フィンジアを使った本音評価【臨床実験で結果を出した威力とは】

 

海外でも話題の成分を配合した『フィンジア』を実際に使ってみたので、今回もガチ評価していきます。

 

フィンジアには、臨床実験で結果を出した「キャピキシル」、ミノキシジルと酷似した分子構造を持つ「ピディオキシジル」の2大成分を配合。

 

しかも、先日「FRAGRANCE JOURNAL」という専門誌にフィンジアを使った臨床実験の結果が掲載されていました(1)。

 

臨床実験でもしっかりと結果を出したスカルプエッセンスとして注目集めています。

 

いやー、ついに来たか!って感じですね^^

 

今までは、「育毛剤なんか効果ない!」ってネットなどで見かけることもあったけど、しっかりと人で臨床実験を行って結果をだしましたからね。

 

今まで育毛剤を使ったけど実感できなかった
効果・エビデンス重視で期待できるものを使いたい!

 

このように考えているなら、間違いなく試す価値のある1本になっています。

 

他の育毛剤と比べると値段はやや高めですが、入っている成分がそもそも違うので納得ですけどね。

 

 

フィンジアの効果・成分

キャピキシル5%の高濃度配合

フィンジアに配合されている話題の成分キャピキシル。

 

キャピキシルとは、「アカツメクサ」と「アセチルテトラペプチド-3」という2つの成分をブレンドした成分名のこと。

 

キャピキシルは人を使った臨床実験を行っていて、その結果から次のような効果が期待できるとされています。

【キャピキシルの臨床実験で明らかになった効果】

  1. 成長期の毛髪量が増える
  2. 休止期の毛髪量が減少する(=脱毛の減少)

キャピキシルの注目すべき点は、アクセルの役割とブレーキの役割の両方を実現しているという点。

 

一般的に、ヘアケアにおいてはアクセル(育てる)とブレーキ(守る)の両方に取り組む必要があります。

 

なのに、ほとんどの育毛剤はどちらか一つの役割しか期待できないので、「育毛剤を使っているのに効かなかった…」ってことが起こる。

 

キャピキシルは、これ1つで両方の役割をしてくれる(しかも臨床実験で結果も出している)のが、他の成分との大きな違い。

 

また、キャピキシル自体は、植物由来のエキスとタンパク質が組み合わせっているだけで、薬のように人工的に作り出した化合物じゃないので副作用の心配もないです。

 

こういう点で、キャピキシルは他の成分を圧倒して優れているとされています。

 

キャピキシルの詳しい内容については「キャピキシルの効果を臨床実験データから読み解く」でまとめているので、読んでみてください。

ピディオキシジル2%の高濃度配合

キャピキシルと同じく話題なっているのが「ピディオキシジル」と呼ばれる成分。

 

フィンジアには、高濃度2%が入っています(このサイトで比較した中では配合濃度がトップ)。

 

ピディオキシジルとは、有効成分ミノキシジルを「より浸透しやすく」「より低刺激で」使えるように改良した成分のこと。

 

ミノキシジルには、「浸透しにくい」「副作用のリスクがある」という欠点があったため、それを改良して開発された成分というわけです。

 

とはいえ、ピディオキシジルは薬ではないのでミノキシジルのような発毛効果は期待できないです。
ミノキシジルを改良した成分(分子構造が似てる)だけど、全く同じ効果があるわけではないって点は注意が必要。

 

あと、ピディオキシジルについては、人を使った臨床実験は行われておらず、その効果はあくまでもラット(マウス)を使ったもののみ。

 

ですが、実験でしっかりと効果が明らかにされている成分の一つであることに違いはありません。

 

具体的には、いくつかの論文で次のような効果が明らかになっています。

【ピディオキシジルの実験で明らかになった効果】

  1. 線維芽細胞の増殖阻害の抑制
  2. 休止期から成長期への移行を誘導
  3. 初期発毛率においてミノキシジルより優れている
  4. 皮膚吸収率においてミノキシジルより優れている

ピディオキシジルについてのさらに詳しい解説は「ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)の効果を論文から読み解く」を参考にしてください。

フィンジアは浸透力を高める工夫もされている

フィンジアが評価されているもう一つのポイントは、「浸透力を高める工夫がされている」ということ。

 

多くの育毛剤や育毛トニックは、それらしい成分が入っていても奥まで浸透しないので実感できないといわれています。

 

一部のメーカーさんは、しっかりと浸透するよう工夫されていますが、多くの商品は何もしていないのが現状…。

 

