【頭皮タイプ悩み別】育毛シャンプー全部使って比べてみた

 

抜け毛や薄毛が気になり始めたことがきっかけで、育毛シャンプーやスカルプシャンプーに変えるって方多いと思います。

 

ただ、「育毛シャンプー」って検索しても、おすすめランキングとか多いし、「結局俺には何が合うねん!」って悩んでいる方多いはず。

 

実は僕も、抜け毛が気になり始めたことをきっかけにシャンプーをこだわるようになったのですが、正直違いがわからねーって感じでした。

 

それからは、お医者さんが書いた専門書とか読んで勉強して、今では基本的な違いについてはわかるようになりました。

 

▼読んだ本の一部

 

これまで、スカルプDやサクセスなんかの市販のものから、ネットで買える5,000円以上するシャンプーまでいろいろ試してきました。

 

シャンプーを選ぶ時のポイントっていうのがあるので、今回はそういうのを踏まえたうえで、おすすめの育毛シャンプーについてまとめておきます。

※女性向けの育毛シャンプーについては、こちらの記事で紹介しているのでどうぞ。
女性向けの育毛シャンプーランキングはこちら

 

育毛シャンプーの効果とは


そもそもですが、育毛シャンプーってなんやねん?ってことからお伝えしておきます。

 

育毛シャンプーっていうのは通称で、本来はスカルプシャンプーって呼ぶのが正解。

 

育毛シャンプーって名前だけど、使ったからと言って毛が生えたり薄毛に効果があるわけではないです。

 

このブログでよく書いていますが、抜け毛や薄毛が気になり始めているならシャンプーよりも育毛剤を優先して選んだほうが良いです。

 

もちろんガチで対策するなら、育毛剤もシャンプーも両方良いものを使うべきだけど、とりあえず予防程度にって考えているなら育毛剤が優先。

 

育毛剤には薄毛に効果的な有効成分や、臨床実験で結果を出した成分が入っているけど、シャンプーには入っていないですからね。

 

これは超大事なので覚えておいてください。

 

ちなみに、僕が今使っている育毛剤は「育毛歴4年の僕が使っている育毛グッズまとめ」で詳しくお話しているので、参考にしてみてください。

 

で、育毛(スカルプ)シャンプーの効果っていうのは、頭皮環境を整えて髪の毛が育ちやすい環境を整えてあげることです。

 

抜け毛や薄毛が気になる場合って、頭皮が乾燥してしたり、皮脂が過剰に分泌されてギトギトしていることがほとんど。頭皮が健康的な状態なのに抜け毛が酷いってあんまりないですから。

 

なので、頭皮環境を整える成分が入った育毛シャンプーを使うってわけです。

 

↑目次に戻る

 

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

普通のシャンプーっていうのは、ドラッグストアやスーパーで売っているシャンプーのこと。

 

大きな違いは、「洗浄成分」「添加物」「スカルプ成分」の3つ。

 

育毛シャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を配合しているから頭皮に優しい

シャンプーには、洗浄成分っていう汚れを洗い落とすための成分が入っています。

 

ドラッグストアで売っている1,000円前後の安いシャンプーには、「硫酸・石油系(高級アルコール系)」って呼ばれる成分が入っています。

 

【刺激が強過ぎる主な硫酸系の洗浄成分】

  • ラウレス硫酸Na(ナトリウム)
  • ラウリル硫酸Na(ナトリウム)
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム

 

頭皮トラブルが特に気にならなければこれらの成分でも良いけど、抜け毛や薄毛が気になっている場合は要注意な成分なんです。

 

硫酸系と呼ばれる成分が入ったシャンプーは、「1.必要以上に皮脂を洗い落とす」「2.必要以上に頭皮が乾燥する」ってことになりがち。

 

特に「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」っていうのは、頭皮のうるおい保湿に必要な「MNF(天然保湿因子)」「セラミド」をごっそり洗い落とします。

 

なので、頭皮が乾燥してしまって抜け毛や痒みに繋がったり、皮脂の過剰分泌に繋がったりしてしまいます。「市販の安いシャンプーは良くないよ」って言われるのはこのため。

 

ちなみに、石鹸シャンプーっていう石鹸成分を原料にしたものもありますが、これも刺激がそれなりに強いので刺激が心配な場合は要注意。

 

【石鹸性の主な洗浄成分】

  • 石けん素地(カリ石けん素地)
  • 石けん分(純石けん分)
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム

 

石鹸って何となく低刺激で肌に優しそうなイメージあるけど、硫酸系と同じくらい脱脂力も強いです。あと、髪がきしんだりするので、切れ毛の原因になることも…。

 

で、育毛シャンプーやスカルプシャンプーには、アミノ酸系っていう低刺激な成分が使われていることがほとんど。

 

アミノ酸系の成分は、必要以上に皮脂を洗い落とすことがないので、頭皮トラブルが起きている抜け毛や薄毛が気になる人にはぴったり。

 

美容院でシャンプーしてもらうと超気持ちよく快適な感じになること多いけど、あれはアミノ酸系のシャンプーを使っているから。

 

【主なアミノ酸系・低刺激の洗浄成分】

  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ココアンホ…
  • ココイル…
  • ヤシ油脂肪酸
  • グリシン

 

「そんなに良いシャンプーならどうして市販されていないの?」って気になりますが、実は原料が超高い。

 

なので、ドラッグストアとかで1,000円前後では販売できないんです。

 

安いシャンプーは添加物が多いのも問題

1,000円前後で売られている安いシャンプーは、添加物もたっぷり入っているものが多いです。

 

防腐剤とか着色料とかキレート材とか…。

 

