生え際の後退にお勧めの育毛剤を徹底まとめ【進行度別の治療方法も紹介!】

 

薄毛の悩みで特に多いのが、生え際の後退・おでこの広がりです。

 

僕も薄毛が気になり始めたきっかけが、前髪の後退でした。当時風呂上がりの鏡を見て、うっすらとM字になりかけているのが気になり始めたのがキッカケで、育毛に取り組むようになりました。

 

しかし、生え際の後退は、適当にシャンプーを変えたり、育毛剤を使っているだけでは、なかなか実感できません。

 

自分の薄毛の進行度に合った正しい対策ができていないのと、どれだけ継続しても実感できないのです。

 

今回は、薄毛に効果があると認められている有効な方法をお伝えしています。生え際の後退対策のことならとりあえずこのページ読んでいただければ、一通りわかるようまとめました。

 

 

生え際の後退を対策する有効な方法は2つだけ

 

ズバリ結論からお伝えしますが、生え際の後退対策として”有効”とされているのは、次の2つの方法しかありません。

 

次に紹介する2つ以外の方法については、有効だと認められていないのでそれだけに取り組むことはお勧めしません。

 

生え際の後退を対策する有効な方法1:医薬部外品の育毛剤を使う

 

 

一つ目は、「医薬部外品の育毛剤」を使った方法。

 

医薬部外品として許可されている育毛剤には、厚生労働省が効果を認めた有効成分が入っているので、十分効果が期待できます。

 

ただし、育毛剤を使って満足できる効果を感じられるのは、薄毛初期の状態の方のみ(詳しくは後述します)。

 

生え際の後退を対策する有効な方法2:AGAクリニックで薄毛治療を受ける

 

 

二つ目の対策方法は、薄毛治療を専門に取り扱うAGAクリニックで治療を受ける方法。

 

医師による診察を受けたうえで、塗り薬・飲み薬を処方してもらい、定期的に通院しながら治療していく方法となります。

 

育毛剤のようにドラッグストアなどで売られているものではなく、医師が処方する薬を服用するため、薄毛が進行している方でも期待できます。

 

ただし、薬を使って治療するわけですので、副作用の恐れがありますし、毎月それなりに費用が必要となります。

 

育毛シャンプー・育毛サプリ・育毛サロン”だけ”で対策をするのは要注意!

 

現在、生え際の後退対策として有効だとされているのは、これら2つの方法しかありません。

 

テレビCMやネットを見てみると、「育毛シャンプーで毛が生えた」「サプリメントで生えた」などの紹介されますが、全部嘘なので気を付けておきましょう。

 

というのも、シャンプーやサプリメントは、あくまでも化粧品・健康食品であり、それ単体で体に変化をもたらせる効果がないためです。

 

お伝えした通り、効果があると認められるためには、厚生労働省が許可した「有効成分」を含有する必要があり、有効成分を含有しているのは「医薬部外品」「医薬品」に分類されているものだけとなります。

 

また、育毛サロンで薄毛対策を行うか検討されている方も多いですが、これも十分注意が必要です。

 

育毛サロンは、AGAクリニックとはことなり、医師や看護師はいません。サロンでは、医療行為は行えないのです。

 

そのため、育毛サロンで行えることといえば、頭皮マッサージなどのヘッドスパ、育毛剤・サプリメントの販売となります。

 

個人的に、こういったことに数十万から数百万円のお金を費やすのは無駄だと思っているので、注意しておきましょう(よくわからない育毛商品にお金を出すなら、成分などをしっかりと調べてネットで買ったほうが賢いです)。

 

 

では、あなたが取り組むべき対策方法が、育毛剤なのか薬を使った治療なのか、次のイラストを参考に見極めていきましょう。

 

薄毛進行度別の生え際対策方法

 

「生え際の後退」と一言で言っても、人によってその症状は様々です。実は、薄毛の進行度によって、生え際の後退対策として取るべき対策は異なってきます。

 

そこで、生え際の後退の進行度別のイラストを用意しましたので、あなたがどのタイプに属するのかまずはチェックしてみてください。

 

 

生え際がAGAによる薄毛が進行しているかどうかは、下図のように頭頂線と角額の長さを図り、2センチ以下ならAGAだと診断されるのが一般的です。

 