フィンジアは、浸透力を高める工夫として「カプサイシン」を配合しています。
カプサイシンを配合することで、毛穴を広げ、そこから成分をギュンギュン浸透させる工夫をしています。

 

メーカーさんは、浸透力を高めるこの工夫を「ゲートアクセス理論」と名づけています。

 

ただし、カプサイシンを育毛剤に配合することでどれだけ浸透力が高まるのか?という具体的なデータはなし。
なので、過度に期待せずに浸透しやすくなればラッキー程度に僕は考えています。

▲目次に戻る

フィンジアのデメリット

ここまでフィンジアの強み・メリットについてまとめましたが、デメリットもお伝えしておきます。

 

フィンジアを実際に使ってみて感じたデメリットは次の4つ。

  1. 有効成分は入っていない
  2. エタノールの配合量が多いので敏感肌の方は△
  3. 既に薄毛がかなり進んでいたらお勧めできない
  4. 即効性はない

有効成分は入っていない

有効成分とは、厚生労働省に効果が認められている成分のことで、規定量含有することで医薬部外品(育毛剤)と許可されます。

 

残念ながらフィンジアには、厚生労働省に効果が認められている有効成分は入っていません。

 

ただ、「有効成分が入っていないから意味がない」というのはちょっと違います。

 

実は、医薬部外品として許可されるために有効成分を入れた場合、決められた成分しか配合することが出来ないような決まりになっているんです。

 

この決まりでは「キャピキシル」「ピディオキシジル」といった新しい成分を配合することが出来ません。

 

つまり、有効成分が入っていない代わりに、海外で話題の最新2大成分を高濃度で配合しているというわけです。

 

フィンジアは、海外で話題の最新2大成分を配合するため、あえて医薬部外品ではなく化粧品(スカルプエッセンス)として販売されているわけです。

 

「医薬部外品」って言葉は何となく効きそうってイメージがあるけど、あくまでも広告表現などが違うだけで、医薬部外品=効くってわけではないので気を付けてください。

エタノールの配合濃度が高い

 

フィンジアの成分表を見てみると、上の方に「エタノール」って書かれています(上に記載がある=高濃度で配合という意味)。

 

エタノールとは、アルコール成分の一種なので、肌が弱い場合、刺激を感じる恐れがあるので要注意。
僕が使ったときは、少しスースーとする爽快感を強く感じた程度で、刺激が気になることはありませんでした。

 

こればかりは個人差が強いので、どうしても気になる場合は、事前に手や腕にフィンジアを付けてみて大丈夫か確認すると良いです。

 

フィンジアには、万が一何かあった場合30日間の返金保証が用意されているので、とりあえず試して様子を見るのがベター。
もし合わなければ、購入代金を返金してもらえばよいですからね。

 

ちなみに、エタノールは「殺菌」や「防腐剤」としての役割があるため、単純に良くないものというわけではないことも理解しておきましょう。

発毛効果があるわけではない

フィンジアは、臨床実験で結果を出すなど、エビデンス的にも評価できる点は多いものの、薬ではありません。
そのため、既に薄毛がかなり進行してしまっている場合は、さすがのフィンジアでも期待できる可能性は低いです。

 

具体的には、次のような方なら全然期待できます。

 

 

一方、次のイラストくらい薄毛が進行している場合は、お勧めできません。

 

 

これくらい薄毛が進行してしまっている場合は、フィンジアや育毛剤ではなく、専門医での薄毛治療に取り組むべきです。

 

専門医での薄毛治療に取り組めば、発毛や脱毛進行抑制効果のある薬を使って本格的な治療に取り組めます。

 

医師の診察の元で治療が進められるので、しっかりと取り組めば実感される可能性もたかいです。

 

薄毛治療については「AGA病院の失敗しない選び方」で詳しくまとめているので参考にしてください。

即効性はない

 

フィンジアに限らず、育毛剤などに即効性を求めるのは間違っています。

 

基本的には使い始めてから3か月から6か月程度続けることで徐々に実感することが多いです。

 

専門誌に掲載されていたフィンジアの臨床実験でも、24週(6か月)使うことで変化が明らかになっています。1か月や2か月では違いを実感できないということ。

 

これは、フィンジアやその他育毛剤が悪いというわけではなく、生え変わりであるヘアサイクルが関係しているので、どうすることもできないんですね。

 

そのため、フィンジアを使う場合は「とりあえず半年は使い続ける!」という意識で始めた方が精神的にも楽。

 

