AGA(男性型脱毛症)の原因と対策方法を詳しく解説

AGAによって抜け毛・薄毛が進行してしまうメカニズム

 

生え際がM字に後退してきたり、つむじ周りが薄くなってくるのは、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛・薄毛です。

 

今回は、AGAの原因と対策方法についてお伝えしていきます。

 

僕自身、生え際の後退・頭頂部の薄毛、両方の悩みを抱えていたので、実体験も踏まえたうえでお話していきます。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)とは、生え際のM字後退・頭頂部のつむじ周りの薄毛が特徴的な脱毛症の一つです。

円形脱毛症などとは違い、”進行性”であるのが大きな特徴なので、放置しているとどんどん酷くなってしまう厄介な脱毛です。

 

最近の研究結果によって、AGAが引き起こされる原因・メカニズムが明らかになってきました。

 

AGAの原因は悪玉男性ホルモンDHT

AGAによる生え際の後退や頭頂部の薄毛を引き起こす原因となるのが、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる強力なホルモンの働きです。

 

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)は、もともと僕たちの体内にある物質ではなく、男性ホルモン「テストステロン」と、血中にある酵素「5αリダクターゼU型」が結合して産出されてしまいます。

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が産出される仕組み・メカニズム

精巣から分泌される男性ホルモンは「テストステロン」と呼ばれ、筋肉をつけやすくしたり、血流を良くするなど、体にとって良い働きをするホルモンです。

 

しかし、テストステロンが血中にある酵素「5αリダクターゼ」と結合すると、より強力な男性ホルモンDHTへと変換されてしまい、この物質がAGAを引き起こす原因となってしまうのです。

 

ドラゴンボールにたとえるならば、テストステロンが通常時のサイヤ人で、DHTがスーパーサイヤ人という感じですね(汗)

 

DHTは、幼少期〜思春期にかけては、生殖器の成長・体の成長にとても重要な働きをするホルモンとなります。
しかし、成人以降の男性にとっては、脱毛を招く原因となることから「悪玉男性ホルモン」とまで呼ばれるようになっています。

 

また、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)は、毛根部にある受容体(アンドロゲンレセプター)と引っ付くことで、脱毛物質を生成し、ヘアサイクル(毛周期)を短縮させてしまいます。
これよにって、まだ成長途中の毛髪さえも脱毛させてしまうようになるのです。

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)と受容体(レセプター)の結合によって脱毛原因が産出される

受容体(レセプター)は主に、生え際のM字部分・頭頂部のつむじ周りに存在するため、AGAになってしまうと、生え際と頭頂部が薄くなってしまうのです。
耳の上辺りの側頭部やもみ上げ・襟足などに受容体は存在しないので、が脱毛することはありません。

 

これが、AGAが引き起こされる原因とメカニズムです。

 

DHTの主な働きと

AGAを引き起こすDHTは、抜け毛を増やす以外にも、次のような働きが明らかになっています。

 

  • 脱毛を促す原因になる
  • 皮脂の分泌を促す
  • ニキビの原因となる
  • 前立腺肥大を促す
  • 体毛の増加を促す
  • 精力減退

生え際やつむじ周りの薄毛と同時に、これらの症状が出ている場合は、AGAの可能性を疑ったほうが良いです。

 

AGAの禿パターンは「ハミルトン・ノーウッド分類別症例」を見れば分かる

アメリカの医師であるハミルトンさんが、AGAによる禿げ方のパターンを作成しています。

 

薄毛の進行度合いに応じてT型からZ型まで用意されており、これを確認することで自分の薄毛の症状・薄毛のパターンを客観視することができます。

 

AGA専門クリニックなどでも、基本的には「ハミルトン・ノーウッド分類別症例」を確認しながら治療のパターンを決めることが多いようです。

 

一般的に、AGAは対策が遅くなればなるほど、回復が難しいと考えられています。
既にある程度進行してしまっている場合は、早めに治療を行うほうが良いでしょうし、まだ症状が出ていなかったり初期の場合は、育毛剤を使った対策を行うのも一つの方法です。

 

上記のパターンを参考に、まずは自分の薄毛の状態を客観視することで、どのように対策すればよいのか検討していくことが大切です。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療・対策方法

AGAによる抜け毛・薄毛の対策方法としては、大きく分けて2つあります。

【AGAの治療・対策方法】

  • 専門医でのAGA治療を受ける
  • 自宅で育毛剤・サプリを使った対策に取り組む

専門医でのAGA治療を受ける

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)と受容体(レセプター)の結合によって脱毛原因が産出される

AGAを確実に治療するためには、薄毛治療を取り扱う皮膚科、薄毛治療を専門にしているAGAクリニックを受診する必要があります。

 

後で解説する育毛剤を使った対策は、あくまでも予防や初期の対策時に効果が期待できるだけで、既にAGAが進行している場合は薬を使った治療を選ぶしか方法がありません。

 

AGAクリニックとはその名の通り、AGAを専門に扱っている病院のことです。
首都圏を中心に、最近ではAGAクリニックがどんどん増えています。

 

薄毛治療を行っている皮膚科も最近では増えているものの、AGAクリニックと比較するとその治療内容は大きな差があります。
しっかりとAGA治療を行う場合、AGAクリニックを受診するようにしましょう。

 

AGAクリニックで治療を受けることのメリット・デメリットは次の通りです。

 

AGA専門クリニックのメリット
専門的な治療を受けることができる

専門病院なので、専門医による専門的な治療を受けることが可能です。
最近だと、お笑い芸人さんが薄毛治療を行っていることをラジオやテレビで公言されていたりしますよね。

