ボストン(BOSTON)アロマシャンプーがリニューアルで大幅進化!早速使ってみました!

ボストンアロマシャンプーリニューアル

 

ボストンサプリ」でお馴染みの株式会社エスロッソさんから販売されている『ボストンアロマシャンプー』が大幅リニューアルを実施しました。

 

今回のリニューアルで、ボストンアロマシャンプーに配合されている成分がめちゃくちゃ良くなりました^^

 

正直、以前のシャンプーは刺激の強い成分が入っていたので躊躇していたのですが、今回は文句なし。

 

今回は、新ボストンアロマシャンプーを実際に使ってみましたので、その感想や成分について詳しくお伝えしていきます。

 

▼ボストンアロマシャンプーの公式サイトはこちら▼

 

ボストンアロマシャンプーの成分を徹底解析!

ボストンアロマシャンプー成分解析

ボストンアロマシャンプーのリニューアルで変わった内容としては、

  • 刺激が気になる成分がほとんどなくなった!

という点です。

 

具体的に、ボストンアロマシャンプーに配合されている成分を見ていきますね。

 

洗浄成分

ラウレス-5カルボン酸Na、コカミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミンオキシド、ココイルリンゴアミノ酸Na

 

まずは、シャンプーの良し悪しを決める一番重要な洗浄成分からチェックしていきます。

 

配合濃度の最も高い「ラウレス-5カルボン酸Na」は、弱酸性の石鹸系洗浄成分です。石鹸系の洗浄成分なので脱脂力はありますが、低刺激の成分になっています。

 

そのため、オイリー(脂性)肌の方や、夏場の汗をかきやすい時期にはちょうど良い洗浄力に仕上がっています。

 

また、低刺激でマイルドな洗浄力の次のアミノ酸系の洗浄成分も配合されています。「コカミドDEA」「ココイルメチルタウリンNa」「ココイルグルタミン酸TEA」「ココイルリンゴアミノ酸Na」

 

洗浄成分を見ると、適度な脱脂力はあるものの、低刺激の成分をバランスよく配合しているのが特徴です。

 

「ラウラミンオキシド」が配合されているため、泡立ちも良くなっているのも◎

 

頭皮環境を整える

水溶性コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解シルク、加水分解水添デンプン、セラミド3、グリチルリチン酸2K、ラウロイルメチルアラニンNa、ユーカリ葉油、ティーツリー葉油、ヒノキチオール、オランダガラシ葉 / 茎エキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セイヨウキズタ葉 / 茎エキス、セージ葉エキス、レモンエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、センブリエキス、リボフラビン、ポリクオタニウム−10、グリコシルトレハロース、ベタイン、パンテノール、プルラン、ポリクオタニウム−51、グリセリン

 

髪・頭皮の保湿成分などもしっかりと配合されています。「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「グリセリン」などのうるおい成分もたっぷりと入っているのは良いですね。

 

また、ボストンアロマシャンプーは、シリコンが配合されていないノンシリコンですが、「ポリクオタニウム-10」「ポリクオタニウム-51」などのケア成分が配合されているため、キシキシしにくい成分配合になっています。

 

ノンシリコンシャンプーによる髪のキシキシは、髪と髪とが擦れることによって生じる摩擦が原因です。

 

キシキシは、切れ毛や抜け毛の原因にもなる恐れがあるため、ボストンアロマシャンプーのようにケア成分を配合しているのは良いです。

 

「ノンシリコンシャンプーで髪がキシキシして悩んでいる…」という場合、ボストンアロマシャンプーを試してみることをお勧めします。その違いを実感できるはずですよ。

 

添加物

フェノキシエタノール、カラメル

 

ボストンアロマシャンプーには、防腐剤の「フェノキシエタノール」と、着色料の「カラメル」が配合されています。

 

防腐剤フェノキシエタノールに関しては、特に気にする必要はないですね。シャンプーを腐らずに守るための成分ですし、そこまで刺激として心配する成分ではありません。

 

残念なのは、着色料として「カラメル」を配合している点。

 

カラメルは、天然の着色料なのでそこまで刺激が気になるわけではないですが、「シャンプーに必要あるの?」と思ってしまうのが正直なところ。

 

今回のリニューアルで他の成分がめちゃくちゃ良くなっているので、「なぜこれを配合したのだろう…」と疑問に思ってしまいました。

 

とはいえ、そこまで気にしなくても良いですけどね。

 

ボストンアロマシャンプーの成分評価

ボストンアロマシャンプー成分解析

ボストンアロマシャンプーに配合されている成分を見てきましたが、「オイリー(脂性)肌の人向けにお勧め」できるシャンプーに仕上がっていました。

 

洗浄成分には、低刺激だけど脱脂力のある成分が配合されているので、「頭皮の皮脂が気になるけど、刺激が強いのは抵抗がある…」という方に良いですね。

 

夏場などの汗をよくかく時期は、普通肌の方でも満足して使えるようになっています。

 

「アミノ酸シャンプーだと皮脂汚れが気になる」と悩んでいるなら使ってみる価値はありです。

 

また、ノンシリコンでありながらキシキシしないよう工夫されているのも◎

 

髪のキシキシは、切れ毛・抜け毛の原因になるので、この辺りをしっかりとカバーしているのは素晴らしいです。

 

今回のリニューアルで、ボストンアロマシャンプーの質がウンと上がったのは間違いなし。

 

乾燥肌・敏感肌の方が使うと少し脱脂力が強い感じがしますが、普通肌・オイリー肌の方なら試してみる価値はある1本に仕上がっています。

 

 

ボストンアロマシャンプーを実際に使ってみた評価!

