短い毛・細い毛が抜けるのはAGAが進行のサイン!?僕が実践した方法を解説

 

シャンプーをしている時に短い毛が抜けるようになった。
朝起きたときに枕元に短くて細い毛が付いていることがある。

 

短い毛が抜けることで悩んでいる若い人が増えています。

 

ネットで「短い毛が抜ける」と検索してみると、ハゲの前兆だからヤバイ!って怖い記事が多いですよね。

 

私も20代半ばで薄毛が気になり始めた当初、短い毛が数本抜けるようになったので、あの時のヒヤッとする感覚はわかります。

 

「このままハゲるんじゃないか?」
「薄毛になって馬鹿にされるのだけは嫌…」

 

当時はこんな思いで必死にいろいろ対策しましたよ。
本や論文も読み漁りました。

 

そのおかげで、今では短い抜け毛が抜けることは減り、毛量もキープすることができています。

 

もし短い毛が抜けているけどまだハゲていないなら、正しい対策でしっかりとキープできます。

 

でも、間違った情報や意味のない方法で対策しても時間の無駄なので、そこだけは気を付けた方がよいです。

 

今回は、短い抜け毛が増える原因と、私が実際に効果を感じた対策方法についてまとめました。

 

短い毛、細い毛が抜けて焦っている方は是非、参考にしてみてください。

短い毛・細い毛が抜ける原因は大きく分けて2パターン

短い毛や細い毛が抜ける理由には大きく分けて2パターンがあります。

 

AGAが進行している場合」と、「頭皮の栄養不足の場合」の2つ。

 

短い毛が抜ける場合、一般的にはAGAによる薄毛だといわれることが多いです。
生え際やつむじが薄くなっていき、どんどんハゲてしまうイメージですね。

 

たしかにこのパターンも多いんですが、実は後者が原因で短い毛が抜けることも多いです。

 

当然、抜ける原因によってとるべき対策は変わってくるので、まずは短い毛が抜ける原因を理解しないと始まりません。

 

では一つずつ見ていきます。

 

AGAによる影響

AGAとは、生え際のM字後退や、頭頂部のつむじ周りが薄くなっていく脱毛症のことです。

 

短い毛が抜けているのと同時に、生え際やつむじ周りの薄毛が気になっているならAGAの可能性が高いです。

 

参考:AGA(男性型脱毛症)って何!?原因と対策方法を詳しくご紹介!

 

AGAは、強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響で進行してしまう厄介な脱毛です。
男のハゲはほとんどがAGAだと考えられています。

 

サザエさんに出てくる浪平さんっていますよね。
おでこと頭頂部はツルツルだけど、耳の上だけは毛がある状態。
あれがまさしくAGAの典型的なパターンですね。

 

強力な男性ホルモンDHTが体の中で作られることで、毛の生え代わりの周期(ヘアサイクル)が乱れてしまいます。

 

ヘアサイクルが乱れると、本来成長するはずだった短い毛が抜け落ちる…というわけです。

 

乱れたヘアサイクルが自然に治ることはないので、正しい対策に取り組まないとハゲてしまうというわけです。

 

AGAの対策は、AGAクリニックを受診して薬を使った治療に取り組むのが一番効果的。

 

プロペシアと呼ばれる飲み薬を服用すれば、ヘアサイクルの乱れを治すので抜け毛も落ち着きます。
同時にミノキシジルと呼ばれる薬を使うことで、ハゲてしまった部分に毛を生えさえることもできます(もちろん個人差はありますよ)。

 

ハゲがかなり進行してしまっている人にとっては、自宅で何かできるレベルではないんです。

 

育毛剤やサプリメントを使うのはあくまでも頭皮環境を整える程度なのでAGAに対して効果があまり見られません。
まだ初期なら育毛剤も効果はありますけどね。

 

短い毛が抜けて、生え際やつむじ周りの薄毛が気になっているなら、まずはAGAクリニックに相談してみると良いです。

 

今は無料でカウンセリングしてくれる病院も増えているので、とりあえず見てもらうだけ行くといいですよ。

 

参考:AGAクリニックについて詳しくまとめてみた

 

頭皮の栄養不足

AGA以外で短い毛・細い毛の抜け毛が増えてしまう原因は、頭皮の栄養不足。

 

頭皮の栄養不足っていうのは、髪の毛の生成に必要な栄養素が不足していたり、睡眠不足で成長ホルモンが十分に分泌されていなかったり、運動不足で頭皮の血行が悪くなっていたりすることを意味します。

 

頭皮の栄養不足の場合、生活習慣を見直すことで落ち着くことも少なくないので、自覚している場合は、何よりも生活習慣の見直しが大事です。

 

