育毛シャンプー20商品を比較しておすすめランキング

 

育毛シャンプーを使い始めて早4年。
スカルプDやサクセス、MAROなど人気シャンプーを20種類以上は余裕で使ってきました。

 

中には髪の毛がギシギシして逆にハゲるだろ?っていうものもありますし、洗いあがりにボリューム感アップしてイイ感じになるのもあります。

 

シャンプーを変えるだけで全然変わった!って人も多いので、シャンプーには投資して損はないです。

 

ただし、シャンプーはあくまでもシャンプー。
育毛シャンプーに変えても毛は生えてこないことは最初に言っておきます。

 

もし、毛を生えさせたいなら薄毛治療を行っているAGAクリニックへ行きましょう。
もしくは、自宅で薄毛対策するためには育毛剤を使いましょう。

 

 

ということで、このページでは育毛シャンプーを使いまくってきた僕が、各シャンプーの成分や使用感をもとにお勧めをまとめました。

 

選びやすいよう肌質別、悩み別にしているので参考にしてみてください。

育毛シャンプーの選び方

育毛シャンプーの選び方はいろいろあるんですが、結局のところ次の2つに行きつきました。

 

1、頭皮への刺激になる成分が入っていない
2、頭皮タイプに合ったものを選ぶ

 

シャンプーについては、「ノンシリコンが良い」「アミノ酸シャンプーが良い」ってよく見ると思います。
だけど、”人によって違う”としか言えないんですよね。

 

例えば、皮脂が酷くてベタベタしている人がアミノ酸シャンプーに変えてもベタつきは酷くなります。
アミノ酸シャンプーは脱脂力も弱いので、いきなり変えると皮脂の洗い残しがありますし、ベタつきや痒み、臭いが酷くなることも。

 

また、髪の毛が痛みまくっている人がノンシリコンシャンプーに変えたらギシギシになりますよ。
指通りもクソもないくらい。かえって切れ毛の原因になったりしますからねー。

 

なので、シャンプー選びで大事なのは、頭皮タイプに合ったものを選ぶということ。
本当にこれが全部だと思います。

 

ということで、この記事では「普通肌」「敏感肌・乾燥肌」「脂性肌」「フケ・痒み」「臭い」の5つの肌質・悩みに応じて、それぞれシャンプーを厳選して紹介しています。

 

もちろん全部僕が使って、成分の基準をクリアしているもの、使用感も問題なかったものを選んでいます(個人差はあると思いますが)。

普通肌向けにお勧めの育毛シャンプー

まずは、基本的にどんなシャンプーでも刺激に感じにくく、乾燥や皮脂のベタつきも気にならない普通肌向けについて。

 

普通肌タイプの人は、「洗浄成分」「スカルプ成分」を重視して選ぶと良いです。

 

低刺激で使いやすいアミノ酸系の成分を配合したうえで、スカルプ成分がたっぷりと配合されているものを選ぶのがベスト。

 

添加物もある程度ならピリピリしたりしないと思うので、洗浄成分重視で選べば間違いなし。
あとは、使用感も気になる方はチェックして選ぶと良いです。

 

チャップアップシャンプーは低刺激だから頭皮に負担をかけず抜けケアできる

 

僕が1年以上使っているのが「チャップアップシャンプー」です。

 

人気育毛剤チャップアップと同じメーカーさんが出しているシャンプーなんですが、美容院でも使われているようで、プロも絶賛の品質の高さ。

 

低刺激の成分だけが配合されているので、毎日使っても頭皮の負担にならないのはもちろん、頭皮環境を整えて抜けケアができます。

 

また、ヘアケア成分が多いので、ハリコシを与えて根元が立ち上がるからボリュームアップで髪型が決まりやすいです。

 

チャップアップシャンプーで髪を洗った後は、触ってみると髪の勢いが全然違います。
軽く押さえつけるとブリンッ!と跳ね返る感じになるので、てっぺんや前髪のスカスカも気になりにくいです。

 