 

では実際に、ボストンアロマシャンプーを使ってみたので、その評価・乾燥をお伝えしていきます。

 

公式サイトを見るだけではわからないリアルな使用感を参考にしてみてください。

 

粘り気のあるシャンプー液

ボストンアロマシャンプー成分解析

ボストンアロマシャンプーは、オレンジっぽいシャンプー液でねっとり粘り気があるのが特徴です。

 

香りは、ユーカリ?ハッカ油?などが混ざったような珍しい香り。

 

嫌な臭いではないですけど、めちゃくちゃ良い香り!というわけでもなく、特に気にならない感じです。

 

泡立ちは文句なし!かなりモコモコの泡に

ボストンアロマシャンプー成分解析

ワンプッシュ出して泡立ててみましたが、写真の通りめちゃくちゃ気持ちよいくらい泡立ちます。

 

しかも、きめがとても細かいので、テレビCMのような泡立ちです。

 

ボストンアロマシャンプーの成分には、泡立ちを安定させる成分も配合されているので、この辺りも計算されつくしているのが凄いですね。

 

シャンプーするときは、シャンプー液をそのまま使うのではなく、まずはしっかりと泡立ててから洗うのが基本。

 

ボストンアロマシャンプーでは、泡立ちがとても良いので、めちゃくちゃ気持ちよく洗うことが出来ますよ。

 

ちなみに、メントールなどのスースーする爽快感はありません。頭皮・髪に優しい洗い上がりになるので、気持ちよかったです。

 

ボストンアロマシャンプーの使用方法は普通と違う

ボストンアロマシャンプー成分解析

ボストンアロマシャンプーのボトル裏面には、使用方法が記載されているので、使う前にしっかりと確認しておきましょう。

 

多くのシャンプーは、手にプッシュしてそのままシャンプーしますが、ボストンアロマシャンプーは次のように使うのが正しい方法です。

 

【ボストンアロマシャンプーの正しい使用方法】

  1. 髪を十分にしめらせてから、適量を手のひらにとり、髪全体をなじませ、軽く洗い流します。
  2. 再度適量を手に取り、頭皮をマッサージするように丁寧に洗い、十分に洗い流してください。

 

要は、一回軽く洗ってから、二回目でしっかりと洗うというわけですね。

 

2度洗いをして大丈夫!?
使用方法を見た方の中には、「2度洗いは良くないはずだけど、大丈夫!?」と思った方もいるはずです。

 

ボストンアロマシャンプーのような低刺激のシャンプーの場合、2度洗いは問題ないです。

 

というのも、アミノ酸シャンプーなどもそうですが、低刺激のシャンプーの場合、1回目でワックスなどのスタイリング剤を落とす役目、2回目でしっかりと洗浄するという役目があります。

 

市販されているような硫酸系の洗浄力が強い場合は、1回でよいですが、低刺激の場合は、こうすることでしっかりと汚れを落とすことが出来ます。

 

もちろん、ワックスなどをつけていない場合は1回でも大丈夫です。僕自身、休みの日でずっと家にいる場合は、1回シャンプーだけでも問題なく快適に使えました。

 

ただ勘違いしてはいけないのは、1日に2回(朝と夜など)シャンプーするのは、頭皮への刺激になるのでやめておきましょう。

 

【まとめ】

  • ボストンアロマシャンプーで二度洗いはOK!(メーカー推奨)
  • ただし、1日2回(朝と夜など)シャンプーを2回するのはNG!

 

ボストンアロマシャンプーの総評:頭皮の皮脂が気になる方にお勧めのシャンプー

ボストンアロマシャンプー成分解析

ボストンアロマシャンプーに配合されている成分、実際に使った評価をお伝えしてきましたが、総評としては「皮脂が気になる方にお勧めのシャンプー」に仕上がっているという感想です。

 

リニューアル前には、刺激の気になる成分も入っていましたが、今のボストンアロマシャンプーにはありません。

 

低刺激の成分だけをうまくまとめているので、頭皮・髪に優しいシャンプーになっています。

 

また、泡立ちやノンシリコンなのにキシキシしないなど、使用感にまでこだわっているのは良かったです。

 

【ボストンアロマシャンプーがお勧めな人】

  • 頭皮の皮脂が気になる人
  • 低刺激で脱脂力のあるシャンプーを使いたい人
  • ノンシリコンだけどキシキシ市内シャンプーを使いたい人

 

このような方は、ボストンアロマシャンプーを使うことで毛髪ケアをしっかりと行うことができます。

 

特に、頭皮の皮脂が気になるなら一度使ってみることをお勧めします。

 

一方、次のような方には、ボストンアロマシャンプーをお勧めできません。

 

【ボストンアロマシャンプーをお勧めできない人】

  • 乾燥肌・敏感肌で悩んでいる人

 

脱脂力のある成分が配合されているので、乾燥や敏感で悩んでいる場合は、他のシャンプーを使ったほうが良いでしょう。

 

 

以上、ボストンアロマシャンプーについてのガチ評価レビューでした。

 

今回のリニューアルで中身が大きく変わり、本当に良いシャンプーにバージョンアップしています。

 

頭皮の皮脂が気になる方、低刺激で気持ちよく洗いあげたい方は、一度試してみることをお勧めします^^

 


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。