薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)の成分解析

価格 効果・効能 有効成分
5,400 育毛促進・抜け毛の予防・薄毛 β-グリチルレチン酸、ニコチン酸ベンジル、パントテニールエチルエーテル、酢酸dl-α-トコフェロール、ニコチン酸アミド、l-メントール
返金保証 特典 備考
- - -

 

資生堂から販売されている医薬部外品の育毛剤「薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)」の成分を徹底解析して詳しくお伝えしています。

 

資生堂は、人気育毛剤「アデノゲン」を販売するなど、男性用育毛剤にも非常に力を入れています。

 

では、薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)にはどのような成分を含まれているのか、詳しくお伝えしていきます。

 

 

薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)の成分を徹底解説

 

抜け毛の予防成分

なし

『薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)』には、抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の産出を抑制する成分は含まれていませんでした。男の抜け毛の大半は、AGA(男性型脱毛症)だと考えられているのですが、その原因となるのが体内で生成される活性型の男性ホルモンDHTです。

 

DHTが体内で産出され、毛根部に影響を与えることで、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増えてしまいます。

 

育毛剤を選ぶ場合、抜け毛の原因となるDHTの産出を抑制する成分の配合の有無が非常に重要となってきます。

 

しかし残念ながら、薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)には、抜け毛の予防成分は配合されていませんでした。

 

そのため、既に抜け毛や、生え際の後退・頭頂部の薄毛が気になる場合、別途抜け毛の予防成分を配合した育毛剤・育毛サプリメントを併用することをお勧めします。

 

育毛・血行促進成分

ニコチン酸ベンジル、酢酸dl-α-トコフェロール、ニコチン酸アミド、サンショウエキス

『薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)』には、血行促進成分が4種類しっかりと配合されています。

 

育毛を行う上で、抜け毛の予防と同時に、血行促進は非常に重要な役割を果たします。どちらがかけても育毛を実感することができないため、血行促進成分がしっかりと配合されているのは評価できます。

 

また、『薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)』には、血行促進成分として有効成分がしっかりと配合されています。有効成分は、効果が認められている成分なので、十分期待することができます。

 

頭皮環境を整える成分

β-グリチルレチン酸、パントテニールエチルエーテル、l-メントール、エタノール、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、イソステアリルアルコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、乳酸、アマチャエキス

『薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)』には、頭皮環境を整える成分がたくさん配合されていました。

 

抗炎症作用のある「β-グリチルレチン酸」をはじめ、頭皮環境を整える成分がしっかりと配合されています。

 

頭皮環境が悪化し、乾燥・皮脂の過剰分泌・湿疹などができている状態では、健康的な髪は育ちません。そうならないためにも、頭皮環境を整える成分がしっかりと配合されているのは、すばらしいですね。

 

薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)の成分評価

 

薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)は、血行促進成分・頭皮環境を整える成分がしっかりと配合されています。そのため、頭皮環境を整えつつ、血行促進が期待できる育毛剤に仕上がっています。

 

しかし、残念ながら抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHTの産出を抑制する成分は配合されていませんでした。そのため、薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)単体で抜け毛の予防を期待するのは難しいです。

 

薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)を使って育毛に取り組む場合は、別途DHTの産出を抑制する成分を配合した育毛剤・育毛サプリメントの併用をお勧めします。

 

また、成分を見ていて気になったのが、洗浄成分である「ラウリル硫酸ナトリウム」が配合されていることです。ラウリル硫酸ナトリウムは、ドラッグストアやスーパーで販売されている安いシャンプー(いわゆる「高級アルコール系シャンプー」)に含まれている非常に脱脂力・洗浄力の強力な成分です。

 

この成分を育毛剤に配合することでどのような効果があるのでしょうか。刺激の強い脱脂力のある成分は、返って頭皮環境を悪化させる恐れもあるので、利用する際は注意が必要かと思います。

 

薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)の総評

 

 

薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)に配合されている成分を見てきましたが、特に注目すべき点のない良くある育毛剤でした。

 

頭皮環境を整える成分や、血行促進成分がしっかりと配合されているのは評価できるものの、抜け毛の原因となるDHTの産出を抑制する成分は全く配合されていません。そのため、薬用スカルプトニック 発毛促進剤(頭皮用)だけで育毛を全て行えるというわけではないので注意が必要です。

 

また、刺激の強いシャンプーに含まれている「ラウリル硫酸ナトリウム」が入っているのも気になる点です。シャンプーを選ぶ場合、この成分が含まれているのは避けるべきなので、育毛剤でも同じなのではないでしょうか。

 

資生堂の育毛剤といえば「アデノゲン」が非常に有名ですが、個人的には、アデノゲンの方が優秀な育毛剤だと感じました。

 

その他のヘアトニックについての評価・比較は、次の記事でまとめているので併せてご覧ください。

 


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。