購入すると、チャップアップ認定の毛髪診断士によるサポートを受けられます。もちろん無料。

 

ヘアケアのプロに直接相談することで、適切なアドバイスをもらえるので、あなたに合った対策でボリュームアップや抜け対策も実践できます。

 

欠点としては、「香料」が入っていること、「低刺激過ぎるので、皮脂の洗い残しの可能性がある」ってこと。

 

「香料」が入っているので、敏感肌や添加物が心配な方には向かないです。香料って、市販シャンプーの多くに入っているんだけど、実は肌刺激が多めな成分(確か100人に1人の割合とか)。

 

また、アミノ酸系の洗浄成分だけを使っていて、しかもアミノ酸系の洗浄成分の中でも特にマイルドな成分だけを配合しています。

 

その結果、頭皮には優しいけど、皮脂の洗い残しが気になるって方もチラホラ。

 

特に、これまでスーパーやドラッグストアで安い硫酸系のシャンプーを使っていた場合、すっきり感はかなり落ちます。

 

なので、オイリー肌向けにはお勧めできないのですが、普通肌や敏感肌、乾燥肌タイプなら使いやすくなっています。

 

僕は1年以上使っていますが、全くトラブルなく快適に使えているので、普通肌の人なら問題なく使えると思います。

 

シャンプーでは珍しく全額返金保証が付いているので、合わなければ突き返せばタダになります。

 

プロの美容師も絶賛する品質なので、普通肌ならかなり気に入ると思いますけどね。

 

 

スカルプDドライタイプ

 

「低刺激で皮脂や汚れをしっかりと洗い落としたい!」「さっぱりした仕上がりが良い」って方にお勧めなのが、スカルプDドライタイプ。

 

過去のスカルプDは、すすぎ時のギシギシ・ゴワゴワ感が酷すぎたので、あまり良い印象がなかったというのが正直なところ。

 

最新版の13代目ドライタイプは、すすぎ時のギシギシ・ゴワゴワ感が全くなくなったので、かなり快適に使えるように改良されています。

 

▼泡立ちも良いので気持ちよく洗えます

 

成分に関しても、低刺激の成分を中心にしつつも、殺菌作用のある有効成分が入っているので痒みやフケに効きます。

 

殺菌成分が入っているので乾燥肌や敏感肌の方にはお勧めしにくいですが、普通肌タイプの方なら問題なく使えます。

 

最初に紹介したチャップアップシャンプーは、かなりマイルドな仕上がりになるので、さっぱりとした仕上がりを求めるならスカルプDドライタイプがお勧め。

 

抗炎症作用・肌荒れ防止の効果がある有用成分「グリチルリチン酸2k」「アラントイン」も入っているので、頭皮環境を整えるのにも最適です。

 

 

プレミアムブラックシャンプーは泥が入っているから優しく汚れを落とす

 

チャップアップシャンプーの他にお勧めなのが、「プレミアムブラックシャンプー」です。

 

このシャンプーは、泥(クレイ)をメイン成分として配合しているのが特徴。

 

泥は皮脂汚れなどを吸着さえて洗い落としてくれるので、皮脂を適度に洗い落とすから洗いあがりが快適です。

 

特に夏場などで汗をかきやすい時期は、皮脂の分泌も増えてしまうのでそのまま放置すると抜けや薄くなる原因に。

 

プレミアムブラックシャンプーの泥で適度に洗い落とすことで、そういうのを防ぐことも可能です。

 

洗浄成分は低刺激のアミノ酸系のみを使っていて、余計な添加物も入っていないので頭皮にも優しいです。

 

チャップアップシャンプーとは真逆で、シャンプー液が黒くて、香りはいかにもスカルプシャンプーって感じ。

 

 

シャンプー液が風呂場に着色したりするわけじゃないけど、真っ黒って抵抗ある方も多いはず。

 

僕も黒いシャンプーはいくつか使ったけど、やっぱり普通のシャンプーが良いのでチャップアップシャンプー使っています。

 