頭皮や毛髪に特にトラブルがないなら良いですが、抜け毛や薄毛などの頭皮トラブルが起きている場合は、添加物も要注意。

 

添加物が原因で刺激になってしまうことも珍しくないので、そういうのはできるだけ避けること。

 

育毛シャンプーには、余計な添加物が入っていないものが多いので、その点でも使うメリットがあります。

 

スカルプ成分が多いからうるおい保湿などの働きもある

あとは、スカルプ成分といって、うるおい保湿や血行促進などの働きのある成分が育毛シャンプーには入っています。

 

シャンプーは洗い流すのでどこまで浸透するかは不明ですが、やっぱりないよりはあったほうが良い。

 

特に、ドライ後の髪にボリュームを出させたりする成分もあったりするので、普通のシャンプーよりも仕上がりが良いものも多いです。

 

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いはこんな感じ。

 

抜け毛や薄毛が気になっているなら、育毛シャンプーを選んでおいた方が無難。普通のシャンプーだと、シャンプーが原因でさらに頭皮環境が悪くなるってこともあるので。

↑目次に戻る

育毛シャンプーの選び方


「育毛シャンプーって、いっぱいあるけどどれが良いの?」

 

育毛シャンプーを選ぶ時は、次の3つのポイントさえ確認しておけば、失敗する確率はグンと下げられます。

【育毛シャンプーを選ぶ時のポイント】

  1. 洗浄成分は低刺激のアミノ酸系を主にしている
  2. 余計な添加物は刺激になるので避ける
  3. 頭皮タイプに合ったものを選ぶ

洗浄成分は低刺激のアミノ酸系を主にしている

シャンプー選びで一番大事なのは、洗浄成分。

 

最近だと、「ノンシリコン」「オーガニック」っていうのが人気だけど、そんなことよりも洗浄成分を優先させることが大事。

 

極端に言えば、ノンシリコンやオーガニックのシャンプーでも、洗浄成分が硫酸系を使ってたら頭皮や髪が痛む可能性あり。

 

逆に、洗浄成分はアミノ酸系で低刺激のモノだけなら、シリコンや添加物が多少入っていても問題ないですから。

 

洗浄成分は、シャンプーの中では水の次に多く入っているので、とにかくここにこだわること。基本的にアミノ酸系の洗浄成分を選んでおけば間違いなしです。

 

※注意)安物のアミノ酸系シャンプーには要注意!

 

最近では、ネットや美容師さんのアドバイスの影響でアミノ酸シャンプーの知名度もかなり高くなってきました。

 

その影響かどうかはわかりませんが、ドラッグストアやスーパーの安価なシャンプーでも「アミノ酸系成分配合!」って書かれているものがチラホラあります。

 

しかし、成分表をチェックしてみると、刺激が強い硫酸系成分をメインとして、アミノ酸系は少ししか入っていない…ってものも多いので気を付けてください。

 

選ぶべきは、アミノ酸系がメインとなっているもの。硫酸系が入っているものはできるだけ避けることが大事。

余計な添加物は刺激になるので避ける

「安息香酸ナトリウム」「着色料」などなど、刺激が気になる成分が入っているものは要注意。

 

添加物が全く入っていないものが良い!っていうわけでもないですが、刺激が心配されているものが入っているシャンプーをわざわざ選ぶ必要もないです。

 

特に、抜け毛や薄毛など頭皮トラブルが気になっている場合は、特に気を付けておくと良いです。

 

人によっては、添加物が原因で肌トラブルを起こしてしまうこともありますので…。

 

【気を付けるべきシャンプーの成分】

  • 安息香酸ナトリウム
  • 着色料
  • 香料
  • アルコール系(エタノールなど)
シリコンは悪い成分ではないので髪質に応じて使い分ける

シャンプーの添加物の話になると必ず出てくるのがシリコン。

 

シリコンについてネットで調べてみると「毛穴に詰まって抜け毛になる」「かゆみの原因になる」ってネガティブな情報をよく見かけるんだけど、実際は毛穴に詰まるような大きさじゃないので、毛穴に詰まって抜け毛になることはないです。

 

実際、資生堂の研究結果でも毛穴に詰まらないことは明らかになっています。

 

資生堂が行った実験では、シリコンが入っているシャンプー・コンディショナーを使った場合、ノンシリコンシャンプー・コンディショナーを使った場合で、3か月後に地肌の状態の変化を観察しています。

引用元:http://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/silicone.html


その結果、どちらの場合も頭皮の状態に差がないことが明らかになっています。

 

シリコンについては、入っていれば髪のキューティクルを保護してくれますし、なければ保護してくれないのでギシギシしがち。

 

そのため、髪が乾燥してバシバシしている場合は、シリコンが入っているシャンプーを選んだほうが使用感は良いです。

 

ただし、あまりにも過剰な量が入っている場合、すすぎ残しによる頭皮のベタつきなどの原因になることもあり、スカルプシャンプーの大半にはシリコンは入っていないです。

 

スカルプシャンプーの多くは、シリコンが入っていない代わりに、別のケア成分が入っていることがほとんど。

 

特に今回紹介しているシャンプーは、別途ケア成分が入っていて、キシキシしにくいものを選んでいます(キシキシするのは髪に良くないので)。

頭皮タイプに合ったものを選ぶ

シャンプー選びで意外と見落とされがちなのが、自分の頭皮状況にあったものを選ぶってこと。

 

当たり前だけど、頭皮が乾燥している人と、皮脂が多くてギトギトしている人は、使うべきシャンプーが違います。

 