もちろん、実際に使ってみて肌に合わないなどがあれば、返金保証を利用することもできるので、無理に続ける必要はないです。

 

▲目次に戻る

フィンジアと育毛剤・発毛剤を比較

フィンジアの良さはわかったけど他とどっちが良いの?」と気になっている方も多いはず。

 

これまで20本以上の育毛剤を使ってきた僕が、フィンジアと人気育毛剤をガチ本音で比べてみました。

 

今回は、スカルプエッセンスの『Deeper3d』『ボストンスカルプエッセンス』、育毛剤『イクオス』『チャップアップ』、発毛剤『リアップ』と比べてみました。

Deeper3d・ボストンスカルプエッセンスと比較

フィンジアと同じスカルプエッセンス(有効成分が入っていないけど海外で話題の最新成分が入ってる)を比較してみました。

 

国内でスカルプエッセンスの先駆けと評価されている『Deeper3d』、サプリなどが人気のボストンシリーズ『ボストンスカルプエッセンス』と比べます。

フィンジア

Deeper3d

ボストン

キャピキシル

5%

5%

5%

ピディオキシジル

2%

×

配合量不明

浸透力の工夫

ゲートアクセス理論

海洋深層水

×

副作用の心配

価格(単品)

12,800円

14,100円

15,984円

価格(定期)

9,980円

14,100円

8,424円

臨床実験の有無

×

フィンジアが他の2商品よりも優れているのは、キャピキシル・ピディオキシジルの両方を高濃度で配合しているということ。

 

残念ながらDeeper3dには、ピディオキシジルは入っていません。
ボストンスカルプエッセンスは両方が入っているものの、ピディオキシジルの配合量の説明はなし(おそらく高濃度で入っていたら記載されているので、濃度は低い可能性大)

 

スカルプエッセンスを選ぶ際は、とにかく配合されている成分の質を重視して選びたいと考えている方が多いので、成分はフィンジアが一歩リード

 

また、一番注目すべきは「臨床実験の有無」。
フィンジアとボストンスカルプエッセンスは、臨床実験を行い、その結果が専門誌に掲載されています。

 

Deeper3dについては、臨床実験の話は聞かないので今のところ実施されていないようです。

 

価格については、単品ではフィンジアが最安値
定期コースでは、わずかですがボストンスカルプエッセンスが安いですね。

 

他のスカルプエッセンスと比較しても、フィンジアがいかに優れているのかわかると思います。

 

フィンジアとイクオス・チャップアップを徹底比較

次は、育毛剤として人気の『イクオス』『チャップアップ』と比較してみました。

 

何回かお伝えした通り、フィンジアとイクオス・チャップアップは、スカルプエッセンス(化粧品)と医薬部外品という点で大きな違いがあります。

 

そのため、単純にどちらが良いのか?というのは比べにくいというのが正直なところだということは理解してご覧ください。

 

フィンジア

イクオス

チャップアップ

有効成分

×

キャピキシル

5%

×

×

ピディオキシジル

2%

×

×

浸透力の工夫

ゲートアクセス理論

低分子ナノ水

×

副作用の心配

価格(単品)

12,800円

8,980円

7,400円

価格(定期)

9,980円

5,980円

9,090円

臨床実験の有無

×

×

イクオスやチャップアップには、「キャピキシル」「ピディオキシジル」という最新成分は入っていません。

 

その代り、厚生労働省が効果を認めている有効成分はしっかりと配合されています。

 

また、浸透力を高める工夫については、フィンジアとイクオスのみ実施済み

 

チャップアップについては何も記載がされていないので、されていないのでしょう(これは残念)。

 

また、副作用の心配についてですが、スカルプエッセンスに分類されているフィンジアが最も低刺激になっています。

 

イクオスやチャップアップも低刺激で使いやすいですが、この辺りは分類の違いなので仕方ないですね。

 

価格については、イクオスが最安値で試しやすくなっていますね。

 

フィンジアなどのキャピキシルを配合するスカルプエッセンスは、成分が貴重だからなのか、価格が高い傾向にあります。

 

ということで、イクオス・チャップアップと比較してみると…

という考えで選ぶと良いです。

 

フィンジアとリアップ(ミノキシジル配合)を徹底比較

最後に、フィンジアと発毛剤リアップを比べておきます。

 

先ほどもお伝えした通り、フィンジア(スカルプエッセンス)とリアップ(医薬品)は、そもそも入っているものが違います。

 

