぶことなんだけど、まだまだそういうのは少ないからとりあえずは成分をチェックしておくと良いです。

 

次に、生え際の後退対策として使っても実感しにくいイマイチな育毛剤についてまとめておきます。

 

ほとんどの育毛剤がおでこの生え際後退に効かない理由

 

「育毛剤使ったけど全く効かなかった…」って感じる人は結構いる。
理由はいろいろあるんだけど、ここでは生え際の後退対策として使うには微妙過ぎる育毛剤の特徴についてまとめておきます。

 

そもそもDHTをブロックできる成分が入っていない

AGAの原因でも書いたけど、AGAを抑えるためには抜け毛の原因となるDHTの産出をブロックすることが必須。これがないと全く意味ない。

 

だけど、ドラッグストアで売っている育毛剤の成分を見るとわかるけど、そういう成分がそもそも入っていないのも多いのが事実。

 

保湿成分ばかりが入っていて、頭皮には良いけどDHTは抑えられないよね?っていうのがめちゃくちゃあります。
特に生え際の後退対策として育毛剤を使う場合、こういうのは選ばないこと。

 

DHT以外の脱毛原因をブロックできていない

AGAの原因はDHTの影響なんだけど、それだけじゃないのも事実。
特に、DHTが産出されて抜け毛を促すサインなんかもブロックすることでしっかりと効果を期待できる。

 

こういう脱毛原因をブロックする成分をしっかりと配合されていないのはNG。

 

育毛剤を選ぶ時って、育てる役割の成分を重視しがちだけど、まずは抜け毛を予防することが大事。
どれだけ育てても、次から次へと抜けていたら意味ないですからね。

 

そもそも浸透していない

育毛剤のメーカーのサイトを見るとわかるんだけど、どれもこれもめちゃくちゃ効きそうな広告してるんですよね。
ただ、そもそも浸透するように工夫されていない育毛剤も多い…。

 

当たり前だけど、どれだけ良い成分が入っていても浸透しないと意味ないです。

 

ということでまとめておくと、

 

【生え際の後退に効果がない育毛剤】

  1. 抜け毛の原因をブロックする成分が入っていない
  2. 浸透しやすいよう工夫されていない

ってこと。

 

逆に言えば、これら2つのしっかりとクリアした育毛剤を使えば、生え際の後退対策としても期待できるってこと。

 

イクオスが生え際の後退対策に効く理由

 

イクオスが生え際の後退対策として選ばれている理由や、使っている人の評価が高い理由は次の通り。

 

抜け毛の原因DHTをブロックする成分が多い

イクオスは、AGAの原因となるDHTの産出をブロックする成分がとにかく多いのが特徴。
「オウゴンエキス」「ダイズエキス」など、しっかりと成分が入っています。

 

こういう成分がしっかりと入っているおかげで、乱れたヘアサイクルを整えてくれます。

 

何度も言っているけど、薄毛対策でまず大事なのが、抜け毛を予防すること。

 

イクオスは脱毛酵素5αリダクターゼをブロックする成分が多いから実感しやすいってこと。

 

後で詳しく書いたけど、チャップアップなどの他の育毛剤と比べてもイクオスが多いです。

 

DHT以外の脱毛原因をブロックする成分が多い

イクオスは、DHTの元となる5αリダクターゼをブロックするだけじゃなくて、その他の脱毛因子もしっかりとブロック。

 

TDF-β、FGF-5などの脱毛因子を阻害する成分が入っているから、2重で脱毛を抑えるのが特徴。
ここまで抜け毛の予防に重点を置いている育毛剤って他に知らないです。

 

浸透させて閉じ込めるから効く

あと、イクオスはしっかりと浸透するよう低分子ナノ水を採用。

 

めちゃくちゃ小さい成分をグングンと奥まで届けるって仕組み。

 

また、それらの成分を逃さないように高分子ヒアルロン酸で閉じ込めるって技術を採用しています。
高分子ヒアルロン酸は、外的刺激から頭皮を守る働きもしてくれます。

 

浸透させて閉じ込めるからそりゃ効果あるよね!ってこと。

 

イクオスサプリexの成分もヤバイ

ガチで対策に取り組むなら、育毛剤と一緒にサプリメントを使っておいた方が良い(もちろん僕も両方使ってます)。

 

イクオスには、セットで買えるイクオスサプリexっていうのがあるんだけど、これがまた凄い。

 

▼こんなやつ

 

サプリっていえば、「ボストン」っていうのが超有名なんだけど、イクオスサプリexはボストンよりも各成分の含有量が多くなってます。

 

ちなみに、僕も以前まではボストンを買ってたんだけど、「1、成分の含有量が多い」「2、値段が安い」っていうことでイクオスに乗り換えています。

 