よく、「育毛シャンプーおすすめランキング」で1位から10位くらいまで紹介しているのがあるけど、肌質を考慮していないと高確率で失敗しがちなので気を付けてください。

 

頭皮の肌質によって、重視する成分やポイントっていうのが少しずつ違ってきます。

 

このページでは、「普通肌」「敏感肌・乾燥肌」「脂性肌」「フケ・痒み」「臭い」の5つの肌質・悩みに応じて、それぞれシャンプーを厳選して紹介しています。

 

もちろん全部僕が使って、成分の基準をクリアしているのはもちろん、使用感も問題なかったものを選んでいます(個人差はあると思いますが)。

 

 

シャンプーって、適当に選んでしまうと、高いお金出したのに全然よくねーってことが普通にあるので特にこの3つの点には気を付けてください。

 

あと、シャンプーって合う合わないの個人差がめっちゃ強いから、とりあえず試してみるってことも意外と大事。

 

僕は成分が良いと思って買ったのに使用感全然ダメだったり(超キシキシする)、口コミで評価良かったから使ってみると全然合わずに痒くなったりってことが良くあります。

 

成分や口コミを参考に選ぶしかないけど、合う合わないはあるので、それは理解しておいた方が良いです。

 

ということで、肌質別におすすめのシャンプーをいくつか紹介しておきます。

 

一応、全部僕が実際に使ってよかったものだけを厳選していますし、成分を考慮して紹介していますので参考にしてみてください。

 

普通肌向けにお勧めの育毛シャンプー

※普通肌タイプ
頭皮は乾燥もしていないし、皮脂も特に気にならない。過去にシャンプーで刺激を感じたこともない。

まずは、基本的にどんなシャンプーでも刺激に感じにくく、乾燥や皮脂のベタつきも気にならない普通肌向けについて。

 

僕は冬は乾燥しがちなんですが、春夏秋は特にトラブルなく快適に過ごせている普通肌タイプ。

 

普通肌タイプの人は、「洗浄成分」「スカルプ成分」を重視して選ぶと良いです。

 

低刺激で使いやすいアミノ酸系の成分を配合したうえで、スカルプ成分がたっぷりと配合されているものを選ぶのがベスト。

 

添加物もある程度ならピリピリしたりしないと思うので、洗浄成分重視で選べば間違いなし。

 

あとは、使用感も気になる方はチェックして選ぶと良いです。

 

【普通肌向けの育毛シャンプーの選び方】

  1. アミノ酸系の洗浄成分を配合
  2. スカルプ成分を配合

チャップアップシャンプーは低刺激で香りが良いから使いやすい

 

僕が1年以上使っているのが「チャップアップシャンプー」です。

 

人気育毛剤チャップアップと同じメーカーさんが出しているシャンプーなんですが、美容院でも使われているようで、使用感がめっちゃ良いのでお気に入り。

 

一般的な育毛シャンプーって、ちょっとごわついたり、泡立ちが悪かったりしがちですが、このシャンプーはめっちゃ使いやすい。

 

フルーティーなほんのりと甘い香りが良いですし、ノンシリコンだけどキシキシしたりごわついたりすることもないです。

 

洗っている時やすすぎ時も、まったくごわつかないので快適にシャンプーすることができます。

 

 

配合成分は低刺激のアミノ酸系成分を中心に、余計な成分が入っていないのもポイント。

 

スカルプ成分が他のシャンプーよりも豊富に入っているので、洗いあがりも快適です。

 

僕が初めて使ったときは、ドライ後のボリューム感が増したように感じたので、それ以降もずっと使っています。

 

欠点としては、「香料」が入っていること、「低刺激過ぎるので、皮脂の洗い残しの可能性がある」ってこと。

 

「香料」が入っているので、敏感肌や添加物が心配な方には向かないです。香料って、市販シャンプーの多くに入っているんだけど、実は肌刺激が多めな成分(確か100人に1人の割合とか)。

 

また、アミノ酸系の洗浄成分だけを使っていて、しかもアミノ酸系の洗浄成分の中でも特にマイルドな成分だけを配合しています。

 

その結果、頭皮には優しいけど、皮脂の洗い残しが気になるって方もチラホラ。

 

特に、これまでスーパーやドラッグストアで安い硫酸系のシャンプーを使っていた場合、すっきり感はかなり落ちます。

 

なので、オイリー肌向けにはお勧めできないのですが、普通肌や敏感肌、乾燥肌タイプなら使いやすくなっています。

 

僕は1年以上使っていますが、全くトラブルなく快適に使えているので、普通肌の人なら問題なく使えると思います。

 

育毛シャンプー選びで悩んだらとりあえずこれ。

 

→ チャップアップシャンプーの公式サイトへ

 

スカルプDドライタイプ

 

「低刺激で皮脂や汚れをしっかりと洗い落としたい!」「さっぱりした仕上がりが良い」って方にお勧めなのが、スカルプDドライタイプ。

 

過去のスカルプDは、すすぎ時のギシギシ・ゴワゴワ感が酷すぎたので、あまり良い印象がなかったというのが正直なところ。

 

最新版の13代目ドライタイプは、すすぎ時のギシギシ・ゴワゴワ感が全くなくなったので、かなり快適に使えるように改良されています。

 

▼泡立ちも良いので気持ちよく洗えます

 

成分に関しても、低刺激の成分を中心にしつつも、殺菌作用のある有効成分が入っているのが特徴。

 

殺菌成分が入っているので乾燥肌や敏感肌の方にはお勧めしにくいですが、普通肌タイプの方なら問題なく使えます。

 

最初に紹介したチャップアップシャンプーは、かなりマイルドな仕上がりになるので、さっぱりとした仕上がりを求めるならスカルプDドライタイプがお勧め。

 

