頭皮の皮脂のギトギト・痒みを抑えた僕の体験談をまとめてみた

今回は、頭皮の皮脂を抑える方法についてまとめました。
僕が実際に取り組んで効果があった方法についても具体的にまとめました。

頭皮の皮脂が過剰分泌される原因

間違った頭皮ケア(シャンプーが合っていない)

頭皮の脂が過剰分泌してべたつく原因で最も多いのが、間違った頭皮ケアです。
具体的には、次の3つは皮脂の原因になるので要注意。

 

頭皮に良くないシャンプーを使っている

脱脂力や洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと頭皮が乾燥して皮脂が過剰に分泌される原因になります。
ドラッグストアで売っている安いシャンプーを使っている場合は要注意です。

参考:シャンプーの悪い成分・良い成分【髪や頭皮に避けるべき危険な成分】

間違ったシャンプーのやり方をしている

頭皮に合っているシャンプーを選んでも、シャンプーの洗い方が間違っていると意味ないです。
間違ったシャンプーのやり方も頭皮の乾燥による皮脂の過剰分泌を招くので気を付けた方が良いです。

参考:男のための正しい頭の洗い方

頭皮に合っていない育毛剤やヘアトニックを使っている

アルコールや香料など、刺激になる成分がたくさん入っている育毛剤は、頭皮の乾燥・皮脂の過剰分泌の原因になるので要注意。
アルコールに対して反応しやすいって方もいると思うので、そういう場合は、アルコール濃度の低い「ブブカゼロ」などを選ぶと良いです。

 

生活習慣の乱れやストレス

食生活が極端に偏っている場合も皮脂の過剰分泌の原因です。

 

肉中心の生活を続けていると、皮脂の分泌が増える原因になるので要注意。

 

肉だけじゃなくて、脂っぽい食事なんかも皮脂量が増加して頭皮環境を悪化させるので避けた方が良いです。

 

また、野菜(食物繊維)不足は腸内環境が悪化して頭皮環境を悪化させるので要注意。

 

ビタミンB群は皮脂の分泌を抑えたり、コレステロール値にも影響のあるものなのでしっかりと摂っておいた方が良いです。
必要に応じてサプリを使うのもよいです。

AGA(男性型脱毛症)

生え際のM字部分が後退したり、頭頂部のつむじ周りが薄毛になってしまうのがAGA(男性型脱毛症)です。

 

AGAを発症してしまうと、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるホルモンの影響で皮脂の分泌が過剰になることが明らかになっています。

 

参考:AGA(男性型脱毛症)って何!?原因と対策方法を詳しくご紹介!

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が過剰になり、頭皮や顔の常在菌が異常繁殖して赤みや痒み、フケがでる皮膚炎のこと。

 

シャンプーを見直したり生活習慣を変えるだけで治ることはなく、皮膚科などで治療を受ける必要があります。

 

頭皮の皮脂の分泌が多いって場合、脂漏性皮膚炎の予備軍ってことも考えられるので、酷くなる前に対策しておくのが良いです(なったらなかなか治りにくいので)。

 

参考:脂漏性皮膚炎!?生え際にフケ・痒みが発症したので病院で薬をもらいました【完治済み】

 

頭皮の皮脂を抑えられた3つの方法

頭皮の皮脂を抑える方法として僕が特に効果を実感できたのは、次の3つ。

  1. シャンプーをアミノ酸シャンプーに変える
  2. シャンプーのやり方を見直す
  3. ビタミンサプリを飲む

頭皮の皮脂を抑えるアミノ酸シャンプーに変える

これ以上頭皮の乾燥による皮脂分泌を避けるためにも、低刺激でマイルドなアミノ酸系の洗浄成分を配合したシャンプーを使うべきです。

 

アミノ酸シャンプーは洗浄力がかなりマイルドなので、必要以上に皮脂を洗い落とす心配がないです(美容院などでも使われてる)。

 

また、頭皮への刺激も低いので、刺激が原因で頭皮環境が悪化(頭皮の乾燥)につながるリスクも低いので、とりあえず使っておいた方が良いです。

 

とはいえ、最近だとアミノ酸シャンプーの種類もかなり増えているので、どれを選ぶべきかわかりにくいと思うので、実際に僕が使ってよかったものをいくつか紹介しておきます。

 

それぞれ、良い点・欠点があるので、それらを踏まえたうえで合いそうなものを試しに使ってみると良いです。

 

ウーマシャンプー:適度な洗浄力でさっぱり仕上がる


ウーマシャンプーは、低刺激のアミノ酸系の洗浄成分をメインにしつつも、脱脂力のある「オレフィンスルホン酸Na」っていう成分も一緒に入っています。

 