フィンジアは化粧品ですし、リアップは医薬品成分なので。

フィンジア

リアップ

有効成分

×

ミノキシジル

キャピキシル

5%

×

ピディオキシジル

2%

×

浸透力の工夫

ゲートアクセス理論

×

副作用の心配

×

価格(単品)

12,800円

7,048円

価格(定期)

9,980円

-

臨床実験の有無

発毛効果を望む場合は発毛剤の『リアップ』一択です。

 

テレビCMでも宣伝されている通り、リアップは唯一発毛効果が認められている製品なので。
発毛を望むのにフィンジアを選ぶっていうのは、そもそも間違いなので要注意です。

 

ただし、医薬品(薬)に分類されている商品なので>副作用のリスクがあることは知っておきましょう。

 

具体的にリアップ(ミノキシジル)の副作用としては「ミノキ焼け(頭皮の炎症など)」が一番有名です。塗布した部位が炎症を起こしてしまい、痒みなどを引き起こします。

 

実際に使ったことのある人の口コミを見てみると、副作用が出てやめた人も多いです。

 

関連記事:ミノキシジルの効果・副作用をどこよりも詳しく解説!

 

フィンジアは、リアップのように医薬品ではないので、副作用の心配はなし。自宅で手軽に使えるというのがメリットですね。

 

またキャピキシル・ピディオキシジルという2大成分が入っているので十分期待もできます。

 

ということでまとめると、

  • 副作用を理解した上で発毛を期待するならリアップ!
  • 薬に抵抗があるけど最新成分を試すならフィンジア!!

という違いがあります。

 

個人的には、フィンジアを使ってみて実感できなかったら、リアップを使うと良いかと思います。

 

いきなり作用の強い医薬品成分を使うのは副作用の面で心配ですからね(汗)

▲目次に戻る

フィンジアを使った感想

スプレータイプなので使いやすい!

 

フィンジアは、スプレータイプなのでとても使いやすかったです。

 

他のスカルプエッセンス「Deeper3d」や「ボストンスカルプエッセンス」は、スポイトタイプが主流なので、使いやすさは断トツです。

 

ただし、スプレーをプッシュした感じは、他のスプレータイプの育毛剤「イクオスやチャップアップ」より違和感があります。

 

フィンジアのスプレーは押したときにパシュッっていう軽い感じがします。

 

とはいえ、勢いがとても強いため、薄毛が気になる部位にダイレクトで吹きかけるのも良かったです。

 

勢いの弱いスプレータイプだと、育毛液が拡散してしまって髪に付着することがありますが、フィンジアなら頭皮にダイレクトに吹き付けられるのでその点は文句なし。

 

うっすらと黄緑色の液でアルコール臭が少し強めです

 

フィンジアの液は、うっすらとした黄緑色をしています。初めて手にのせた時は、無色透明だと思ったのですが、よーくみるとうっすらと黄緑色をしていました。

 

気になった点としては、他の育毛剤よりもアルコール臭が少し強めだということです。鼻を近づけてみるとアルコールの香りがスッと来たので、他の商品よりも含有量が多いのかもしれないですね。

 

塗布した直後は爽快感が凄いです

 

スプレーで薄毛部位に塗布した直後は、爽快感がとても強く感じました。

 

これは、独自の浸透技術によってスーッと浸透しているのか、アルコールによる感覚なのかわかりませんが、スーッと爽快感が他の商品よりも感じられました。

 

使用後の爽快感は、育毛商品を使っている感じがしてとても気持ちよかったです。(ただ、この感覚は人によって好き嫌いがありそうですが…)

 

塗布後は、違和感なく髪もそれほど濡れないので、外出前でも安心して使える育毛剤に仕上がっています。

▲目次に戻る

よくある質問

副作用の心配はなし

 

フィンジアは、スカルプエッセンス(化粧品)に分類される商品なので副作用の心配はないです。

 

配合されている成分も天然由来の成分がメインなので低刺激で使いやすいです。

 

実際、僕は敏感肌で顔に塗る化粧水によってはすぐに口周りが赤くなったりしがちですが、フィンジアは違和感なく使えました^^

 

ただし、人によってはフィンジアに含まれている成分で刺激を感じてしまう可能性もなきにしもあらず。

 

フィンジアの刺激が心配な場合、直接頭皮に着けずに一旦腕などに塗布してみて様子を見ると良いです。

 