抗炎症作用・肌荒れ防止の効果がある有用成分「グリチルリチン酸2k」「アラントイン」も入っているので、頭皮環境を整えるのにも最適です。

 

→ スカルプDドライタイプの公式サイト

 

プレミアムブラックシャンプーは泥が入っているから優しく汚れを落とす

 

チャップアップシャンプーの他にお勧めなのが、「プレミアムブラックシャンプー」です。

 

このシャンプーは、泥(クレイ)をメイン成分として配合しているのが特徴。

 

泥って皮脂汚れなどを吸着さえて洗い落としてくれるので、特に夏場なんかには気持ちよく洗えます。

 

洗浄成分は低刺激のアミノ酸系のみを使っていて、余計な添加物も入っていないので頭皮にも優しいです。

 

チャップアップシャンプーとは真逆で、シャンプー液が黒くて、香りはいかにもスカルプシャンプーって感じ。

 

 

シャンプー液が風呂場に着色したりするわけじゃないけど、真っ黒って抵抗ある方も多いはず。

 

僕も黒いシャンプーはいくつか使ったけど、やっぱり普通のシャンプーが良いのでチャップアップシャンプー使っています。

 

「チャップアップシャンプーは低刺激過ぎて痒くなる(汚れが落としきれていない)」
「もっと男っぽいシャンプーを使いたい!」

 

って方は、プレミアムブラックシャンプーを選ぶと良いです。

 

ただ、このシャンプーは価格が超高いっていうのが欠点。

 

1本5,000円以上してしまうので、質は良いけど値段のバランスがちょっと残念な1本です。

 

とはいえ、成分の質は良いので1回使うとドハマリしてリピートする方も多いです。

 

→ プレミアムブラックシャンプーの公式サイトへ

 

普通肌向けの育毛シャンプーまとめ

チャップアップ スカルプD ブラックシャンプー
洗浄力
刺激性
使用感 しっとり さっぱり さっぱり
欠点 香料含有 殺菌成分含有 値段が高い
お勧めな人 低刺激重視 さっぱり重視 低刺激+皮脂も落としたい


「低刺激重視」で選ぶならチャップアップシャンプー一択。

 

ただし、チャップアップシャンプーはかなりマイルドな洗浄力なので、皮脂が気になる場合は合わない可能性大。

 

なので「とにかく優しく洗いあげたい」「頭皮への刺激をできるだけ避けたい」って場合は、かなり満足度高くなると思います。

 

スカルプDドライは、バランスの良い1本になっているものの、殺菌成分が入っている点は注意。

 

普通肌の方なら大丈夫だとは思いますが、頭皮への刺激も気になります。

 

プレミアムブラックシャンプーは、低刺激の成分+泥(クレイ)で余計な皮脂をしっかりと落としてくれます。

 

ただし、他のシャンプーに比べてとにかく値段が高い…。この点をどう考えるか、ですね。

 

ちなみに、僕はここ数年はチャップアップシャンプーをメインで使い続けています。低刺激で頭皮に優しく香りが良いので気に入って使っています。

 

→ チャップアップシャンプーの公式サイトはこちらからどうぞ

 

乾燥・刺激が気になる方にお勧めの育毛シャンプー

※乾燥・敏感肌タイプ
頭皮にツッパリ感や痒みを感じることがある。過去に市販のシャンプーで刺激を感じたことがある。パラパラとしたフケが出たことがある。

乾燥や刺激に敏感な肌質の方は、「洗浄成分」「添加物」に特に気を付けること。

 

脱脂力が強い洗浄成分が入っていると、さらに乾燥する原因になりますし、刺激の強い添加物があると刺激になりがち。

 

あと、乾燥刺激が気になる場合は、うるおい保湿成分をしっかりと配合したものを選ぶことも大事。

 

【乾燥・敏感肌向けの育毛シャンプーの選び方】

  1. アミノ酸系の洗浄成分のみを配合
  2. うるおい保湿成分を豊富に配合
  3. 余計な添加物が入っていない無添加・オーガニック処方

 

haru黒髪スカルプ・プロは100%無添加だから低刺激

 

乾燥や刺激が気になる方にお勧めなのが、「haru黒髪スカルプ・プロ」。

 

このシャンプーの特徴は、100%完全無添加で余計な添加物が全く入っていないということ。

 

香料や着色料はもちろん、防腐剤さえも自然由来の成分で代替しているので超低刺激です。

 

公式サイトには、女性のためのシャンプーって書かれているけど、男の僕でも問題なく使えました。

 

というか、トリートメントなしで使えるし、育毛剤にも入っている「キャピキシル」っていう成分が入っているなど、男こそ使ったほうが良いシャンプーだと思っています。

 

アミノ酸系の低刺激の洗浄成分だけを使っているから、乾燥や刺激が気になるならこれ。

 

発毛サロンのサロンオーナーさんが責任監修しているだけあり、成分の質はかなり高いです。

 

使用感は、柑橘系の香りがほんのりとして、無香料なのに超快適にシャンプーできます。

 

ノンシリコンだけどキシキシしたり、ごわつくこともないので、トリートメントなしでも快適に使えます。

 

 

欠点としては、使用感がベタっとする感じ、使用後は重たい感じになることですね。

 

シャンプー液がかなりドロッとしているのも影響あると思いますが、すすぎ時にはほかのシャンプーよりもしっかりと洗い流さないとベタっとした感じが続きます。

 

アミノ酸系の成分のみということに加え、コンディション成分が入っているので仕方ないですが、これに抵抗を感じる方もいるはず。

 