具体的に、頭皮の栄養不足になってしまう要因をいくつかピックアップしておきます。

飲酒

アルコールを分解するためには、髪の毛を作る元となるケラチン(タンパク質の一種でたくさんのアミノ酸が結合したもの)を使います。

 

そのため、ビールや酎ハイ、ワインなどのお酒をガブガブ飲むと、アルコールを分解するためにケラチンをたくさん消費するので、髪の毛を作るための量が不足してしまいます。

 

その結果、髪の毛に必要なケラチンが不足してしまうので、髪の毛が十分に成長せずに、短い毛・細い毛となって抜けてしまうわけです。

 

ケラチンを合成するアミノ酸には、体内で作ることができない必須アミノ酸と呼ばれるものも含まれています。

 

偏食気味プラスお酒飲みまくりっていう生活は、ケラチンを作る元となるアミノ酸が不足してしまうので、結果として髪にも悪影響になるので要注意です。

 

喫煙

喫煙は百害あって一利なしっていわれる通り、髪の毛にも良くないので要注意。

 

タバコには有害物質のニコチンが含まれているんだけど、ニコチンがビタミンCを破壊してしまうことで、血管を収縮させることが分かっています。

 

髪の毛に必要な栄養素を運ぶ毛細血管の血流が悪くなってしまうため、髪に必要な栄養素が十分に行き渡らなくなることで、短い毛や細い毛が抜けてしまうというわけです。

 

ビタミンCは、保湿成分であるコラーゲンを生成したり、髪の毛の元となるケラチンを作る補助的な役割もしています。

 

飲酒でも書いた通り、ケラチンが不足すると髪の毛にも悪影響となるため、喫煙も同じく要注意な行動といわれています。

 

参考:喫煙(タバコ)は薄毛の原因に!育毛を考えるなら今すぐ禁煙をはじめましょう

過度なストレス

過度なストレスを受けてしまうと、自律神経の交感神経が優位に立ってしまい、血流が悪くなったり、睡眠不足の原因になってしまい、髪の毛にも悪影響が出るので要注意。

 

ストレスがあまりにもひどい場合、自律神経のバランスが乱れることで、うつ症状になってしまったり、自律神経失調症など、髪の毛以外にも様々な症状として出ることが多いです。

 

ストレスが多いと、自律神経の乱れ、血管の収縮による血行不良などによって、髪の毛に悪影響がでるため、短い毛・細い毛の抜け毛の原因といわれています。

 

参考:ストレスによる抜け毛対策を徹底解説!今すぐできる3つのケア方法

偏食・栄養不足

髪の毛を作るために必要なアミノ酸・タンパク質・ビタミン類・ミネラル類が不足していると、髪の毛に十分な栄養が行き渡らないので短い毛や細い抜け毛の原因になります。

 

特に、インスタント麺やコンビニ弁当、冷凍食品などばかり食べている場合、必要な栄養素が不足しがちなので要注意。

 

どうしても必要な栄養素が摂れないって場合、サプリメントを利用するのもありです(僕も使っています)。

 

サプリメントなら、1日数粒を目安に飲むだけで、必要最低限の栄養素は補うことができます。

 

理想は毎日の食事でしっかりと栄養素を補うことだけど、なかなか難しいので、そういう場合はサプリを利用するのを検討してみると良いです(僕が飲んでいるサプリなどは後半で紹介しています)。

運動不足

運動不足になると、筋力の低下、全身の血行不良を招くので髪に良くないです。

 

まず、筋力の低下についてですが、筋力が低下すると男性ホルモンが下がります。

 

男性ホルモンが下がると、より強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)っていうのが作られる原因にもなると考えられています。

 

短い毛や細い毛の抜け毛の原因の一つであるAGAは、強力な男性ホルモンDHTが原因で引き起こされるので、運動不足もその要因の一つだといえます。

 

AGA以外にも、運動不足になると全身の血流が悪くなるので、髪に必要な栄養素が行き渡らなくなる可能性大。

 

どれだけ必要な栄養素を食べても、頭皮にまで運ばれないと意味ないです。

 

特に髪の毛は、生命維持に対する優先度がかなり低いので、栄養素を十分にとったうえで、血流を良くしておくことが必要不可欠です。

睡眠不足

髪の毛を太く長くするためには、睡眠中に分泌される成長ホルモンが超大事。

 

一昔前までは、夜の22時から2時までの間(睡眠のゴールデンタイムっていわれていました)に寝ることで成長ホルモンの分泌が増えるっていわれていたんだけど、最近の研究では眠り始めの3時間くらいに訪れる深い眠りの時に成長ホルモンが最も分泌されることが分かってきています。

引用元:http://www.takamitu.co.jp/suimin.html


成長ホルモンを分泌させるためには、夜更かし云々よりも、質の良い眠りをとることが必要不可欠です。

 