もし合わない場合、返金保証も用意されているので、とりあえず試して使っていると良いですね。

 

フィンジアに副作用の心配なし!【ミノキシジルで炎症が起こした場合も低刺激で使える】

 

初期脱毛は個人差あり

初期脱毛については、個人差がある…としか言えないですね。

 

基本的に考えると、初期脱毛は作用の強い医薬品成分(ミノキシジル・フィナステリドなど)で起こりやすいです。

 

専門医で薄毛治療に取り組まれる方の多くが、初期脱毛を実感されるようです。

 

フィンジアは、医薬品のように作用が強いわけではないので、初期脱毛の心配もそれほど必要ないです。

 

ただし、人によってはフィンジアとの相性が良く、作用がしっかりと実感できる場合、初期脱毛が起こる可能性もあります。

 

初期脱毛が起こるということは、しっかりと効いている証拠なので、心配せずにそのまま使い続けるのが良いです。

 

初期脱毛=良くないこと、と勘違いされている方もいますが、しっかりと効いている証拠なので特に心配する必要はないですよ。

 

最低でも3〜6か月は使わないと実感しにくい

フィンジアに限らず他の育毛剤もですが、基本的には3か月から半年程度で徐々に実感していきます。

 

1週間や1か月程度で効果が出るような即効性はないので理解しておきましょう。

 

最低でも3か月程度かかる理由としては、ヘアサイクル(毛周期)が関係しています。

 

髪の毛は、生えて・成長して・抜けるというのを繰り返しています。

 

フィンジアや育毛剤、医薬品を使ってもヘアサイクルがいきなり変わるわけではなく、徐々に変わるだけです。

 

そのため、1週間や1か月で実感できることはなく、最低でも3か月から半年程度は必要になるというわけです。

▲目次に戻る

フィンジアの最安値で買う方法

 

何度か書いた通り、フィンジアで実感するためには、最低でも3か月から半年程度は使い続けないといけないです。

 

1本2本使った程度では、ほとんど実感できずに終わってしまいます。

 

そのため、フィンジアを試すなら最安値で買える定期コースがお得。
どうせ続けるならできるだけ安く買ったほうが良いですよね?

 

フィンジアの定期コースなら1本あたり9,980円の最安値になっているので、単品で買うよりも2,000円以上お得に。

 

また、定期コースには30日間の全額返金保証が用意されています。

 

万が一頭皮に合わなかった場合、購入代金を返金してもらえるので、とりあえず実際に使って試せるのは嬉しいですね。

 

返金保証が用意されているということはそれだけ商品に自信があるということ。

 

何か不安や悩みがあるなら、まずはフィンジアを始めてみることをおススメします。

 

何もしないと解決することはないですし、できるだけ早くガチで対策するのが一番ですからね。

 

僕は今まで20本以上の育毛剤などを比べてきましたが、フィンジアはその中でも成分がめちゃ優れているので実感できます^^

 

フィンジアを最安値で試すなら、返金保証付きの定期コースがお得!

 

▲目次に戻る

まとめ

 

改めて結論をお伝えすると、「エビデンス重視で選ぶなら使っておきたい1本」に仕上がっているのがフィンジア。

 

話題の2大成分配合、浸透力を高める工夫がされている、副作用の心配がないという、現時点では最高の仕上がりになっています。

 

しかも、しっかりと臨床実験を行って、その結果も明らかにされているのは凄いの一言。
臨床実験を行っている商品ってほとんどないですからね。

 

また、他のキャピキシル配合商品よりも試しやすい価格になっているのも良いですね。

 

僕もこれまでいろいろな育毛剤などを見てきましたが、ガチで成分・価格のバランスが良い!と思える1本です^^

 

他の商品と比較もしてきましたが、成分もしっかりと考えられているので、多くの方が実感しているのにも納得です。

 

もし、フィンジアでダメなら、専門医での薄毛治療に取り組むのがベターかもしれません。

 

ということで、フィンジアは自宅ケアの最後の救世主的な立ち位置だと僕は感じています。

 

本気で何とかしたい!」「値段気にせずヤバいのを使いたい!」「でも副作用は勘弁

 

このように考えているなら、とりあえず試してみてはいかがでしょうか。

 

→ 臨床実験済みのフィンジアの公式サイトへ移動する


フィンジアを自腹購入した本音口コミ!成分・効果を徹底検証!記事一覧

フィンジアを最安値で注文出来るのは、公式通販サイトです。フィンジアの公式通販サイトでは、amazonや楽天市場よりも安い1本8,966円で買えます。しかも、公式通販サイトから注文した場合、30日以内の全額返金保証付き。実際に使ってみて実感できなければ対応してもらえるので、安心して注文できます。Amazonや楽天での価格を調べてみましたが、どちらも1万円を超えているうえ、返金保証対象外…。フィンジア...