特に、硫酸系の安いシャンプーから乗り換える場合は、すすぎを十分にすることを意識しておいた方が良いです。

 

「スッキリとした洗いあがりが好き」って場合は、合わないので要注意。

 

シャンプーでは珍しく「全額返金保証」が用意されているので、とりあえず試してみると良いです。

 

→ haru黒髪スカルプ・プロの公式サイトへ

 

ハーブガーデンシャンプーは保湿成分配合だから突っ張らない

 

乾燥・敏感肌向けのシャンプーとしてもう一つ良かったのが「ハーブガーデンシャンプー」。

 

このシャンプーも100%天然由来成分を使っていて、刺激が心配されている添加物はゼロ。

 

防腐剤も自然由来の成分で代替しているので、乾燥肌・敏感肌の方でも快適に使えます。

 

ハーブガーデンシャンプーは、「セラミド」「ヒアルロン酸」っていう高保湿成分を配合しているので、シャンプー後のツッパリを感じにくいです。

 

乾燥肌の方は、シャンプー後に頭皮がつっぱるような感じがあると思いますが、それがないので保湿されている感じがすごいです。

 

ハーブガーデンシャンプーの欠点は、泡立ちがそれほど良くないってこと。

 

他のシャンプーに比べると、泡立ちはそこまで良くないので僕の場合2プッシュ必要でした(他のは1プッシュで大丈夫)。

 

泡立ちの良さっていうのは、泡立てるための成分を入れれば解消されるのでそこまでデメリットでもないですが、気になる方は気になるかなーって思います。

 

あとは、haru黒髪スカルプ・プロのように「キャピキシル」などのスカルプ成分は入っていないってのも気になる方はいるかも。

 

スカルプ成分は劣りますが、より保湿を重視するならハーブガーデンシャンプーを選んでおくと間違いなし。

 

ハーブガーデンシャンプーは定価で買うとかなり高い(1本4,000円)ですが、下記のページから買うと半額で買えます。

 

キャンペーンなのでいつまで開催されているかはわからないので、気になる方は早めに買っておくとお得です。

 

→ ハーブガーデンシャンプーの公式サイトへ

 

乾燥肌・敏感肌向け育毛シャンプーまとめ

haru ハーブガーデンシャンプー
洗浄力
刺激性
使用感 しっとり ややしっとり
欠点 重たい仕上がり感 泡立ちがいまいち
おすすめな人 低刺激+スカルプ成分 低刺激+保湿


haru黒髪スカルプ・プロ、ハーブガーデンのどちらも頭皮への刺激は限りなく低いです。

 

余計な添加物が全く入っていないですし、アミノ酸系の洗浄成分のみを使っていますからね。

 

どっちを選ぶかについては、「スカルプ成分」を重視するならharu黒髪スカルプ・プロ。
海外メーカーが開発した世界的にも注目されている「キャピキシル」っていう成分が入っています。

 

シャンプーは洗い流すのでどこまで効果があるのかは不明ですが、入っているに越したことはないですからね。

 

「保湿」重視で選ぶならハーブガーデンシャンプー。
セラミドなどが入っているので、ほんの少しですがハーブガーデンシャンプーの方がリードかなって感じです。

 

どちらを選んでも間違いないかと思うので、使用感などでも比べてみると良いかと思います。

 

ちなみに、僕はharu黒髪スカルプ・プロ推し。
柑橘系のほんのりとした香りがとても心地よいですし、泡立ちも良いので使用感がこっちのほうが好き。

 

→ haru黒髪スカルプ・プロの公式サイトはこちらからどうぞ

 

脂性(オイリー)肌向けにお勧めの育毛シャンプー

※脂性(オイリー)肌
毎日シャンプーしているのに翌日には皮脂でべたつく。皮脂による痒みやベタっとしたフケが出ることがある

オイリー肌になってしまう原因はいろいろありますが、実は頭皮の乾燥が原因ってケースが意外と多いです。

 

頭皮が乾燥すると、頭皮を保護するために皮脂が分泌される。それを市販の安いシャンプーで根こそぎ洗い落としてしまうと、さらに皮脂が過剰に分泌されます。

 

この繰り返しで、皮脂の分泌量が多くなってしまい、オイリー肌になってしまう方が多いんです。

  • 以前はこんなに皮脂が分泌されていなかった
  • 頭皮が乾燥していた時期もあった

こういう方は、頭皮の表面は皮脂が多いけど、中は乾燥しているインナードライ状態になっている可能性もあり。

 

それがさらにひどくなってしまうと、脂漏性皮膚炎っていう治りにくい病気になることもあるので気を付けてください。

 

実は、僕は数年前に生え際部分が脂漏性皮膚炎になって皮膚科で治療した経験があります。

 

その時も、頭皮が乾燥しているなーと思っていたら、皮脂が酷くなって、フケが出るようになっていました。

 

なので、皮脂が気になる場合も、基本的には低刺激のアミノ酸系の洗浄成分を配合したシャンプーを選ぶこと。

 

安いシャンプーで、皮脂をごっそりと洗い落としてしまうと、さらに酷くなる…という悪循環もあり得るので要注意です。

 

ただ、アミノ酸系の洗浄成分だけだと皮脂汚れが落としきれずにべたべたしたりすることもあるので、少し脱脂力のある成分を配合したシャンプーを使うのも効果的。

 

ということで、オイリー肌の方は「アミノ酸系+脱脂力ある成分」のシャンプーを選んでおくと気持ちよく使える可能性大。

 

【脂性肌向けの育毛シャンプーの選び方】

  • アミノ酸系+脱脂力ある成分

 