「チャップアップシャンプーは低刺激過ぎて痒くなる(汚れが落としきれていない)」
「もっと男っぽいシャンプーを使いたい!」

 

って方は、プレミアムブラックシャンプーを選ぶと良いです。

 

ただ、このシャンプーは価格が超高いっていうのが欠点。
1本5,000円以上してしまうので、質は良いけど値段のバランスがちょっと残念な1本です。

 

とはいえ、成分の質は良いので1回使うとドハマリしてリピートする方も多いです。

 

 

普通肌向けの育毛シャンプーまとめ

チャップアップ スカルプD ブラックシャンプー
洗浄力
刺激性
使用感 しっとり さっぱり さっぱり
欠点 香料含有 殺菌成分含有 値段が高い
お勧めな人 低刺激重視 さっぱり重視 低刺激+皮脂も落としたい


「低刺激重視」で選ぶならチャップアップシャンプー一択です。

 

ヘアケア成分によるボリューム感でスカスカも気にならなくなることもあるので、使って変化を感じやすいです。
プロの美容師さんも絶賛する品質ですし。

 

ただし、チャップアップシャンプーはかなりマイルドな洗浄力なので、皮脂が気になる場合は合わない可能性大。

 

なので「とにかく優しく洗いあげたい」「頭皮への刺激をできるだけ避けたい」って場合は、かなり満足度高くなると思います。

 

スカルプDドライは、バランスの良い1本になっているものの、殺菌成分が入っている点は注意。

 

普通肌の方なら大丈夫だとは思いますが、頭皮への刺激も気になります。

 

プレミアムブラックシャンプーは、低刺激の成分+泥(クレイ)で余計な皮脂をしっかりと落としてくれます。

 

ただし、他のシャンプーに比べてとにかく値段が高い…。この点をどう考えるか、ですね。

 

ちなみに、僕はここ数年はチャップアップシャンプーをメインで使い続けています。低刺激で頭皮に優しく香りが良いので気に入って使っています。

 

→ チャップアップシャンプーの公式サイトはこちらからどうぞ

 

乾燥・刺激が気になる方にお勧めの育毛シャンプー

乾燥や刺激に敏感な肌質の方は、「洗浄成分」「添加物」に特に気を付けること。

 

脱脂力が強い洗浄成分が入っていると、さらに乾燥する原因になりますし、刺激の強い添加物があると刺激になりがち。

 

あと、乾燥刺激が気になる場合は、うるおい保湿成分をしっかりと配合したものを選ぶことも大事。

haru黒髪スカルプ・プロは100%無添加だから低刺激

 

乾燥や刺激が気になる方にお勧めなのが、「haru黒髪スカルプ・プロ」。

 

このシャンプーの特徴は、100%完全無添加で余計な添加物が全く入っていないということ。

 

香料や着色料はもちろん、防腐剤さえも自然由来の成分で代替しているので超低刺激です。

 

公式サイトには、女性のためのシャンプーって書かれているけど、男の僕でも問題なく使えました。

 

というか、トリートメントなしで使えるし、育毛剤にも入っている「キャピキシル」っていう成分が入っているなど、男こそ使ったほうが良いシャンプーだと思っています。

 

アミノ酸系の低刺激の洗浄成分だけを使っているから、乾燥や刺激が気になるならこれ。

 

発毛サロンのサロンオーナーさんが責任監修しているだけあり、成分の質はかなり高いです。

 

使用感は、柑橘系の香りがほんのりとして、無香料なのに超快適にシャンプーできます。

 

ノンシリコンだけどキシキシしたり、ごわつくこともないので、トリートメントなしでも快適に使えます。

 

 

欠点としては、使用感がベタっとする感じ、使用後は重たい感じになることですね。
シャンプー液がかなりドロッとしているのも影響あると思いますが、すすぎ時にはほかのシャンプーよりもしっかりと洗い流さないとベタっとした感じが続きます。

 

アミノ酸系の成分のみということに加え、コンディション成分が入っているので仕方ないですが、これに抵抗を感じる方もいるはず。

 

