スカルプエッセンスの失敗しない選び方を徹底解説

 

最近では、スカルプエッセンス・頭皮美容液と呼ばれる新しいスカルプアイテムが注目を集めるようになってきました。

 

スカルプエッセンスとは、化粧品に分類され、医薬部外品の育毛剤に配合できない最新の成分が配合されている商品のこと。

 

今回は、最近話題のスカルプエッセンスに着目して「育毛剤との違い」「配合されている成分」などをお伝えしたうえで、おすすめのスカルプエッセンスをご紹介していきます。

 

これまでの育毛剤とは全く違った成分配合になっているため、思ったように実感できていない方は是非、参考にしてみてください。

 

 

スカルプエッセンス(化粧品)と育毛剤(医薬部外品)の違い


日本の法律では、化粧品・医薬部外品・医薬品という3つがそれぞれ定義され、分類されています。

 

スカルプエッセンス(頭皮美容液)とは、化粧品に分類される商品のことで、厚生労働省が認めている有効成分を規定量配合していない商品のこと。

 

育毛剤とは、医薬部外品に分類される商品のことで、厚生労働省が認めている有効成分を規定量配合している商品のこと。

 

育毛剤は、厚生労働省に定められた範囲内の成分を配合しないといけません。(決められた成分をしっかりと配合することで「医薬部外品」の育毛剤として許可されます。)

 

定められた成分の中には、効果・効能が認められている有効成分があり、育毛剤には有効成分がしっかりと配合されているため、「育毛促進」「抜け毛の予防」といった効果を謳うことが認められています。

 

一方、スカルプエッセンスは、厚生労働省に定められた以外の成分を配合することも可能です。

 

ただし、何を配合しても良いわけではなく、配合可能成分が指定されていたり、配合してはいけない成分が指定されています(化粧品だからと言って危険な成分は入れちゃダメってこと)。

 

【スカルプエッセンスと育毛剤の違い】
  • 育毛剤…厚生労働省が定めた効果が認められている有効成分がしっかりと配合されている。しかし、定められた成分を規定濃度しか配合できない。
  • スカルプエッセンス…厚生労働省が定めた以外の成分もある程度自由に配合することができる。しかし、効果が認められている有効成分は配合されていない。

 

簡単にまとめると、育毛剤は効果が認められている成分が配合されている一方、最新の成分(厚生労働省が定めていない成分)を配合することはできません。

 

一方、スカルプエッセンスは、厚生労働省の定める成分以外にも安全性を重視したうえで最新の成分も配合できるようになっています。

 

スカルプエッセンスと育毛剤はどっちが効くのか?


スカルプエッセンスには、世界的にも話題になっている「キャピキシル」「リデンシル」といった成分が配合されています。

 

これらの成分は、しっかりと臨床実験を行っており、その優位性については明らかになっているのが大きな特徴。

 

一方の育毛剤には、厚生労働省が効果を認めている有効成分が入っているので、「薄毛に効く!」と謳うことができます。

 

で、一番気になるのが、「どっちが効くの?」ってことだと思います。

 

結論から言えば、基本的にはどちらが効くというのではなく、商品(配合されている成分)によって差がある、というのが僕の考えです。

 

医薬部外品や化粧品として分類されているのは、効果の有無ではないです。
スカルプエッセンスは、薬機法上「薄毛に効く!抜け毛予防に効果的!」っていうことが言えません。

 

なので、どうしても比較すると医薬部外品の方が効きそうなんだけど、結局は成分次第、商品次第です。

 

医薬部外品の中でも優れている育毛剤はたくさんありますし、逆に医薬部外品でもイマイチなモノもあります。
一方、薄毛に効く!とは言えないけど、臨床実験までしているスカルプエッセンスもあります。

 

医薬部外品と化粧品を比較するのではなく、それぞれの商品の成分を比較して、より良いものを見つけるのがベストです。

 

スカルプエッセンスが注目されている3つの理由

 

臨床実験済みの成分が配合されている

スカルプエッセンスには、臨床実験済みの成分や、世界的に有名な賞を受賞した最新の成分が配合されています。

 

具体的には、「キャピキシル」「ピディオキシジル」「リデンシル」などの成分を配合したスカルプエッセンスが続々と販売開始されています。

 

これらの成分は、成分を開発した企業や研究チームが臨床実験を発表して、世界中に公開しています。

 

医薬部外品の育毛剤には、配合されていない成分ばかりなので、エビデンス重視で選びたい方から支持されています。

 

配合濃度の規制に関わらず成分を配合できる

スカルプエッセンスは、配合できる成分の種類が多いだけでなく、その濃度も規制が緩いので高濃度で配合することが可能です。

 

粗悪な育毛剤の中には、育毛成分の濃度を薄めているものもありますが、スカルプエッセンスなら高濃度の成分を実感することが可能です。

 

もちろん、スカルプエッセンスの中にも水で薄めたような粗悪な商品もあるため、選び方には十分注意する必要があります(詳しくは後述します)

 

配合成分をすべて表記されているので安心して選べる

スカルプエッセンスは、配合している成分をすべて表示しなければいけない決まりがあります。
配合成分がある程度自由な代わりに、しっかりと何が配合されているのかを表示しないといけないんですね。

 