ただ、オイリー肌の方は、合うシャンプーと合わないシャンプーの差が激しいので、洗浄力の強さ別に3つ紹介しておきます。

 

ウーマシャンプーは脱脂力が強いから皮脂をしっかり洗い落とせる

 

頭皮の皮脂がどうしても酷くてしっかりと洗い落とすなら「ウーマシャンプー」がおすすめ。

 

ウーマシャンプーは、低刺激のアミノ酸系成分をメインにしつつ、脱脂力の強い「オレフィンスルホン酸Na」って成分が入っています。

 

オレフィンスルホン酸Naはそれなりに刺激がありますが、皮脂をしっかりと落としてくれます。メインはアミノ酸系だから低刺激で頭皮への負担にはなりにくいです。

 

また、単に皮脂を洗い落とすだけじゃなく、馬油っていう保湿成分も入っています。

 

オレフィンスルホン酸だけだと脱脂力が強すぎるので、こういう保湿成分でしっかりとカバーしているのがこのシャンプーの特徴。

 

▼泡立ちも文句なしです

 

欠点を上げるとすれば、ほんの少し独特な臭いがするってことですかね。

 

馬油の臭いなのか、他のシャンプーにはない独特な香りがほんの少し気になります。

 

とはいえ、洗い流すと臭いは全くなくなりますし、そもそも気にならないといえばならない程度(もちろん、個人差あり)。

 

「MONOQLO」っていう比較雑誌でも1位を獲得していましたし、評価はかなり高いシャンプーになっています。

 

全額返金保証も用意されているので、まずは試してみると良いです。

 

→ ウーマシャンプーの公式サイトへ

 

ボストンアロマシャンプーは低刺激で適度な脱脂力があるから使いやすい

 

ウーマシャンプーだと刺激が気になる…って場合は、より低刺激な脱脂力ある成分を配合した「ボストンアロマシャンプー」がおすすめ。

 

このシャンプーには、刺激性は低いものの適度な脱脂力がある「ラウレス-5カルボン酸」が配合されています。

 

ウーマシャンプーに入っている「オレフィンスルホン酸Na」よりも低刺激ですが、適度な脱脂力はあるので皮脂はしっかりと洗い落としてくれます。

 

また、「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」などの保湿成分が入っているのもポイント。

 

皮脂を洗い落とすことによる頭皮の乾燥ケアもしっかりとできるので、比較的使いやすい1本になっています。

 

ユーカリが入っているのでアロマっぽい香りが楽しめますし、キシキシすることなく快適に使えました。

 

ユーカリの香りに関しては好き嫌いが分かれそうですが、それ以外は特に気になることはなし。

 

泡立ちは、他のスカルプシャンプーと比べるととても良いです。

 

ノンシリコンって泡立ちが悪いイメージがあるけど、このシャンプーは文句なし。

 

 

皮脂を落としたいけど刺激も心配…って場合は、このシャンプーが一番おススメ。

 

→ ボストンアロマシャンプーの公式サイトへ

 

脂性(オイリー)肌向けの育毛シャンプーまとめ

ウーマ ボストン
洗浄力
刺激性
使用感 さっぱり さっぱり
欠点 馬油独特な臭いが少し ユーカリの香り
お勧めな人 皮脂をしっかりと落としたい マイルドながらも皮脂を落としたい

「刺激がやや強くても良いから皮脂をしっかりと落としたい!」って場合は、ウーマシャンプーがお勧め。

 

洗浄成分の「オレフィンスルホン酸Na」は、刺激もやや強いですが脱脂力もしっかりとあります。
ウーマシャンプーは、アミノ酸系+オレフィンスルホン酸Naという組み合わせなので、皮脂を落とすさっぱり感ならこっち。

 

「頭皮への刺激が気になるから刺激は心配」って場合は、ボストンアロマシャンプーを選んでおくと良いです。

 

洗浄成分がウーマよりもマイルドなので、比較的だれでも気持ちよく刺激も感じずに使えるはず。

 

どちらのシャンプーも、臭いについて好き嫌いが分かれそうですが、僕はどちらも嫌な感じはしませんでした。

 

ちなみに、僕が皮脂を気にするときによく使っているのはウーマシャンプー。

 

皮脂をしっかりと落としつつも保湿成分(馬油)も入っているので、仕上がりがさっぱりしすぎないで好きです。

 

あとは単純に、大手比較雑誌で1位を獲得したっていうプロのお墨付きもあります。

 

→ ウーマシャンプーの公式サイトはこちらからどうぞ

 

フケ・痒みが気になる方向けの育毛シャンプー


フケには、「乾燥性フケ」「脂漏性フケ」の2種類がありますが、フケの原因菌と呼ばれるものも存在しています。

 

フケの原因菌として考えられているのが、頭皮のカビ(真菌)。

 

頭皮に元々存在する菌なんですが、皮脂などを栄養素として増殖することでフケの原因になるとも考えられています。

 

そのため、フケが気になる場合、原因菌を殺菌する成分が入っているシャンプーを選ぶことが大事です。

 

特に男の場合、仕事でスーツを着るときに、フケが目立って精神的につらい思いをしている方も多いので、薬用シャンプーを選んでしっかりとケアすると良いです。

 

【フケ・痒みが気になる方の育毛シャンプーの選び方】

  • フケの原因菌を殺菌する成分を配合

 

スカルプDダンドラフオイリーはフケ対策の2大成分配合だから効く

 

スカルプDダンドラフオイリーは、スカルプDオイリータイプにフケの原因菌を殺菌する成分を加えた新商品。

 

フケの原因菌と考えられている頭皮のカビを殺菌する「ピロクトンオラミン」を配合。

 