特に、硫酸系の安いシャンプーから乗り換える場合は、すすぎを十分にすることを意識しておいた方が良いです。
「スッキリとした洗いあがりが好き」って場合は、合わないので要注意。

 

シャンプーでは珍しく「全額返金保証」が用意されているので、とりあえず試してみると良いです。

 

 

ハーブガーデンシャンプーは保湿成分配合だから突っ張らない

 

乾燥・敏感肌向けのシャンプーとしてもう一つ良かったのが「ハーブガーデンシャンプー」。

 

このシャンプーも100%天然由来成分を使っていて、刺激が心配されている添加物はゼロ。

 

防腐剤も自然由来の成分で代替しているので、乾燥肌・敏感肌の方でも快適に使えます。

 

ハーブガーデンシャンプーは、「セラミド」「ヒアルロン酸」っていう高保湿成分を配合しているので、シャンプー後のツッパリを感じにくいです。

 

乾燥肌の方は、シャンプー後に頭皮がつっぱるような感じがあると思いますが、それがないので保湿されている感じがすごいです。

 

ハーブガーデンシャンプーの欠点は、他のシャンプーに比べて泡立ちがそれほど良くないってこと。

 

他のシャンプーに比べると、泡立ちはそこまで良くないので僕の場合2プッシュ必要でした(他のは1プッシュで大丈夫)。

 

泡立ちの良さっていうのは、泡立てるための成分を入れれば解消されるのでそこまでデメリットでもないですが、気になる方は気になるかなーって思います。

 

あとは、haru黒髪スカルプ・プロのように「キャピキシル」などのスカルプ成分は入っていないってのも気になる方はいるかも。

 

スカルプ成分は劣りますが、より保湿を重視するならハーブガーデンシャンプーを選んでおくと間違いなし。

 

ハーブガーデンシャンプーは定価で買うとかなり高い(1本4,000円)ですが、下記のページから買うと半額で買えます。

 

キャンペーンなのでいつまで開催されているかはわからないので、気になる方は早めに買っておくとお得です。

 

 

乾燥肌・敏感肌向け育毛シャンプーまとめ

haru ハーブガーデンシャンプー
洗浄力
刺激性
使用感 しっとり ややしっとり
欠点 重たい仕上がり感 泡立ちがいまいち
おすすめな人 低刺激+スカルプ成分 低刺激+保湿


haru黒髪スカルプ・プロ、ハーブガーデンのどちらも頭皮への刺激は限りなく低いです。

 

余計な添加物が全く入っていないですし、アミノ酸系の洗浄成分のみを使っていますからね。

 

どっちを選ぶかについては、「スカルプ成分」を重視するならharu黒髪スカルプ・プロ。
海外メーカーが開発した世界的にも注目されている「キャピキシル」っていう成分が入っています。

 

シャンプーは洗い流すのでどこまで効果があるのかは不明ですが、入っているに越したことはないですからね。

 

「保湿」重視で選ぶならハーブガーデンシャンプー。
セラミドなどが入っているので、ほんの少しですがハーブガーデンシャンプーの方がリードかなって感じです。

 

どちらを選んでも間違いないかと思うので、使用感などでも比べてみると良いかと思います。

 

ちなみに、僕はharu黒髪スカルプ・プロ推し。
柑橘系のほんのりとした香りがとても心地よいですし、泡立ちも良いので使用感がこっちのほうが好き。

 

→ haru黒髪スカルプ・プロの公式サイトはこちらからどうぞ

 

脂性(オイリー)肌向けにお勧めの育毛シャンプー

皮脂が過剰に分泌されるオイリー肌の場合、適当にシャンプー選ぶと泥沼化するので慎重に選ばないと酷くなります。

 

僕も経験済みですが、食生活や生活習慣治しても治らないし、低刺激のアミノ酸シャンプーを使っても治りません。
結局以前使っていたシャンプーに戻しても当然治らないので、どうしたらよいのかわからねーって感じです(汗)

 