生え際が薄毛になっているかどうかの判断基準

 

進行度別に次のような対策がお勧めです。

 

【進行度別の薄毛対策方法】

  • 進行度A…育毛剤を使った抜け毛の予防が重要
  • 進行度B…育毛剤や生活習慣の見直しで総合的な育毛が必要
  • 進行度C…薄毛治療薬を使った発毛治療を検討
  • 進行度D…薄毛治療もしくは自主植毛の検討

 

ご覧いただくとわかる通り、薄毛初期のAとBのタイプの場合、育毛剤を使って対策することをお勧めします。

 

一方、進行度CとDのタイプの場合、育毛剤を使うだけでは不十分です。薬を使った治療をお勧めします。

 

では具体的に、それぞれの対策方法の進め方についてお伝えしていきます。

 

生え際の後退にお勧めの育毛剤剤の選び方

 

 

薄毛の進行が初期の場合、育毛剤を使った薄毛対策がお勧めです。

 

とはいえ、初めにもお伝えした通り、生え際は育毛剤を実感しにくいため、配合されている成分を吟味して質の高い育毛剤を選ばないと意味がありません。

 

生え際の後退対策として使っておきたい育毛剤の選び方として、次の3つのポイントを確認しておきましょう。

 

【生え際の後退対策に効く育毛剤の選び方】

  1. 悪玉男性ホルモンDHTの産出をブロックする成分が含まれている
  2. 浸透技術が工夫されている
  3. 血行促進成分がしっかりと配合されている

生え際の後退にお勧めの育毛剤剤の選び方1、DHTの産出を抑制する成分が含まれているか

 

生え際の抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の産出を抑制する成分が含まれている育毛剤を選ぶ必要があります。

 

具体的には、悪玉男性ホルモンDHTの元となる酵素5αリダクターゼの作用を抑制する成分を含んでいるかどうかが重要です。「ヒオウギエキス」「オウゴンエキス」などは、DHTの元となる5αリダクターゼの作用をブロックする働きが期待されています。

 

これらの成分ができるだけ豊富に含まれた育毛剤を選ぶことが、生え際に効く育毛剤を選ぶうえで重要となります。

 

また、酵素5αリダクターゼの作用をブロックする成分が含まれているサプリメントを併用することもお勧めです。

 

具体的には、「ノコギリヤシ」「イソフラボン」などの成分が含まれたサプリメントを利用することで、そういった働きも期待できます。

 

最近では、育毛剤とサプリメントがセットで買える商品も増えているため、積極的に活用していくことをお勧めします。ちなみに僕も、育毛剤とサプリメントはセットで利用して育毛に取り組んでいます)。

 

生え際の後退にお勧めの育毛剤剤の選び方2、浸透技術が工夫されていてより実感しやすくなっているか

 

皮脂の分泌の多い生え際でもしっかりと実感するためには、浸透技術が工夫された育毛剤を選ばないといけません。

 

具体的には、育毛成分をナノ化して配合していたり、浸透力に定評がある海洋深層水を配合した商品を選ぶと良いです。

 

浸透技術が工夫されていない育毛剤の場合、どれだけ使っても効果を実感できるのは極わずか。そのため、「育毛剤を使っても意味がない」といわれてしまいます。

 

しっかりと浸透技術が工夫されている育毛剤を使うことで、成分を奥まで浸透させることが重要なのです。

 

生え際の後退にお勧めの育毛剤剤の選び方3、血行促進成分がしっかりと配合されているか

 

血行不良になりやすく、頭皮が固くなりがちな生え際には、血行促進成分が欠かせません。血行促進成分は、多くの育毛剤に含まれているものの、量や種類が少ないのは避けておきましょう。

 

厚生労働省から効果が認められている有効成分「センブリエキス」などが含まれているものを選んだ方が、より効果を実感しやすいです。

 

ミノキシジル含有の発毛剤は副作用のリスクがあるので要注意!