また、もう一つの有効成分として、「ミコナゾール硝酸塩」を配合。
ミコナゾール硝酸塩もフケの原因菌に働きかけ、菌の増殖を抑えることで、フケや痒みを防ぐ効果があります。

 

さらに、フケの元となる乾燥ケア成分を4種類、痒みの元にアプローチする成分を7種類配合しています。

 

フケと痒みに有効成分と有用成分がしっかりとアプローチするよう成分配合されています。

 

他のシャンプーとは違い、厚生労働省が効果を認めている有効成分を配合しているので、フケ対策として効果が期待できます(薬用シャンプー)。

 


他のスカルプDシリーズと同じく、泡立ちは文句なし。気持ちよいくらい泡立ちます。

 

ただ、すすぎ時のギシギシ感・ゴワゴワ感はかなり強いので要注意。
このシャンプーのベースは、スカルプDオイリータイプになっているので、ギシギシする洗いあがりはかなり強いです。

 

このシャンプーを使ってケアする場合、別途コンディショナーをセットで使っておいた方が良いです。

 

欠点としては、値段が高いこと。
350mlで4,500円(税込)なので、他のシャンプーに比べるとかなり強気な価格設定となっています。

 

とはいえ、通常のスカルプシャンプーには入っていない有効成分が入った薬用シャンプーなので、フケ・痒みに効く効果があるのは大きな違い。

 

フケや痒みが酷くて悩んでいる場合は、一度試してみる価値ある1本となっています。

 

→ スカルプDダンドラフオイリーの公式サイト

 

コラージュフルフルスカルプシャンプーは原因菌を殺菌する成分を配合

コラージュフルフルスカルプシャンプーは、フケ対策シャンプーとして人気のコラージュフルフルシャンプーのスカルプケア成分含有タイプ。

 

このシャンプーには、フケの原因菌と呼ばれている頭皮のカビに効く「ミコナゾール硝酸塩」を配合。
ミコナゾール硝酸塩の働きによって、フケの原因菌の増殖を抑え、フケ・痒みを防ぎます。

 

また、有効成分オクトピロックス(ピロクトンオラミン)も配合。
オクトロピックスは、殺菌成分の一種で、ミコナゾール硝酸塩と同じく厚生労働省から有効成分として効果が認められている成分です。

 

フケの原因菌を殺菌・増殖を抑える2大成分がしっかりと配合されているので、フケが気になる場合はおすすめです。

 

→ コラージュフルフルスカルプシャンプーの公式サイトへ

 

頭皮の臭いが気になる方向けの育毛シャンプーの選び方

 

頭皮の臭いの原因は、

  1. 頭皮の常在菌による悪影響
  2. 汗や皮脂が酸化
  3. すすぎ残しによる雑菌の繁殖

が主な原因として考えられています。

 

頭皮には、もともと常在菌と呼ばれる菌がたくさん生息しているんですが、皮脂に含まれる脂肪酸を餌にして増殖。その結果、ノネナールという臭い物質を発生させることで、頭皮の臭いの原因になります。

 

また、汗や皮脂の酸化も臭いの原因の一つ。
特に、男の場合は加齢とともに皮脂の分泌が多くなりますし、AGA(男性型脱毛症)が進行しても皮脂の分泌が多くなります。

 

これらを防ぐためにには、

  1. 余計な菌を殺菌する
  2. 皮脂の過剰分泌を抑える

ということが必要不可欠。

 

ただし、皮脂を洗い落とすことに夢中になって「刺激が強すぎるシャンプーを選ぶ」「ごしごし洗う」「1日になどもシャンプーする」というのはNG!

 

上記のことを繰り返し行うと、頭皮のうるおいはなくなってしまい、さらに皮脂を分泌させようとしてしまいます。

 

さらに分泌された皮脂をさらに洗い流してしまうと、さらに皮脂分泌が盛んになる…という悪循環に(これをインナードライ肌っていいます)。

 

こうなってしまうと、脂漏性皮膚炎などの原因にもなるので、不要な皮脂は落としつつも、適度な洗浄力で洗いすぎないことも大事。

 

そのため、頭皮の臭いが気になる場合、次のような育毛シャンプーを選ぶことが大事です。

 

【頭皮の臭いが気になる方向けの育毛シャンプーの選び方】

  1. 殺菌効果が認められている成分を配合している
  2. 余計な皮脂を洗い落とす脱脂力
  3. 頭皮への刺激や負担の少ない洗浄力

 

スカルプDデオドラントオイリー

 

スカルプDデオドラントオイリーには、有効成分「イソプロピルメチルフェノール」を配合。

 

この成分は、臭いの原因菌を殺菌する効果があり、厚生労働省にも認められている成分となっています。

 

殺菌成分のほかにも、汗や皮脂の酸化にアプローチする成分などもしっかりと配合。

 

低刺激の洗浄成分を中心に配合しているので、臭いの原因菌を殺菌する力はあるものの、頭皮への過度な負担はなく使いやすくなっています。

 

また、他のスカルプDシャンプーとは違い、香料が入っています。
香料は肌刺激が心配されている成分の一つではあるものの、頭皮の臭いを気にする方向けに配合されているのだと思います。

 

実際、頭皮の臭いが気になる方の場合、無臭のシャンプーでは頭皮に臭いが気になる…という方も多いので、それに対しての配合だと思います。

 

 

実際に使ってみましたが、他のスカルプDシリーズよりも臭いは強め。清涼感のある香りがツーンとくるので、好き嫌いは分かれそうです。

 

あと、使用感はスカルプDオイリーがベースになっているので、かなりゴワゴワする感じに。このシャンプーを使う場合は、別途コンディショナーをセットで使っておいた方が良いです。