僕が皮脂の分泌が過剰になって解消した方法を次の記事にまとめました。
シャンプーの選び方はもちろん、その他対策するために使ったサプリなども具体的に解説しています。

 

参考:頭皮の皮脂を抑えるのに効果的だった3つの対策方法

 

要は、頭皮の乾燥が酷いから皮脂が過剰分泌してしまうってことです。
なので、オイリー肌のシャンプー選びは、「低刺激&低洗浄力」を選んでコツコツケアすることが大事。

 

ただし、いきなりアミノ酸シャンプーに変えると逆に皮脂でべたつくのでそれもNG。

 

大事なことは、今使っているシャンプーよりも洗浄力が弱いシャンプーに段階的に変えていくこと。

 

こうすることで、皮脂の洗い残しによるベタつきは気になりませんし、皮脂の分泌量もバランスを取り戻して過剰分泌も落ち着きます。

 

低刺激のアミノ酸シャンプーに変えると良いのは事実だけど、それはあくまでも最終目標。
ぽっちゃりさんがいきなりボディビルダーになれないように、何事も順序が大事。

 

ここからはオイリー肌向けにお勧めのシャンプーを紹介しておきます。

 

特にスーパーやドラッグストアで安いシャンプーを買っているなら上から順に試してみてください。
皮脂の過剰分泌が驚くほど落ち着きますよ。

 

ウーマシャンプーは脱脂力が強いから皮脂をしっかり洗い落とせる


頭皮の皮脂が酷くて、何をやっても変わらない!って場合、まずはウーマシャンプーがお勧め。

 

ウーマシャンプーには、脱脂力のある「オレフィンスルホン酸」が入っているので皮脂をしっかり洗い落としてくれます。
そのため、皮脂の洗い残しによるベタつきや痒みが気になりません。

 

また「馬油」などの保湿成分も配合。
皮脂はしっかりと洗い落とすけど、頭皮の保湿ケアもするから、皮脂のバランスを整えてくれます。

 

洗いあがりがサッパリするので、ベタベタ感もなく使いやすいのがうれしいです。
これまで脱脂力の強いシャンプーを使っていた場合でも、違和感なく乗り換えやすいです。

 

▼泡立ちも文句なしです

 

欠点を上げるとすれば、ほんの少し独特な臭いがするってことですかね。

 

馬油の臭いなのか、他のシャンプーにはない独特な香りがほんの少し気になります。

 

とはいえ、洗い流すと臭いは全くなくなりますし、そもそも気にならないといえばならない程度(もちろん、個人差あり)。

 

「MONOQLO」っていう比較雑誌でも1位を獲得していましたし、評価はかなり高いシャンプーになっています。

 

全額返金保証も用意されているので、まずは試してみると良いです。

 

 

ボストンアロマシャンプーは低刺激で適度な脱脂力があるから使いやすい

 

ウーマシャンプーだと刺激が気になる…って場合は、より低刺激な脱脂力ある成分を配合した「ボストンアロマシャンプー」がおすすめ。

 

このシャンプーには、刺激性は低いものの適度な脱脂力がある「ラウレス-5カルボン酸」が配合されています。

 

ウーマシャンプーに入っている「オレフィンスルホン酸Na」よりも低刺激ですが、適度な脱脂力はあるので皮脂はしっかりと洗い落としてくれます。

 

また、「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」などの保湿成分が入っているのもポイント。

 

皮脂を洗い落とすことによる頭皮の乾燥ケアもしっかりとできるので、比較的使いやすい1本になっています。

 

ユーカリが入っているのでアロマっぽい香りが楽しめますし、キシキシすることなく快適に使えました。

 

ユーカリの香りに関しては好き嫌いが分かれそうですが、それ以外は特に気になることはなし。

 

泡立ちは、他のスカルプシャンプーと比べるととても良いです。

 

ノンシリコンって泡立ちが悪いイメージがあるけど、このシャンプーは文句なし。

 

 

皮脂を落としたいけど刺激も心配…って場合は、このシャンプーが一番おススメ。

 

