ヒオウギエキス(抽出液)の効果とは

【ヒオウギエキスの主な効果】

  1. 5αリダクターゼの抑制
  2. ホルモンバランスの正常化
  3. MMP-1の生成抑制

今回は、論文などを参考にヒオウギエキスの効果についてまとめました。後半では、ヒオウギエキスを含有する育毛剤についても紹介しています。

ヒオウギエキスとは・主な効果

ヒオウギエキスっていうのは、ヒオウギ(檜扇)っていう植物の根っこから抽出したエキスのこと。

 

育毛剤の成分表を見ると、「ヒオウギエキス」「ヒオウギ抽出液」って表記されているけど、どっちも同じ。

 

ヒオウギエキスには、イソフラボンが高濃度で含まれているため、ヒオウギエキスの効果っていうのはイソフラボンの効果と似ています。

 

イソフラボンっていうのは大豆が有名ですが、ヒオウギのイソフラボンは、大豆よりも吸収されやすいのが特徴(これをアグリコン型っていいます)。

 

大豆イソフラボンは、グリコシド型と呼ばれていて、ヒオウギのイソフラボンよりも吸収率は劣ります。

 

とはいえ、この吸収率の高さというのは内服した場合の話なので、育毛剤で外側から塗布する場合の差は不明です。

 

イソフラボンには、女性ホルモンに似た働きがあることから、女性ホルモン様成分って言われてたりもします。

 

ヒオウギエキスの効果として期待できるのは次の通り。

 

5αリダクターゼの抑制

男の薄毛の原因のほとんどは、AGA(男性型脱毛症)だと考えられています。

 

特に、前髪の生え際部分、つむじ周りの頭頂部が気になる場合、AGAの可能性大。

 

AGAを引き起こす原因と言われているのが、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)。

 

DHTは、もともと僕たちの体の中にあるのではなくて、男性ホルモンの一種である「テストステロン」と、「5αリダクターゼ」っていう酵素がくっ付くことで生成されてしまいます。

 

つまり、AGAによる生え際やつむじ周りの薄毛を対策するためには、DHTを産出されないようにすることが必須。

 

ヒオウギエキスと5αリダクターゼについて、ラットを使った実験が行われており、酵素活性の抑制作用について結果を出していることが明らかになっています。

 

[試験結果]試験に用いた各ヒオウギの抽出液は、対照区に比べ76.9?89.1%(95%信頼区間)であり明かな酵素活性の抑制作用が認められた。 【0009】

引用元:ヒオウギ抽出物を含有するテストステロン5α?リダクターゼ阻害剤とその応用

 

また、この論文では人にヒオウギエキス配合のヘアトニックを使用した場合の変化についても検証されています。

 

実験では、「髪が薄くて悩んでいる」4人の被験者に、ヒオウギエキス配合のヘアトニックを1か月間自由に使用してもらい、使用感についてのアンケート調査を実施。

 

その結果、4人中3人が「育毛効果があった」「産毛が生えてきた」などの効果を実感していると回答しています。

 

これらのことから、この論文ではヒオウギエキスについて次のように結論付けています。

 

本発明によるヒオウギ由来のテストステロン5α?リダクターゼ阻害剤は、その効果に優れしかも安全性が高い。これを例えば、日常的に用いる各種の皮膚外用製剤や頭髪化粧料に配合し、それらを繰り返し用いることによって、脂漏あるいはニキビ肌を改善する効果や育毛・養毛効果といった美容的効果が得られる。

 

実験に参加した被験者が4人という点が気になりますが、結果を出しているのは事実。

 

ただし、二重盲検法などの厳密な実験を行っているわけではないので、手放しで「完璧な成分だ!」っていえるわけではない点は注意が必要です。

 

とはいえ、そもそも論文などで明確なソースが発表されていない成分が多い中、ヒオウギエキスの効果についてはラット・人ともに認められていることになるので、育毛剤を選ぶ場合の選択肢として考えるのはアリだと思います(過度な期待ができないことは言うまでもないですが…)。

 

ホルモンバランスの正常化

ヒオウギエキスに含まれているエストロゲン(女性ホルモン様成分)の効果で、ホルモンバランスの正常化も期待されています。

 

特に注目されているのが、皮脂の過剰分泌を整え、肌のバランスを保つということ。

 

AGAの原因となるDHTが産出されると、薄毛の進行と同時に皮脂の過剰分泌も起こります。

 

よく、「ハゲの人は頭が光っている」「汗っかき」っていうのを見かけるけますが、DHTも影響で皮脂がたくさん出ているのが理由の一つ。

 