 

テレビCMでも話題の有効成分ミノキシジルを配合した「リアップ」シリーズは、薬として認められた発毛剤であるため副作用のリスクがあります。
また、リアップシリーズには、生え際の脱毛原因となる5αリダクターゼをブロックする成分が含まれていないため、それだけで使うことはお勧めしません。
ミノキシジルをはじめ、薬を使った治療に取り組む場合は、後述するクリニックを受診することをお勧めします。

 

生え際の後退対策に育毛剤を使うなら、これら3つのポイントを全てクリアした育毛剤を選ぶことを必要不可欠。

 

では具体的に、これら3つのポイントをクリアしたお勧めの育毛剤をご紹介します。

 

生え際の後退対策に僕が使っているのは育毛剤イクオス(IQOS)

 

 

生え際の後退対策として僕が使っているのが、育毛剤イクオスです。

 

僕が育毛剤イクオスを選んだ理由は、「脱毛の原因物質をブロックする成分」が合計10種類以上含まれているため。

 

先ほどもお伝えした通り、生え際のM字後退やおでこの後退は、悪玉男性ホルモンDHTなどが作用することで進行してしまいます。そのため、DHTの産出をブロックする成分が含まれていることが、育毛剤選びの必要条件となります。

 

イクオスには、DHTの産出を抑制する成分が5種類も含まれています。これは、僕がこれまで比較した育毛剤の中ではトップ。

 

また、脱毛シグナルとも呼ばれ抜け毛の原因となる脱毛因子を阻害する成分が8種類も含まれています。これも、他の育毛剤よりも圧倒的に多いです。

 

このように、生え際の抜け毛の原因をブロックしてしまう成分が、他の育毛剤よりも圧倒的に多いため、僕はイクオスを使って生え際の後退対策に取り組んでいます。

 

もう一つ、イクオスには他の育毛剤にはない優れた成分が含まれています。それが、「アルガス(Algas-2)」と呼ばれる成分です。

 

アルガスの魅力的な点は、あのミノキシジルとの比較実験で、「実感した」と感じる方がミノキシジル配合発毛剤を利用したグループよりも多かった点にあります。

 

 

この図は、アルガスとミノキシジル、キャピキシルという育毛成分を配合した育毛剤を使ったグループごとに、どれだけ実感できたのか、を調査した結果です。

 

アルガスを配合するイクオスを使った人が、最も多く実感されていることが証明されています。現時点では、アルガスを含有する育毛剤はイクオスのみなので、より早く実感するなら見逃せない成分というわけです。

 

定期コースを利用すれば、サプリメントもセットで付属してくるため、内と外の両方からケアできます。育毛は育毛剤を塗ったら終わりではなく、総合的に取り組む必要があります。

 

そのためにはサプリメントはとても心強いアイテムですし、それが比較的続けやすい価格で買えるのは良心的です。

 

生え際の対策に育毛剤を選ぶ場合、とにかく配合されている成分の質を見極めることが重要です。イクオスなら十分期待できる対策を行うことができます。

 

 

実際に僕が定期コースでイクオスを申し込み使っている感想や、配合されている成分の詳しい解説は次の記事でお伝えしているのでぜひ、参考にしてみてください。

 

イクオスを半年以上使い続けている僕のガチ評価レビューはこちら

 

 

生え際の後退を回復させるには「飲む育毛剤」を使った薄毛治療が必要不可欠

 

 

薄毛の進行がすでにある程度進んでしまっている方、発毛を希望する場合は、育毛剤やシャンプーを使うだけでは不十分です。本格的に発毛を行う場合は、専門医での発毛治療を行う必要があります。

 

とはいえ、育毛剤を使った対策とは違い、薬を使った治療になるため、メリットだけでなくデメリットがあることも理解しておかなければいけません。

 

まず初めに、薄毛治療を受けるメリットとデメリットについてお伝えしておきます。

 

生え際の後退対策として薄毛治療を受けるメリット

 

 

薄毛治療のメリットは、ズバリ効果が期待できるということです。専門の医師による診察、それを踏まえての薬を使った治療なので、正直効果は期待できます。また、発毛が期待できる唯一の方法が薄毛治療なのです。

 

育毛剤を使った対策では、残念ながら育毛はできても発毛はできないですからね。

 

生え際の後退対策として薄毛治療を受けるデメリット

 

 

副作用の恐れがある

 

薄毛治療は薬を服用するのが基本となるので、副作用の恐れがあります(薬にはどんなものでも副作用があります。体に何かしらの効果があるわけですから、副作用のない薬はないのです)

 