 

→ スカルプDデオドラントオイリーの公式サイト

 

イクオスブラックシャンプーは炭配合だから皮脂を吸着して落とす

 

イクオスブラックシャンプーは、スカルプDのような薬用シャンプー(有効成分が入っているもの)ではないですが、炭を配合して余計な皮脂を洗い落とすように設計されているので、臭いケアとしてもお勧め。

 

炭は、皮脂を吸着して洗い落とす性質があるので、女性向けの商品なんかでもよく使われています。

 

イクオスブラックシャンプーは、低刺激のアミノ酸系の洗浄成分のみを配合しているので洗浄力はとってもマイルド。

 

だけど炭が入っているので、余計な皮脂はしっかりと吸着して落としてくれるので、皮脂が気になるオイリー肌の方でも使いやすいのが特徴。

 

イクオスブラックシャンプーの欠点は、かなりゴワゴワ・キシキシしてしまうということ。

 

成分には、「スイゼンジノリ多糖体(ヒアルロン酸の6倍の保水力)」などが配合されているけど、使用感は良くなかったです。

 

シャンプー単体でも買えるようになっているけど、ゴワゴワ・ギシギシ感が強いので使うならトリートメントとセットで使ったほうが良いです。

 

炭による脱脂力がかなり強いのが影響しているのかな?と個人的には思っています。

 

炭で余計な皮脂を洗い落とすので、頭皮の臭いが気になっているならイクオスブラックシャンプーが一番良いと思います。

 

→ イクオスブラックシャンプーの公式サイトへ

 

2,000円以下のドラッグストアで買える安い育毛シャンプー

 

「育毛シャンプーを使いたいけど、通販で買うのは抵抗がある…」
「できるだけコスパが良い育毛シャンプーを知りたい」

 

このような方向けに、ドラッグストアで売っている2,000円以下の育毛シャンプーだけを厳選したランキングを新しく作りました。

 

今回ご紹介したシャンプーに比べて価格が安いので、その分配合されている成分の質も正直劣ります。
洗浄成分は刺激が強くなりますし、余計な添加物が含まれている割合も増えます。

 

それでも「コスパ重視で育毛シャンプーを選びたい」と考えている場合、次のページを参考にしてみてください。

 

参考:【2,000円以下で買える】ドラッグストアの安い育毛シャンプーをランキングで発表

 

薄毛対策なら育毛剤の併用が必須


冒頭でも書いた通り、薄毛対策をするならシャンプーだけでは効果ないです。

 

効果がないというか、男の薄毛の大半はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる男性ホルモンが原因で引き起こされるもの。

 

そのため、AGAを対策するためには、AGAを引き起こす悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の産出をブロックすることが大事。

 

残念ながら、シャンプーにはDHTの産出をブロックする成分は入っていないので、シャンプーだけでAGA対策は無理って話です。

 

AGAを対策するためには、

  1. 医薬部外品の育毛剤を使う
  2. AGAクリニックで薄毛治療を行う

の2つの方法があります。

 

まだ薄毛が気になり始めた初期や、これ以上酷くさせたくないって考えている場合は、まずは自宅で育毛剤を使うのがおすすめ。

 

僕自身、生え際のM字後退が気になり始めて育毛剤を使い始めましたが、4年間使ってしっかりとキープすることができています。

 

シャンプーだけで薄毛対策(AGA)はできないので、本格的な対策をするなら育毛剤を併用するようにしておきましょう。

 

育毛剤の選び方については、次の記事で詳しく書いているので参考にどうぞ。

 

関連記事:育毛剤選びの決定版TOP

 

僕が使っている育毛剤については次の記事で書いているので、興味がある方は参考にしてみてください。

 

まとめ


育毛シャンプーって数はたくさん販売されているけど、成分をチェックしていけば本当に良いのってそんなに多くないです。

 

特に「洗浄成分」を見るだけでも、ほとんどのシャンプーは硫酸系を配合しているので僕は選びません。

 

あとは、頭皮の状況に合ったものを選んでいくだけ。

 

とはいえ、シャンプーって個人差がめっちゃあるので、実際に使ってみないと合う合わないがわかりにくいのも正直なところ。

 

この記事では、「洗浄成分」や「その他成分」を吟味して、肌質別に合うものを選んでみました。

 

実際に使うことで、使用感に問題がないのか?という点も書いているので、少しでも参考にしていただけますと幸いです。

 

とはいえ、僕が使ってよかった!と感じても、全員が同じような感想を持つことは少ないです(当たり前ですが)。
なので、肌質別に数種類のシャンプーを紹介するようにしました。

 

どれが一番良い!っていうのは、人によって個人差があるので、気になるものがあれば実際に使って試してみることをおすすめします。

 

この記事で紹介したシャンプーのより詳しいレビューをまとめ

 

【普通肌向け】

【乾燥・敏感肌向け】

【脂性肌向け】

【フケ・痒みが気になる方向け】

  • スカルプDダンドラフオイリーを使った感想と成分
  • コラージュフルフルスカルプシャンプーを使った感想と成分解析

【頭皮の臭いが気になる方向け】


育毛シャンプーについての基礎情報・お役立ちコンテンツをまとめました

 

育毛シャンプーについての基礎知識・お役立ち情報については、次の記事で詳しくまとめています。

 

「どのシャンプーを選べばよいのか悩んでいる…」「育毛シャンプーって本当に良いのか詳しく知りたい…」

 

など、育毛シャンプーに関する疑問や不安がある方はぜひ、参考にしてみてください。

 


 

よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。