また、AGAになってしまうと、皮脂の過剰分泌が原因で引き起こされる脂漏性皮膚炎も併発することが珍しくありません。

 

この様に、DHTの産出される→皮脂が過剰分泌される→脂漏性皮膚炎やニキビの原因になる
っていう悪循環が繰り広げられます。

 

ヒオウギエキスに高濃度で含まれているエストロゲンの働きで、男性ホルモンの過剰分泌を抑え、皮脂の過剰分泌も抑えることで、頭皮環境を整えてくれます。

 

皮膚科のお医者さんが運営しているホームページに、ホルモンバランスについてのわかりやすいイラストがあったので引用させていただきます。

 

イソフラボンの持つ女性ホルモン様成分により、増えすぎた男性ホルモンを抑え、ホルモンバランスを肌の奥から整えることで、角層内の水分量増加、皮脂の分泌量軽減、毛穴の角化異常による皮脂の詰まりを改善し、 余分な皮脂を排出する…といった、大人ニキビの根本原因に効果的にアプローチできます。


引用元:Dr.相澤の厳選成分|相澤皮フ科クリニック

 

MMP-1の生成を抑制

ヒオウギエキスに含まれているイソフラボンのもう一つの効果として注目されているのが、「MMP-1の抑制効果」。

 

MMP-1というのは、タンパク質分解酵素と呼ばれるもので、頭皮の健康に欠かせないコラーゲン(真皮のT型コラーゲン)や、エラスチンを分解してしまう酵素のこと。

 

外的刺激(紫外線やたばこの煙など)の影響で、頭皮の内部でMMP-1が生み出されてしまいます。

 

コラーゲンやエラスチンは、頭皮のうるおい保湿や弾力を保ってくれる大事な役割があるので、それが分解されると脱毛の原因になるとも考えられています。

 

AGAに直接働きかけるわけではないですが、最近だとコラーゲンの減少が脱毛に関係しているっていう東京医科歯科大学の発表もあったので、できる対策はしておくに越したことはないです。

 

ヒオウギエキスとフィナステリドの効果は全然違う

ヒオウギエキスについてネットで調べていると、「フィナステリドと同等の効果がある」って記述しているサイトもあるから注意が必要。

 

さっきも書いたけど、ヒオウギエキスの5αリダクターゼの抑制効果は、あくまでもラットを使った実験が元となっています。

 

当たり前だけど、ラットにAGAを発症するものはないし、人間とは明らかに環境が違いすぎます。

 

また、ヒオウギエキスに含まれているイソフラボンの効果をもって誇張する方もいますが、イソフラボンの研究ってほとんどが摂取しています。

 

イソフラボンを頭皮に塗布しているは見つけられなかったので、その効果は不明…。

 

一方のフィナステリドは、しっかりと臨床実験も行なっていますし、何よりも国からも認められている薬の成分になっています。

 

これをもってヒオウギエキスとフィナステリドが同等というのは、僕は思わないです。

 

ヒオウギエキスに限らずですが、育毛剤に入っている成分は薬じゃないです。なので、薬と同等やそれ以上の効果を望むのはやめておいた方が良いです。

 

すでに薄毛が進行してm字ハゲになっていたり、つむじの地肌が気になる場合は、AGAクリニックでの薄毛治療を受けるべきです。

 

育毛剤を選んで期待できるのは、あくまでも抜け毛の予防や、薄毛初期で薬に抵抗がある場合のみ。
そうじゃないなら、素直に薄毛治療薬を使っておいた方が良いです。

 

 

エビデンス重視で選ぶならキャピキシル

ヒオウギエキスと同じスカルプ成分に「キャピキシル」という成分があります。

 

キャピキシルはヒオウギエキスと同じように、抜け減原因となる5αリダクターゼを抑制する効果が明らかになっています。

 

しかもキャピキシルは、しっかりと臨床実験を行って結果を出しているため、エビデンス重視で選びたい!って場合はキャピキシル配合の商品を選ぶことをお勧めします。

 

医薬品(薬)の成分ではないので、副作用の心配なく使えるのも特徴。

 

キャピキシルについては、下記の記事で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

 

 

ヒオウギエキス配合の育毛剤

ヒオウギエキスを配合する育毛剤をいくつか紹介しておきます。

 

ラット・人を使った実験を行っている数少ないスカルプ成分なので、特にAGAによる抜け毛が気になる場合はヒオウギエキス配合の育毛剤を選ぶと良いです。

 


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。