そうすることで、アミノ酸シャンプーよりも脱脂力がやや強いのでさっぱりとした仕上がりを実感できます。

 

また、保湿作用のある馬油が入っているので、脱脂力はあるけど頭皮の乾燥はケアしてくれるっていう仕上がりに。

 

皮脂が気になる時って、できるだけさっぱりした洗い心地が良いと思うので、そういう方にはおすすめ。

 

欠点としては、馬油独特な臭いが少しするので、気になる方は気になるかも。

 

全体的にバランスが良い1本で、比較雑誌のMONOQLOでもシャンプー1位を取っていました。

 

 

haru黒髪スカルプ・プロ:完全無添加で超低刺激


haru黒髪スカルプ・プロは、アミノ酸系の洗浄成分だけを使っているからとにかくマイルドで低刺激。

 

添加物も一切なしで、完全無添加になっているので、頭皮への刺激を最小限に抑えるならコレ。

 

スカルプ成分の「キャピキシル」も入っているなど、頭皮ケアも同時に期待できるシャンプーになってます。

 

ただ、洗いあがりが重たい感じになりがちなので、それをどう感じるかで好き嫌いはわかれるかと思います。

 

コンディショナーなしで使えるっていうのが売りなので、髪をケアする成分が多いことが原因になってます。

 

「頭皮への刺激をできるだけ避けたい」って場合は、haru黒髪スカルププロを選んでおくと良いです。

 

 

ボストンアロマシャンプー:さっぱり仕上げで低刺激


ウーマシャンプーとharu黒髪スカルプ・プロの中間的な立ち位置なのが、ボストンアロマシャンプーです。

 

このシャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分を中心に配合しつつ、脱脂力がそこそこある「ラウレス-5カルボン酸」っていう成分が入っています。

 

この成分が入っていることで、アミノ酸系の成分が中心だけど、適度なさっぱり感を実現しています。

 

また、頭皮の保湿に必要不可欠な「セラミド」なども配合(シャンプーは洗い流すのでどこまで効果はあるかは不明ですが)。

 

欠点を上げるとすれば、ユーカリエキスが入っているのでユーカリの香りがやや強め。

 

僕は嫌な臭いではなかったのですが、気になる方は気になると思います。

 

使い勝手の良い1本になっているというのが率直な感想です。

 

 

スカルプDダンドラフオイリー:薬用シャンプーだから効く


スカルプDダンドラフオイリーは、厚生労働省が効果を認めている有効成分を配合した薬用シャンプー(上記のシャンプーには入っていません)。

 

殺菌効果のある「ピロクトンオラミン」、菌の繁殖を抑えて痒みを防ぐ「ミコナゾール硝酸塩」を配合しています。

 

これらの有効成分が入っているので、他のシャンプーとは違って明確に効果が期待できる。

 

ただし、殺菌作用のある成分などが入っているので、頭皮への刺激はそれなりにあるのが欠点。

 

また、ベースはスカルプDオイリータイプということで、かなりゴワゴワ・ギシギシする使用感になっています。

 

なので、このシャンプーを使うって場合は、別途コンディショナーもセットで買っておくことをおススメします(じゃないとガチでギシギシするので)。

 

効果は認められているけど使用感に難がある…っていうのが正気なところ。

 

とはいえ、他のシャンプーにはない痒みを抑える成分などが入っているので、痒みが酷いって場合は検討してみるのもありです。

 

 

頭皮の皮脂を抑えるシャンプーまとめ

紹介した4つのシャンプーのそれぞれの特徴をまとめておきます。

 

ウーマ haru ボストン スカルプD
脱脂力
使用感 さっぱり しっとり さっぱり さっぱり
香り 馬油の独特な香りが少しする 柑橘系の爽やかな香り ユーカリの香り 清涼感の強い香り
最安価格 3,460円 3,888円 4,298円 3,825円

頭皮の皮脂が気になる場合、以上の中から選ぶと失敗する確率がグンと下がるかと思います。

 

基本的に、刺激は低いけど脱脂力は適度にあるシャンプーを選んだので、皮脂が気になるオイリー肌の方でも気持ちよく洗いやすいものばかりです。

 

ちなみに、僕の場合は皮脂が気になっている時は「ウーマシャンプー」を使っていることが多かったです。

 

この中では一番さっぱりとした洗いあがりになるので、皮脂が気になる時期でも比較的気持ちよく使うことができました。

シャンプーのやり方を変える

シャンプーのやり方を変えるっていうのは、あくまでも良いシャンプーを使う補助的な役割。
シャンプーのやり方を変えるだけで、いきなり皮脂のベタつきがなくなるわけじゃないので、その点だけは注意が必要です。

 