逆に言えば、全ての配合成分が表記されているため、安心して選ぶことができます。(当サイトでは、各商品の配合成分を詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。)

 

 

これらの3つのメリットがあるため、スカルプエッセンスを利用する方が増えてきています。

 

しかし、スカルプエッセンスでもすべての商品が良いわけではありません。粗悪な商品を間違って買ってしまわないために、次の点に注意して選ぶようにしましょう。

 

スカルプエッセンスを選ぶ上で注意すべき点

 

期待できる成分が配合されているか

スカルプエッセンスといっても、配合されている成分は商品によって全然違います。

 

中には、単にうるおい保湿成分などの頭皮環境を整えるためだけの成分しか配合されていないものもありますし、数種類しか成分が配合されていないものもあります。

 

そのため、事前にどのような成分が配合されているのかを知るってことが大事。

 

スカルプエッセンスは、配合成分をすべて表記しないといけないため、気になる商品があれば、まずは成分を確認することが重要です。

 

成分を選ぶ場合、「臨床実験などは行われているのか?」というのを特に注意深く見ると信ぴょう性が高くなります。

 

刺激が強い成分が入っていないか

臨床実験などを行った最新成分が含有されていることが多いですが、同時に刺激が気になる成分が入っているものも多いです。

 

特に「香料」や「アルコール系」の成分については、肌刺激を感じる方が多いので注意が必要。

 

どれだけ期待できる成分が入っていても、肌トラブルを起こしてしまうと続けることはできないです。

 

肌が弱い方や、過去に育毛剤で肌トラブルになったことがある場合、特に添加物には気を付けておいた方が良いです。

 

続けられる価格かどうか

スカルプエッセンスは、最新成分が含有されているということもあり、医薬部外品の育毛剤よりも価格が高いものが多いです。

 

育毛剤の場合、6,000円前後が相場ですが、スカルプエッセンスは8,000円以上するものが多いです。

 

どれだけ良い商品でも、続けなければ効果を実感することはできません。

 

個人的には、めちゃくちゃ良い商品を1か月だけ続けるよりも、そこそこな商品を1年使ったほうが良いと思っています。

 

最低でも半年程度は続けられる価格かどうか、成分とのバランスもチェックしておいた方が良いです。

 

 

では、最新の育毛成分を配合した話題のスカルプエッセンス4商品を成分・使いやすさ・価格で徹底比較しました。

 

全て実際に使ったからこそ分かるリアルな比較をしてみたのでチェックしてみてください。

 

スカルプエッセンス人気4商品を徹底比較

 

フィンジア

ボストン

ザスカルプ

Deeper3d

キャピキシル

5%

5%

5%

5%

ピディオキシジル

2%

1.5%

-

-

抗男性ホルモン

3種類

2種類

1種類

4種類

浸透技術

SPFテクノロジー採用

-

-

海洋深層水配合

ボトルタイプ

スプレー

スポイト

ノズル

スポイト

価格

9,980円

12,800円

10,000円

13,860円

返金保証

-

 

 

成分・使いやすさ・価格を比較したうえで、総合的におすすめできるスカルプエッセンスをランキングにしました。スカルプエッセンス選びの参考にしてみてください。

 

スカルプエッセンスおすすめランキング

フィンジアの特徴
  • キャピキシル5%配合
  • ピディオキシジル2%配合
  • ヘアサロン美容師も絶賛!
  • キャピキシルを低価格で試せる!
価格
9,980
評価
評価5
備考
臨床実験で結果を出した1本
フィンジアの総評
キャピキシルとピディオキシジルを高濃度で配合した唯一のスカルプエッセンス。 フィンジアは、スカルプエッセンスとしては珍しく臨床実験を行い、しっかりと結果を出している1本。 1日2回を半年つづけたことで、毛穴本数が有意に増加、毛髪密度及び毛髪成長速度の改善が認められています。 エビデンス重視で選ぶなら間違いなしの1本。

バイタルウェーブの特徴
  • キャピキシル5%配合
  • 成長因子2%配合
  • リデンシル配合
価格
8,200
評価
評価4
備考
コスパ重視で選ぶならこれ!
バイタルウェーブの総評
キャピキシル5%配合の商品を最安値で試せるのがバイタルウェーブの特徴。他にも「成長因子」「リデンシル」など、話題の成分を豊富に配合しているので、コストパフォーマンスはめちゃ高いです。

スカルプエッセンスでフィンジアが選ばれている理由!

 

効果重視、エビデンス重視で選ぶなら使っておきたいのがフィンジア。

 

フィンジアは、男性型脱毛症(AGA)で悩む10人の男性を被験者とした臨床実験で、しっかりと結果を出しているのが他の商品との違い。

 

臨床実験では、24週間にわたってフィンジアを使い続けることで、毛髪密度及び毛髪成長速度の改善傾向が観察されています。

 

スカルプエッセンスを使った臨床実験というのはほとんど行われていないので、エビデンス重視で選びたい方にお勧め。

 

→ フィンジアの公式サイトへ

 

関連記事

  1. フィンジアを自腹購入した本音口コミ!成分・効果を徹底検証!
  2. バイタルウェーブの効果・成分を徹底まとめ【自腹購入して実際に使ってみました】

よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。