人気成分の「ノコギリヤシ」「亜鉛」「イソフラボン」「フィーバービュー」など全網羅。

 

しかも、各成分の配合濃度がめちゃくちゃ濃いので僕は使っています。

 

髪の毛って食べたものから作られるので、育毛剤だけ使っておけばよいってことじゃないんですよね。

 

特に食事は超大事だから、毎日の食事でこれらの栄養素が不足しているならサプリ使ったほうが楽です(全部自炊で補うってほぼ無理ゲーなので)。

 

イクオスはこういう特徴があるから、生え際の後退対策として選んでいる人が多いです。

 

→ イクオスの公式をチェック

 

僕が実践したイクオスでおでこの生え際後退を対策した方法

 

僕はここ1年以上、イクオスとイクオスサプリをメインとして対策に取り組んでいます。

 

▼使い終えたボトルもこんな感じ

 

今では、生え際のM字部分はかなり落ち着いているので、満足して使い続けることができています(満足できていないと続けられないですからね)。

 

そこで、僕が生え際の後退対策としてイクオスをどうやって使ったのか、他に何をしているのか?ってことについてまとめておきます。

 

朝と夜の1日2回イクオスを使う(有効成分を届ける)

基本中の基本だけど、イクオスは朝と夜の1日2回使っている。

 

最近は、朝にシャワーを浴びることが多いので、そのあとにイクオスを使う。
夜は、お風呂に入った後にイクオスを使う。

 

使い方は、メーカーが推奨する使い方をそのまま使っている。
詳しい使い方については、「イクオスの効果的な使い方」でまとめているので、どうぞ。

 

夜はアミノ酸シャンプーで優しく洗う(頭皮環境を整える)

朝のシャワー時は何もつけないけど、夜のお風呂の時間には、アミノ酸シャンプーで優しく洗うようにしている。

 

生え際の後退が気になるまでは、ドラッグストアで売っている安いシャンプーを買っていたけど、こういうシャンプーは調べれば調べるほどヤバイことが分かった。

 

具体的には、安いシャンプーに入っている成分が、肌の保湿の役割をするセラミドや天然保湿因子をごっそり洗い落としてしまうってこと。

 

これらの成分が過剰に不足してしまうと、頭皮の乾燥につながって、酷くなると炎症を起こしたり、抜け毛になったりする。

 

生え際の後退が気になってるってことは、何かしら頭皮トラブルが起きている可能性が高いので、ちょっと高いけどアミノ酸シャンプーを使ったほうが良い。

 

アミノ酸シャンプーっていうのは、その名の通りアミノ酸系の成分をメインに使ったシャンプーで、美容院なんかでも使われている。

 

アミノ酸シャンプーはいろいろあるけど、僕は「チャップアップシャンプー」を使ってます。

 

▼こんなやつ

 

チャップアップシャンプーは、超低刺激なのでとにかく頭皮に優しいっていうのがポイント。
あと、他のシャンプーよりも香りが良いので気に入って使っています。

 

別にチャップアップシャンプーじゃなくても、低刺激で頭皮に良いシャンプーなら何でもよいです。

 

寝る前にはイクオスサプリexを摂る(必要な栄養素を補う

僕はできるだけ毎日自炊するようにしているんだけど、やっぱり栄養は偏りがち。
なので、毎日寝る前にイクオスサプリを飲むようにしています。

 

とりあえずこれだけ飲んでおけば、食事面・栄養面で心配することがないのが楽。

 

特にノコギリヤシ、フィーバーフューなんか、普通の食事じゃとれないですからね(汗)

 

サプリなので劇的な変化はないですが、しっかりと栄養が摂れているからしばらく風邪をひかずに過ごせています(←関係あるのかは不明)

 

意識して7時間睡眠をとる(成長ホルモンの分泌を促す)

AGAや薄毛の書籍などを読むと、必ず睡眠時間の話が出てくるんですよね。
なので、できるだけ毎日7時間前後は睡眠をとることを意識しています。

 

とはいえ、ついつい夜更かしして寝不足になったり、仕事が忙しくて7時間も寝れない日もありますが。

 

睡眠って意識するのとしないので全然違うので、夜更かししがちッて場合は、とりあえず睡眠を見直してみるのも効果的だと思います。

 

スポーツジムで適度な運動を行う(血行促進を行う)

最近は週に2,3回程度しか行けていないですが、ジムで筋トレと有酸素運動をしっかりと行うようにしています。

 

僕はデスクワークで長時間座っていることも多いので、どうしても血行不良になりがち。
頭皮マッサージをやるっていうのもいいんだけど、体を動かして全身の血流を挙げてやることが最強だと思っています。