参考:寝不足でハゲて来たら知っておきたい予防・対策方法

 

短い毛・細い毛が抜けた場合の対策

短い毛や細い毛が抜けている場合、早めに対策に取り組むことが必要不可欠。

 

で、短い毛が抜けた場合の対策は、薄毛の進行状況に応じて対策方法が異なってきます。

 

自分の状況に応じた対策に取り組むことで、時間もお金も無駄にせずにすみます。

 

短い抜け毛の対策1:育毛剤や生活習慣の見直し

「短い抜け毛や細い抜け毛が増えたけど、まだ薄毛は進行してしない」
こういう場合、これ以上酷くさせないための予防に取り組むことが必要不可欠。

 

手軽にできる予防方法としては、「育毛剤」を使う、「生活習慣を見直す」の2つを同時にすることが大事。

 

ネットで調べてみると「食事をみなすと良いよー!」「しっかりと寝たら大丈夫!」って書いていることが多いけど、生活習慣の見直しだけで良くなることはほとんどないので気を付けた方が良いです。

 

基本的には、育毛剤を使ったうえで、それにプラスα生活習慣の見直しを取り組むこと。

 

短い抜け毛が増えたときに使っておきたい育毛剤

短い毛が増えている場合、基本的にはAGAの兆候が見えてきている可能性大です。

 

そのため、AGAによる抜け毛を引き起こす原因をブロックする成分を配合した育毛剤を選ぶことが必要不可欠

 

具体的に言えば、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の元となる5αリダクターゼ酵素を阻害する成分が入っている育毛剤を使うべきです。

 

実際に僕が使った中からおすすめの育毛剤を2つ紹介しておきます。

フィンジア:臨床実験済みだからエビデンス重視で選ぶならコレ


フィンジアに配合されているキャピキシルという成分は、5αリダクターゼを阻害する効果が臨床実験で明らかになっています。

 

▼臨床実験で明らかになったデータ

 

このグラフは、キャピキシルを使うことで5αリダクターゼT型とU型の両方を抑制することができたというもの。臨床実験で効果が明らかになっているのは、キャピキシル以外にはないです(僕が調べた限り)。

 

この結果から、世界最大の化粧品原料展でも銅賞を受賞するなど、世界的にも注目されています。

 

また、フィンジア自体も臨床実験を行っており、しっかりと結果を出しているのが特徴です。

 

▼専門雑誌に掲載されていた臨床実験

 

製品として臨床実験を行っているものはまだまだ少ないので、効果を重視するならフィンジアがおすすめ。

 

 

イクオス:コスパが良いから予防にはうってつけ

 

イクオスには、短い抜け毛の原因となるDHTを抑制する成分が10種類以上入っているのが特徴(ただし、フィンジアのキャピキシルのように臨床実験はしていないので、客観的なデータは劣ります)。

 

抜け毛の原因物質を抑える成分が10種類以上も入っている育毛剤は、僕が調べた中ではイクオスのみ。

 

また、イクオスは育毛剤とサプリメントがめちゃくちゃコスパ良く続けられるのも特徴。
育毛剤とサプリのセットが7,000円で買えるので、他の育毛剤よりもかなりお得です。

 

臨床データなどはフィンジアに劣りますが、コスパ重視で選ぶならイクオスがお勧め(僕も約2年間イクオスを使い続けていますよ)。

 

 

短い毛が増えたときに意識したい食生活

短い毛や細い抜け毛が増えた場合、何よりも生活習慣を見直すことが大事。

 

過度な飲酒はやめるのはもちろん、髪の生成に必要な栄養素や、AGAの元となる5αリダクターゼ酵素をブロックする成分を配合した栄養素をしっかりと摂ること。

 

具体的には、髪の生成に必要な「アミノ酸・ビタミン類・タンパク質・ミネラル類」これらは毎日バランスよくとること。

 

また、5αリダクターゼ酵素をブロックする栄養として「ノコギリヤシ・イソフラボン」などもバランスよくとると良いです。

 

「毎日、毎日こんな栄養素摂るの無理ー!」って場合は、サプリメントを飲んでおけばOK(僕も飲んでます)。

 

サプリメントなら1日数粒飲むだけでこれらの栄養素はしっかりとカバーできるので、食事の面での不安はなくなります。

 

僕が実際に飲んでよかったサプリをいくつか紹介しておきます。

ボストンサプリ:臨床実験済みの質を重視するならコレ

 

ボストンサプリは、他のノコギリヤシサプリとは違って、オイルエキスを配合しているのが特徴。

 

ノコギリヤシエキスには、オイルと粉末エキスがあるんだけど、効果が実証されているのはオイル。

 