抜け毛の進行を防ぐフィナステリドの副作用には、勃起不全・精力減退・肝臓への負担などが心配されています。発毛を促進させるミノキシジルの副作用には、多毛症・高血圧・むくみ・猛烈な炎症などが心配されています。

 

費用が高い

 

薄毛治療の相場は、毎月15,000円〜30,000円となっているため、育毛剤を使った対策と比べて費用が必要になります。

 

また、薄毛治療は始めると自分が納得できるまで治療を続ける必要があるため、トータルで見るとかなり高額な費用になってしまうため、躊躇される方も少なくありません。

 

通院する必要がある

 

薄毛治療は基本的に、毎月1回の通院が必要となります(どうしても通えない場合、相談することで通院頻度を変更してくれる病院もあります)。

 

では、これらの薄毛治療はどのように進めるのか?について見ていきます。

 

生え際の薄毛治療を受けられるのはAGAクリニックのみ

 

薄毛治療の基本となるのが、フィナステリド・ミノキシジルを配合した投薬治療です。

 

フィナステリド購入する方法としては、次の3つがあります。

  1. 皮膚科を受診する
  2. 個人輸入代行業者を利用する
  3. AGAクリニックを受診する

 

数年前のお笑い芸人さんのテレビCM「薄毛になったら病院へ」の影響もあり、最近では皮膚科でもフィナステリドを処方しています。

 

しかし、残念ながら皮膚科ではフィナステリド(プロペシア)の処方しかしておらず、それだけでは発毛促進は期待できません。

 

フィナステリドはあくまでも抜け毛の進行を抑制するものであり、発毛を促進するのはミノキシジルだからです。

 

そのため、ある程度薄毛が進行してしまっている場合は、フィナステリドだけでは不十分となります。皮膚科ではミノキシジル配合の薬は処方してもらえないので注意しましょう。

 

次に個人輸入で海外の薬を購入する方もいますが、これもお勧めできません。

 

個人輸入でフィナステリドやミノキシジル配合の薬を買うととても安いのですが、中には偽薬と呼ばれるものが混じっていると心配されています。

 

偽薬は、有効成分が配合されていないため、効果が全くない恐れがあります。

 

さらに悪質なものの場合、インク塗料で着色されていたり、体への悪影響が心配されている成分が含まれているという報告もあるのです。

 

このような悪質な商品(商品と呼ぶのもどうかと思いますが…)の流通が問題視されており、厚生労働省も注意喚起を呼びかけるほどです。

 

そのため、フィナステリド・ミノキシジルを個人輸入することについてはお勧めできません。

 

薄毛治療を安心して行うためには、薄毛治療を専門に取り扱うAGAクリニックへの受診が一番です。

 

AGAクリニックでは、薄毛治療を専門に行うため、万が一何かあった場合も適切に対応してもらうことができます。また、薄毛の進行度合いに応じて薬の内容を変えるなど、個人に合った治療をしてもらえるのも心強いです。

 

AGAクリニックでは、薄毛治療として次の3つの治療方法が用意されていることが多いです。生え際の後退が進行している場合も、進行度に応じて治療方法を選ぶことができます。

 

AGAクリニックでの生え際の薄毛治療方法

 

  1. ミノキシジル・フィナステリドを使った治療

 

薄毛治療の最も基本となるのが、ミノキシジル・フィナステリドを使った治療です。

 

基本的には、1日1回プロペシア(フィナステリド含有薬)を服用し、朝と夜にミノキシジル配合の薬を塗布します。

 

進行度や発毛治療の度合いに応じては、ミノキシジルを配合した内服薬を処方されることもあります。

 

飲み薬と塗り薬を使ったこの治療方法が最もスタンダードとなっています。

 

  1. 育毛メソセラピー(HARG療法)

 

生え際の薄毛が気になる部分に、ミノキシジルや成長因子といった成分と直接注射で注入するのが育毛メソセラピーと呼ばれる施術です。

 

育毛剤とは違い、直接注入するため、より効果を実感できるとして非常に話題になっています。

 

ただし、1回の料金が高く、医師によって技術の差があるのが難点ともいえます。

 

  1. 自主植毛

 

薄毛治療の最終手段といえるのが、自主植毛です。日本ではまだあまりなじみがないですが、海外では利用されている方もとても多くなっています。

 