 

脂性(オイリー)肌向けの育毛シャンプーまとめ

ウーマ ボストン
洗浄力
刺激性
使用感 さっぱり さっぱり
欠点 馬油独特な臭いが少し ユーカリの香り
お勧めな人 皮脂をしっかりと落としたい マイルドながらも皮脂を落としたい

「刺激がやや強くても良いから皮脂をしっかりと落としたい!」って場合は、ウーマシャンプーがお勧め。

 

洗浄成分の「オレフィンスルホン酸Na」は、刺激もやや強いですが脱脂力もしっかりとあります。
ウーマシャンプーは、アミノ酸系+オレフィンスルホン酸Naという組み合わせなので、皮脂を落とすさっぱり感ならこっち。

 

「頭皮への刺激が気になるから刺激は心配」って場合は、ボストンアロマシャンプーを選んでおくと良いです。

 

洗浄成分がウーマよりもマイルドなので、比較的だれでも気持ちよく刺激も感じずに使えるはず。

 

どちらのシャンプーも、臭いについて好き嫌いが分かれそうですが、僕はどちらも嫌な感じはしませんでした。

 

ちなみに、僕が皮脂を気にするときによく使っているのはウーマシャンプー。

 

皮脂をしっかりと落としつつも保湿成分(馬油)も入っているので、仕上がりがさっぱりしすぎないで好きです。

 

あとは単純に、大手比較雑誌で1位を獲得したっていうプロのお墨付きもあります。

 

→ ウーマシャンプーの公式サイトはこちらからどうぞ

 

フケ・痒みが気になる方向けの育毛シャンプー

フケには、「乾燥性フケ」「脂漏性フケ」の2種類がありますが、フケの原因菌と呼ばれるものも存在しています。

 

フケの原因菌として考えられているのが、頭皮のカビ(真菌)。

 

頭皮に元々存在する菌なんですが、皮脂などを栄養素として増殖することでフケの原因になるとも考えられています。

 

そのため、フケが気になる場合、原因菌を殺菌する成分が入っているシャンプーを選ぶことが大事です。

 

特に男の場合、仕事でスーツを着るときに、フケが目立って精神的につらい思いをしている方も多いので、薬用シャンプーを選んでしっかりとケアすると良いです。

スカルプDダンドラフオイリーはフケ対策の2大成分配合だから効く

 

スカルプDダンドラフオイリーは、スカルプDオイリータイプにフケの原因菌を殺菌する成分を加えた新商品。

 

フケの原因菌と考えられている頭皮のカビを殺菌する「ピロクトンオラミン」を配合。

 

また、もう一つの有効成分として、「ミコナゾール硝酸塩」を配合。
ミコナゾール硝酸塩もフケの原因菌に働きかけ、菌の増殖を抑えることで、フケや痒みを防ぐ効果があります。

 

さらに、フケの元となる乾燥ケア成分を4種類、痒みの元にアプローチする成分を7種類配合しています。

 

フケと痒みに有効成分と有用成分がしっかりとアプローチするよう成分配合されています。

 

他のシャンプーとは違い、厚生労働省が効果を認めている有効成分を配合しているので、フケ対策として効果が期待できます(薬用シャンプー)。

 


他のスカルプDシリーズと同じく、泡立ちは文句なし。気持ちよいくらい泡立ちます。

 

ただ、すすぎ時のギシギシ感・ゴワゴワ感はかなり強いので要注意。
このシャンプーのベースは、スカルプDオイリータイプになっているので、ギシギシする洗いあがりはかなり強いです。

 

このシャンプーを使ってケアする場合、別途コンディショナーをセットで使っておいた方が良いです。

 

欠点としては、値段が高いこと。
350mlで4,500円(税込)なので、他のシャンプーに比べるとかなり強気な価格設定となっています。

 

とはいえ、通常のスカルプシャンプーには入っていない有効成分が入った薬用シャンプーなので、フケ・痒みに効く効果があるのは大きな違い。

 