具体的なシャンプーの正しい使い方については、「男のための正しい頭の洗い方」で解説しているので参考にしてみてください。

ビタミンB群のサプリを摂る

僕が脂漏性皮膚炎(皮脂の分泌が酷すぎて発症する皮膚炎)になったときは、シャンプーの見直しと同時にビタミンB群のサプリとっていました。

 

ビタミンB群には、皮脂やコレステロールに関係する栄養素なのでしっかりと摂っておくと良いです。

 

水溶性っていって、水に流れる性質があるので、過剰摂取はそこまで心配ないですし、料理よりもサプリからとった方が手軽です。

 

サプリはいろいろ販売されていますが、僕はドラッグストアで安く買える「ディアナチュラビタミンB群」を飲んでいました。

 

薬じゃないので劇的な効果が出るわけじゃないけど、食生活が偏っているって場合なんかは、取っておくと良いです。

 

ちなみに、脂漏性皮膚炎や皮脂の悩みで病院を受診すると、ビタミンB類の薬を処方してもらえます。

 

僕は頭皮だけじゃなくて顔にも脂漏性皮膚炎が出てしまったことがあるんですが、その時に処方してもらいました。

 

飲み始めて3日ほどで顔の脂漏性皮膚炎の症状がかなり落ち着いたので、ビタミンBはやっぱ効果あるなーって実感したのを覚えています。

 

 

ということで、僕が頭皮の皮脂が酷かったときは、上記3つを見直すことで落ち着くことができました。

 

なので、とりあえずこれらを見直してみてみるのが手っ取り早いと思います。

 

食生活とかストレスが〜っていわれること多いけど、そういうのは実感するまで時間がかかるので、すぐに違いが出やすい上記3つがとりあえずおすすめ。

 

頭皮の皮脂が酷い場合に取り組むと良いこと

頭皮クレンジング

頭皮クレンジングとは、油で皮脂を浮かせて洗い流す方法のことです。

 

普通にシャンプーするのに比べて皮脂がかなり落とせますが、肌刺激も強いのでやり過ぎは厳禁。

 

基本的には、クレンジングしなくてもシャンプーの見直しで落ち着くことが多いです。

 

参考:頭皮クレンジングについて

 

食生活・生活習慣の見直し

脂分の多い食事が中心になっている場合、低カロリーな食事に見直すことも、頭皮の皮脂を抑えるために役立ちます。

 

緑黄色野菜や魚を中心とした食事にすることにより、過剰な皮脂の分泌が落ち着くこともあります。

 

また、スナック菓子・コンビニ弁当などの添加物が多い食事も見直したほうが良いでしょう。

 

ただし、食生活の見直しや生活習慣の見直しは、シャンプーやクレンジングのようにすぐに効果が分かるわけではないです。

 

シャンプーやクレンジングで頭皮の皮脂をしっかりとケアしたうえで、食生活の見直しなどに取り組むと良いでしょう。

 

薄毛治療に取り組む

生え際の後退や頭頂部の薄毛が進行している場合、AGA(男性型脱毛症)が原因で皮脂が過剰になっている恐れがあります。

 

AGAの治療には、専門医で薬を処方してもらう必要があるため、AGAについて心配ならまずは病院を受診することを検討してみましょう(無料カウンセリングを実施している病院も多いです)。

 

参考:AGA治療を本格的に行いたい方へ【AGA専門クリニックの失敗しない選び方】

 

まとめ

頭皮の皮脂が過剰分泌された場合は、次の3つを最優先で見直すこと。

  1. アミノ酸シャンプーに変える
  2. シャンプーのやり方を変える
  3. ビタミンB群サプリを摂る

人によっては、これらを続けるだけで徐々に落ち着いてくる方もいるはず。

 

これでも落ち着かない場合は、同時に次のことにも取り組む。

  • 適度な頭皮クレンジング
  • 食生活などの生活習慣の見直し

多くの場合、ここまでしっかりと取り組めば皮脂が過剰分泌される原因はなくなるので、落ち着くはず。

 

これでも落ち着かないって場合、何か皮脂を過剰分泌させている原因があるはずなので、皮膚科で相談してみた方が良いです。

 

皮膚科に行ってみれば、薄毛(AGA)や脂漏性皮膚炎など、皮脂が過剰分泌される原因に専門医が診察してくれます。

 

もちろん、最初から皮膚科に相談するっていうのも全然あり。
頭皮の皮脂分泌があまりにもひどくなってしまうと、僕みたいに脂漏性皮膚炎っていうのになってしまいますからね(汗)

 

急に皮脂が過剰分泌されるっていうのは、何かしらの悪因があるので、それを見直して頭皮環境を整えてあげることが大事。

 

皮脂の過剰分泌の原因になってしまう原因を取り除き、頭皮に優しい生活を送ることが何よりも大切です。


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。