自主植毛を行っている病院はそれほど多くありませんが、最終手段として知っておきましょう。

 

では、住んでいる地域・治療内容別にお勧めのAGAクリニックをご紹介していきます。

 

都内在住で生え際の後退治療を受けるなら「銀座総合美容クリニック」がおすすめ

 

 

銀剤総合美容クリニックは、「銀クリ」と呼ばれ、薄毛治療に特化した人気の病院です。東京の銀座にしか店舗はないものの、全国から足を運ばれる患者さんがおられるほど。

 

銀クリの特徴は、「毎月の治療費が安い」「独自の施術を行っている」ということがあります。

 

銀クリでの薄毛治療は、毎月7,020円〜18,900円と、他の病院よりも安いのが特徴です。

 

また、針を使わない育毛メソセラピーという独自の施術を実施しており、非常に評価が高いクリニックです。

 

都内や通える範囲に住んでいるなら、銀座総合美容クリニックをお勧めします。

 

 

治療実績で選ぶなら全国展開の「ヘアメディカルグループ」がおすすめ

 

 

150万人以上の治療実績を誇るのが、ヘアメディカルグループです。ヘアメディカルは、薄毛治療の老舗でもあり、早くからAGA治療を行っていること、大学病院との研究を続けているため、多くの利用者がいます。

 

他の病院よりも治療実績が豊富であるため、よりオーダーメイドな治療が受けられるのが特徴です。

 

単にプロペシア・ミノキシジルの処方をするのではなく、あなたの頭髪状況に応じた治療を受けられます。

 

東京・名古屋・大阪・福岡に店舗があるため、全国どこからでも比較的通いやすくなっています。

 

自分に合ったオーダーメイド治療を受けるなら、ヘアメディカルがお勧めです。

 

 

自主植毛を受けるなら「ルネッサンスクリニック」がおすすめ

 

 

自主植毛を検討している方にお勧めなのが、「ルネッサンスクリニック」です。ルネッサンスクリニックは、湘南美容外科グループの病院であるため、安心して通えると評判です。

 

ルネッサンスクリニックの大きな特徴は、自主植毛のための最新機器が備わっているということ。

 

他の病院にはない最新機器なので、自主植毛を検討している方はにお勧めです。

 

もちろん、プロペシアやミノキシジルなどの投薬治療も行っているので、まずは相談してみることをお勧めします。

 


生え際のM字後退に関するよくある質問

生え際の後退対策として育毛剤以外に取り組むべきことはありますか?

生え際の後退対策は、育毛剤だけを使っていれば満足できる!というほど簡単なものではありません。
取り組んでおきたい方法として、

  1. 育毛シャンプーを使って頭皮環境を整える
  2. 育毛剤を使った後は頭皮マッサージで血流を促進する
  3. 生活習慣を見直し、抜け毛・薄毛につながる食生活・運動習慣・睡眠不足を見直す

これらを意識して、総合的に取り組むようにしましょう。

生え際の後退対策として「生え際用の育毛剤」を使ったほうが良いですか?

育毛剤には、「生え際用」「頭頂部用」「側頭部用」といった部位によって効果が出る出ないはないので注意してください。
「生え際用」と販売されている育毛剤は、あくまでも宣伝の一環であり、生え際にだけ劇的に効果があるわけではありません。

 

そのため、今回お伝えした生え際に使える育毛剤の特徴を満たしたものを選ぶことがベストです。
魅力的な宣伝は影響されてしまいますが、しっかりと成分を確認して、良し悪しを判断することが育毛剤選びの鉄則です。

生え際がM字にかなりガッツリと後退しています(ドラゴンボールのベジータのような感じ)。育毛剤で改善できますか?

そこまで生え際の後退が進行されている場合、残念ながら育毛剤では期待できません。
育毛剤はあくまでも髪の毛を育毛するものなので、ツルツルの状態から発毛する薬ではないからです。

 

既に薄毛がガッツリと進行している場合、AGAクリニックを受診して発毛治療を受けることをお勧めします。
薬を使うため副作用のリスクはあるものの、唯一発毛が期待できる方法なので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

AGAクリニックについては、次の記事で詳しくお伝えしているので併せてご覧になってみてください。
参考:AGA治療を本格的に行いたい方へ【AGA専門クリニックの失敗しない選び方】

よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。