フィンジアの定期コースを解約するためには、「電話」「メール」の2つの方法があります。メールで定期コースの解約を申請する場合、マイアカウントにログインして連絡すればOK。そのあとの指示通りにするだけで、解約を受け付けてくれます。以前までは、フィンジアの定期コースを解約するためには電話をしないといけないようでした。今ではメールにも対応しているので、営業時間内に電話できない場合や、電話することに抵抗があ...

フィンジアが買えるのは、ネット通販販売店だけ。近所のドラッグストアや薬局、スーパーなどでは取り扱いがされていないので気を付けてください。実際、フィンジアの公式サイトでも下記のように注意がされています。フィンジアを買えるのはネット通販販売店だけですが、最安値で買えるのは公式サイト。amazonや楽天市場でも取り扱いがあるものの、実は5000円以上も割高で買ってしまう恐れも…参考:フィンジアを最安値で...

フィンジアには、医薬品成分が配合されていないので、副作用の心配はありません!(`・ω・´)フィンジアに配合されている「キャピキシル」という成分は、「ミノキシジルの3倍のパワーがある」といわれているため、副作用も気にされている方が多いです。ですが、「キャピキシル」は自然由来の成分と成長因子をミックスした成分なので、ミノキシジルのような副作用のリスクなし。また、「ピディオキシジル」についても「ミノキシ...

キャピキシル・ピディオキシジルが高濃度で配合している人気スカルプエッセンス『フィンジア』。フィンジアの口コミやGoogleの検索結果を見てみると、「フィンジアは効かない」「フィンジアは効果なし」という言葉をちょくちょく見ることが増えてきました。結論からお伝えすると、”フィンジアで効かない人と効果が期待できる人”がいます。【フィンジアが効かない人】AGAがかなり進行している円形脱毛症などの病気間違っ...

このサイトでもおすすめしているスカルプエッセンス「フィンジア」シリーズから、サプリメントが販売開始されました。フィンジアサプリは、毛髪のプロである毛髪診断士が監修しているのが特徴。業界トップクラスの32種類の成分を配合するなど、サプリメントとしても期待できる商品に仕上がっています。フィンジアと併用して使うのもありですし、サプリ単体で使うのもアリです。他のサプリには配合されていない「豚プラセンタ(成...

フィンジアとチャップアップを両方使ってみて、成分や使用感、価格で徹底比較してみました。先に結論をお伝えすると…成分重視で選ぶならフィンジアコスパ重視で選ぶならチャップアップを選べば間違いなし。フィンジアには、海外メーカーが開発した話題の成分「キャピキシル」「ピディオキシジル」が配合されています。これらの成分は、しっかりと実験データなども公表されているため、成分を重視して選ぶなら試す価値ありです。一...

テレビCMでも話題のリアップと、ネット通販で人気のフィンジア。フィンジアについて検索していると「ミノキシジルの約3倍効果がある!」なんて言葉を見るので、リアップとどっちが良いのか気になっている方も多いはず。先に結論をお伝えすると…発毛効果を望むならはリアップ!副作用が心配ならフィンジア!を使うと良いです。リアップに配合されているミノキシジルは、国内で唯一発毛効果が認められている有効成分。リアップを...

フィンジアは、薄いで悩む女性の間でも話題になっていますが、気になるのは「女性にも効果あるの?副作用などは大丈夫?」ということ。結論からお伝えすると、女性の薄いにも効果あり(特に40代50代以降!)化粧品だから副作用の心配なく使えるということ。公式サイトは男性向けになっているけど、体験談には女性の口コミも結構あります。ということで今回は、「フィンジアって本当に女性でも使えるの?」ってところを、成分な...

「ネットで評判のフィンジア使い始めたけどイマイチ実感できねー」って悩んでいる方もいるはず。フィンジアは、「キャピキシル」「ピディオキシジル」っていう海外発の話題成分を高濃度で配合しているので質の高い1本は間違いないです。ただ、「1、間違った使い方」をしていたり、「2、そもそも使うべきじゃない人」が使っていると実感できないです。ということで、今回はフィンジアの効果的な使い方についてまとめました。フィ...