フケや痒みが酷くて悩んでいる場合は、一度試してみる価値ある1本となっています。

 

 

コラージュフルフルスカルプシャンプーは原因菌を殺菌する成分を配合

コラージュフルフルスカルプシャンプーは、フケ対策シャンプーとして人気のコラージュフルフルシャンプーのスカルプケア成分含有タイプ。

 

このシャンプーには、フケの原因菌と呼ばれている頭皮のカビに効く「ミコナゾール硝酸塩」を配合。
ミコナゾール硝酸塩の働きによって、フケの原因菌の増殖を抑え、フケ・痒みを防ぎます。

 

また、有効成分オクトピロックス(ピロクトンオラミン)も配合。
オクトロピックスは、殺菌成分の一種で、ミコナゾール硝酸塩と同じく厚生労働省から有効成分として効果が認められている成分です。

 

フケの原因菌を殺菌・増殖を抑える2大成分がしっかりと配合されているので、フケが気になる場合はおすすめです。

 

 

頭皮の臭いが気になる方向けの育毛シャンプー

頭皮の臭いの解消方法については、下記の記事でも詳しく解説しました。

 

参考:頭皮の臭いヤバイ!私が治したシャンプーの選び方を全部書く

 

臭いが酷くなるのは、皮脂が過剰分泌されてしまっているから。

 

なので、オイリー肌と同様に段階的に低刺激のシャンプーに変えて、皮脂のバランスを整えてあげれば改善できます。

 

よくある間違いとして、頭皮の臭いを無くそうと刺激が強すぎるシャンプーを使いまくっているケース。

 

ドラッグストアに行けば「皮脂を根こそぎ!」みたいなキャッチフレーズのシャンプーは山ほどありますよね?

 

こういうシャンプーには刺激が強すぎる&皮脂を落とし過ぎる成分が入っているので逆効果。

 

使えば使うほど、頭皮の皮脂分泌が酷くなって臭いも全然直らない…ってことになります、経験済み。

 

結局は皮脂の過剰分泌をコントロールすれば、臭いの元もなくなるので、臭いのも落ち着きます。

 

そのためには、時間はかかるけど段階的に低刺激なシャンプーに変えてあげるしかないです。

 

ということで、選び方の基本はオイリー肌と同じ。
上記の記事を参考にしてもらっても良いし、オイリー肌向けのシャンプーを段階的に使ってみてください。

 

一応補足として、臭いが酷すぎて耐えられない方向けに一つだけ”薬用シャンプー”を紹介しておきます。

 

スカルプDデオドラントオイリー

 

スカルプDデオドラントオイリーには、有効成分「イソプロピルメチルフェノール」を配合。

 

この成分は、臭いの原因菌を殺菌する効果があり、厚生労働省にも認められている成分となっています。

 

殺菌成分のほかにも、汗や皮脂の酸化にアプローチする成分などもしっかりと配合。

 

低刺激の洗浄成分を中心に配合しているので、臭いの原因菌を殺菌する力はあるものの、頭皮への過度な負担はなく使いやすくなっています。

 

また、他のスカルプDシャンプーとは違い、香料が入っています。
香料は肌刺激が心配されている成分の一つではあるものの、頭皮の臭いを気にする方向けに配合されているのだと思います。

 

実際、頭皮の臭いが気になる方の場合、無臭のシャンプーでは頭皮に臭いが気になる…という方も多いので、それに対しての配合だと思います。

 

 

実際に使ってみましたが、他のスカルプDシリーズよりも臭いは強め。清涼感のある香りがツーンとくるので、好き嫌いは分かれそうです。

 

あと、使用感はスカルプDオイリーがベースになっているので、かなりゴワゴワする感じに。このシャンプーを使う場合は、別途コンディショナーをセットで使っておいた方が良いです。

 

 

2,000円以下の安い育毛シャンプー

 

「育毛シャンプーを使いたいけど、通販で買うのは抵抗がある…」
「できるだけコスパが良い育毛シャンプーを知りたい」

 