また、ボストンサプリも臨床実験を行っており、専門誌でも取り上げられていました。

 

しっかりと効果を出しているサプリはまだまだ少ないので、質を重視するならボストンサプリがおすすめ。

 

ただし、ボストンサプリは値段が高いので、その点だけが欠点となっています。

 

 

イクオスサプリ:コスパ重視ならコレ

イクオスサプリEXを実際に飲んでみた

 

「安くてよいものが欲しい!」って場合は、イクオスサプリがお勧め。

 

先ほど紹介した育毛剤イクオスとセットで買えば、月に7,000円ほどで育毛剤とサプリを使えます。

 

このサイトでいろいろな育毛剤やサプリを検証してきているけど、イクオスは質と価格のバランスが良い意味で崩れています(なのでコスパは超良いです)。

 

”質”だけを考えれば後述するボストンの方が優れているんだけど、コスパ重視で選ぶならイクオスがお勧め。

 

 

短い抜け毛の対策2:薬を使う

短い毛や細い抜け毛が増えていて、尚且つ明らかに薄毛が酷くなっている場合は、薬を使った治療を進める必要があります。

 

具体的には、次の2つの薬を使います。

【薄毛治療で処方される薬】

  • フィナスイテリド(又はデュタステリド)…抜け毛の進行抑制効果がある
  • ミノキシジル…発毛効果がある

まず、短い毛や細い抜け毛を抑えるために、フィナステリド(又はデュタステリド)という薬を服用する。

 

この薬は、AGAの原因となるDHTの元になる5αリダクターゼ酵素を阻害する働きが認められています。

 

国内でも認可されているため、薄毛治療を取り扱う病院なら処方してもらえます。

 

この薬で抜け毛の進行を抑えつつ、薄毛になってしまった部位を発毛させるために、ミノキシジルを使います。

 

ミノキシジルは、大正製薬から販売されている『リアップX5』ならドラッグストアで買うことができます。

 

また、より効果が高いとして内服薬のミノキシジルタブレットもあります(こちらは、ドラッグストアでは買えず、薄毛治療を取り扱う病院で処方されます)。

 

既に薄毛が進行している場合、これらの薬を使った薄毛治療に取り組む必要があります。

 

薄毛が酷い場合、残念ながら育毛剤や生活習慣の見直しでは満足できる効果は得られないので専門医を受診するようにしましょう。

 

薄毛治療を取り扱うAGAクリニックについては、次の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

短い毛・細い毛に関するQ&A

初期脱毛で細い毛が抜けやすくなる?

フィナステリド(商品名:プロペシア)を服用した場合、初期脱毛として短い毛・細い毛が抜ける場合があります。

 

これは、休止期に入っていた弱々しい髪が抜けている証拠であり、抜けた後は新しい髪が生えてくるので、全く心配することはありません。むしろ、初期脱毛が起きているということは、フィナステリドが効いている証拠でもあるため、安心して治療に専念するようにしましょう。

 

初期脱毛については「フィナステリド(プロペシア)に初期脱毛はある!?」でさらに詳しくお伝えしているので合わせてご覧ください。

歳を取ると短い毛が抜けやすくなる?

加齢と共に短い毛が抜けやすくなるということは、十分考えられます。というのも、ヘアサイクルには回数の上限があり、それを超えるとヘアサイクルは行われなくなるためです。

 

また、加齢と共に細胞も老化していくわけですから、若い頃のように毛母細胞の細胞分裂も頻繁に行われないことが考えられます。そうなると、加齢と共に短い毛が抜けることも十分ありえるのです。

 

ただし、これらは60代以降の人を対象とした話となります。40代50代の場合は、加齢よりもAGAによる脱毛が進行している恐れがあるため、今回ご紹介したとおり、しっかりと対策を行うようにしましょう。

まとめ


短い毛や細い抜け毛が気になり始めたら、薄毛対策を始める絶好のチャンスです。

 

特に男の場合、男性ホルモンの影響によるAGAが進行し始めているサインでもあるので、育毛剤や薬を使った早めの対策が必要不可欠。

 

もし、「短い毛が増えているけど、自分がAGAなのかどうかわからない」という場合は、一度AGAクリニックを受診してみるのも良い方法です。

 

僕は一度AGAクリニックを受診したことがあるのですが、専門のお医者さんがマイクロスコープで頭皮を見てくれるので、AGAが進行しているのかどうかを見極めることができます。

 

既にお話した通り、AGAが進行していると、生え際や頭頂部の毛は細く短くミニチュア化するので、マイクロスコープで見ればすぐにわかります。

 

短い毛や細い抜け毛が出ている状態を放置すると、ただただ薄毛が酷くなる一方なので早めに対策しておくことをおススメします。

関連記事


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。