 

 

以上が、僕が生え際後退対策のために取り組んでいるイクオスプラスアルファの内容。

 

今のところ満足して続けられているので、酷くならないように引き続き取り組んでいこうと思います。

 

イクオスでおでこの生え際後退が満足できない場合の対処法

 

「イクオス使ってるけど満足できねー」って人向けに、対処方法についてまとめておきます。

 

イクオスを半年ほど使っていると、次のような悩みを抱える方もいるはず。

 

  1. 抜け毛はかなり落ち着いてきたけど、生え際の密度に満足できない
  2. 抜け毛はかなり落ち着いてきたけど、生え際を発毛させたい
  3. そもそも全く効かない

 

それぞれの状況別に、次にしておくと良いことを最後のお話しておきます。

 

抜け毛は落ち着いたけど、生え際の密度に満足できないなら「フィンジア」を併用


イクオスを半年ほど使って抜け毛がかなり落ち着いているってことは、しっかりと効果が出ているってこと。
ただ、生え際の産毛が多かったり、密度が物足りないって場合も多いはず。

 

イクオスは、ブレーキの役割の成分が多いけど、アクセルの役割が少ないのが欠点。

 

なので、こういう場合は、海外でも話題の成分「キャピキシル」を含有した『フィンジア』を併用して使うと良いです。

 

▼こんなやつ。僕も一時期イクオスと併用して使ってました

 

フィンジアっていうのは、M字専用の育毛剤「プランテル」と同じメーカーさんが販売している育毛剤。

 

海外のメーカーが開発した「キャピキシル」と、ミノキシジルと酷似した構造を持つ「ピディオキシジル」っていう2大成分が入っています(イクオスには入ってないです)。

 

実は、フィンジアは実際に臨床実験も行っていて、しっかりと結果を出しています。

 

「フィンジア」において毛穴本数が優位に増加する結果が認められ、毛髪密度及び毛髪成長速度の改善傾向が認められた。

引用元:薄毛男性におけるキャピキシル・ピディオキシジル配合化粧品「フィンジア」の臨床的評価 | FRAGRANCE JOURNAL

 

こうやって臨床実験を行って結果を出している商品てほとんどないので、かなり信ぴょう性が高い1本になっています。

 

イクオスでブレーキの役割をして、フィンジアでアクセルの役割をするっていうのは、かなり理にかなった使い方。

 

実は僕も、一時期イクオスとフィンジアを併用して使っていました。朝はイクオス、夜はフィンジアっていう使い方をしていました。

 

もし、抜け毛は気にならなくなったけど、もっと満足させたい!って考えている場合は、フィンジアを併用してみると良いです。

 

→ フィンジアの公式サイトへ

 

抜け毛は抑えられているけど、そもそも発毛させるなら「リアップ」


イクオスで抜け毛は抑えられたけど、そもそもおでこやM字を発毛させたい!って場合は、薬になりますが「リアップX5」を使うと良いです。

 

リアップには、有効成分「ミノキシジル」が入っていて、国内で唯一発毛効果が認められている成分になります。

 

薬だから副作用のリスクがあるので、だれでも使えるってわけじゃないけど、試してみる価値はありです。

 

リアップについては、大正製薬がしっかりと臨床実験を行って結果を出しているので、こちらもかなり期待できます。

 

全く効かないならAGAクリニックへ


イクオスを半年ほど使っても全く変化を実感できないって場合は、薄毛治療を専門に取り扱うAGAクリニックを受診した方が良いです。

 

イクオスで全く実感できないってことは、

  • 既にAGAがかなり進行しすぎている
  • AGA以外の脱毛症の可能性がある

ので、自宅で自己ケアするよりも、専門医に相談した方が良いです。

 

イクオスなどの育毛剤は、あくまでも早めに使うことで意味があるので、あまりにも薄毛が進行しすぎていると意味ないです。

 

AGAクリニックや薄毛治療については、次の記事で詳しくまとめているのでよければ参考にしてみてください。

 

→ AGAクリニックについて

 

まとめ

 

育毛剤って色々販売されているけど、僕は成分を見て納得して使い続けることで満足出来ています。

 

全員が満足できるってわけじゃないけど、他の育毛剤よりも優れている点が多いのも事実。
特に生え際の後退対策として使うにはいいんじゃないかなって思っています。

 

定期コースを利用すれば、育毛剤とサプリが6,980円で買えますし、解約もいつでもできます。
合わなければ返金保証も使えるので、まずは実際に使ってみると良いです。

 

生え際の後退って、何もしなければ酷くなる一方なので、できることからコツコツ始めていきましょうー!

 

→ イクオスの公式サイトを見る


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。