このような方向けに、ドラッグストアで売っている2,000円以下の育毛シャンプーだけを厳選したランキングを新しく作りました。

 

今回ご紹介したシャンプーに比べて価格が安いので、その分配合されている成分の質も正直劣ります。
洗浄成分は刺激が強くなりますし、余計な添加物が含まれている割合も増えます。

 

それでも「コスパ重視で育毛シャンプーを選びたい」と考えている場合、次のページを参考にしてみてください。

 

参考:【2,000円以下で買える】ドラッグストアの安い育毛シャンプーをランキングで発表

 

育毛シャンプーの効果や使い方

ここまで育毛シャンプーについて詳しく紹介してきましたが、育毛シャンプーはだれが使っても良いわけではないです。

 

育毛シャンプーの効果は、あくまでも頭皮環境を整えること。それ以上でも、それ以下でもないです。
つまり、既に薄毛が酷い場合は、シャンプーよりも育毛剤や薄毛治療をメインとした対策に取り組む必要があります。

 

育毛シャンプーの効果については、次の記事で詳しく解説しているので合わせてどうぞ。

 

関連記事:育毛シャンプーの効果とは

 

育毛シャンプーの効果的な使い方

どれだけ良いシャンプーを選んでも間違った使い方をしていれば意味がないです。
むしろ、間違った使い方を続けることで頭皮環境を悪化させてしまう恐れもあるので要注意。

 

次の記事では、男ののための正しいシャンプーのやり方について解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

 

関連記事:男のための正しい頭の洗い方【間違ったシャンプーの使い方も紹介】

 

薄毛対策なら育毛剤の併用が必須

育毛剤と育毛シャンプーの併用

冒頭でも書いた通り、薄毛対策をするならシャンプーだけでは効果ないです。

 

効果がないというか、男の薄毛の大半はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる男性ホルモンが原因で引き起こされるもの。

 

そのため、AGAを対策するためには、AGAを引き起こす悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の産出をブロックすることが大事。

 

残念ながら、シャンプーにはDHTの産出をブロックする成分は入っていないので、シャンプーだけでAGA対策は無理って話です。

 

AGAを対策するためには、

  1. 医薬部外品の育毛剤を使う
  2. AGAクリニックで薄毛治療を行う

の2つの方法があります。

 

まだ薄毛が気になり始めた初期や、これ以上酷くさせたくないって考えている場合は、まずは自宅で育毛剤を使うのがおすすめ。

 

僕自身、生え際のM字後退が気になり始めて育毛剤を使い始めましたが、4年間使ってしっかりとキープすることができています。

 

シャンプーだけで薄毛対策(AGA)はできないので、本格的な対策をするなら育毛剤を併用するようにしておきましょう。

 

育毛剤の選び方については、次の記事で詳しく書いているので参考にどうぞ。

 

関連記事:育毛剤選びの決定版TOP

 

僕が使っている育毛剤については次の記事で書いているので、興味がある方は参考にしてみてください。

まとめ

育毛シャンプーって数はたくさん販売されているけど、成分をチェックしていけば本当に良いのってそんなに多くないです。

 

特に「洗浄成分」を見るだけでも、ほとんどのシャンプーは硫酸系を配合しているので僕は選びません。

 

あとは、頭皮の状況に合ったものを選んでいくだけ。

 

とはいえ、シャンプーって個人差がめっちゃあるので、実際に使ってみないと合う合わないがわかりにくいのも正直なところ。

 

この記事では、「洗浄成分」や「その他成分」を吟味して、肌質別に合うものを選んでみました。

 

実際に使うことで、使用感に問題がないのか?という点も書いているので、少しでも参考にしていただけますと幸いです。

 

とはいえ、僕が使ってよかった!と感じても、全員が同じような感想を持つことは少ないです(当たり前ですが)。
なので、肌質別に数種類のシャンプーを紹介するようにしました。

 

どれが一番良い!っていうのは、人によって個人差があるので、気になるものがあれば実際に使って試してみることをおすすめします。


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。