 

AGA専門クリニックでの薄毛治療は、基本的には飲む育毛剤と呼ばれるプロペシア(有効成分:フィナステリド)や、ミノキシジル(内服薬・外用薬)を処方してもらいます。

 

プロペシアには、抜け毛・薄毛の原因である脱毛ホルモン・DHTの生成を抑制する効果が認められています。

 

プロペシアと一緒に、塗薬(飲み薬もある)のミノキシジルも処方されるのが一般的です。
ミノキシジルは、リアップにも配合されている薬で、こちらは発毛の効果が認められています。

 

基本的には、これら2つの薬を処方してもらう治療となります。
クリニックによっては、AGAの遺伝子検査を行ったり、クリニックオリジナルの治療薬(オーダーメイド)を処方、育毛メソセラピー・自主植毛などの様々な施術を受けることが可能です。

 

毎月診断があるため副作用などの相談ができる

 

AGA専門クリニックでは、基本的に毎月1回受診するようになっています。
薄毛治療薬のプロペシア・ミノキシジルには、副作用の恐れもありますが、専門医に相談することができます。

 

専門医の指示のもと適切に対処してくださるため、薬の服用も安心してできるでしょう。

 

他のお客さんの目が気にならない

 

AGA専門クリニックは、他のお客さんも薄毛で悩んでいる方ばかりです。
そのため、待合室でも他人の目をあまり気にする必要がありません。

 

また、クリニックによっては、完全予約制で他のお客さんとは合わないように工夫されている病院も増えています。

 

AGA専門クリニックのデメリット
AGA治療薬を服用することによる副作用の恐れがある…

 

AGAクリニックで処方される「プロペシア」「ミノキシジル」には、複数の副作用の恐れがあるのも事実です。

 

特にプロペシアには、「精力減退・勃起不全・肝機能障害」といった非常に恐ろしい副作用もあるため、服用する場合は、これらのリスクを理解しておく必要があります。

 

ただし、各薬の副作用の発症率は必ずしも高いわけではないです。
抜け毛の進行を抑制してくれるプロペシアの副作用と発症率は次の通り。

【フィナステリドの主な副作用と発症率】

  1. 精力減退(1.1%)
  2. 勃起不全・ED(0.7%)
  3. 肝機能障害など(1.0%以下)

出典元:https://www.hama1-cl.jp/pdf/propecia.pdf

参考:プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用をどこよりも分かりやすくまとめました

 

ミノキシジルにも同じように副作用の恐れがあります。

 

外用薬の場合、「ミノキ焼け」と呼ばれる塗布した部位が猛烈な炎症・痒みを起こす副作用が最も注意されています。
内服薬の場合、急激な血圧低下やめまい・動悸などの副作用の恐れがあります。

 

参考:ミノキシジルの効果・副作用をどこよりも詳しく解説!

 

このように、AGAクリニックで処方されているAGA治療薬には、副作用の恐れがあるのも事実です。

 

副作用に抵抗があるため、AGA治療薬を使いたくない!という方も少なくはありません。
AGA治療を受ける場合、これらのリスクを理解した上で、適切に治療に取り組む必要があります。

 

高額な費用が必要になる…

 

現在、薄毛治療は保険適応外であるため、AGA専門クリニックでの治療は全額自己負担となります。
AGA治療の費用相場は、月3万円前後となっており、かなり高額なのが現状です。

 

お金に余裕がある方は問題ありませんが、毎月3万円の出費はなかなか痛い方も多いです…。

 

毎月受診する必要がある…

AGA専門クリニックは、基本的には毎月1回受診して、薄毛部分を見てもらったり問診する必要があります。
そのため、遠方の病院を受診してしまうと継続するのが難しくなります。

 

現在、AGA専門クリニックは都心に多く、地方にはほとんどありません。
毎月の治療費に加えて交通費が必要になることも考えておかなければいけません。

 

薬は服用を中止すると薄毛が再度進行してしまう…

薄毛治療薬として用いられているプロペシアは、服用を中止してしまうと再度薄毛が進行してしまいます。
そのため、薄毛治療を行う場合、以後飲み続ける必要があると考えられています。

 

残念ながら、今の医療では薄毛を根治することはできず、あくまでも抜け毛の原因となるDHTの産出を抑えることしかできません。
そのため、治療を中断してしまうと薄毛は再発してしまうのです。

 

以上がAGA専門クリニックによる薄毛治療のデメリットです。

 

専門医による適切な治療、発毛が期待できる唯一の方法となっているので、薄毛がある程度進行してしまっている場合、クリニックを受診するようにしましょう。

 

AGAクリニックの選び方・治療の受け方については、次の記事で詳しくお伝えしているので参考にしてみてください。

 

参考:AGA治療を本格的に行いたい方へ【AGA専門クリニックの失敗しない選び方】

 

育毛剤・サプリメントで薄毛対策を行う

育毛剤・サプリメントを使った対策

薬を使った治療と比べると格段に効果は劣るものの、予防・初期の対策として効果的なのは育毛剤やスカルプエッセンスと呼ばれるアイテムです。

 

一昔前までは、「育毛剤は効果がない」といわれることも多かったのですが、最近では臨床実験で結果を出した「リデンシル」「キャピキシル」という成分が海外メーカーによって発表されています。

 

また、『フィンジア』『ボストンスカルプエッセンス』といったアイテムは、それ自体でも臨床実験を行っており、しっかりと結果を出している商品となっています。

 

薬のような効果は当然ないですが、病院や薬での治療に抵抗がある方は、これらを使うのも選択肢の一つです(ただし、既に薄毛がかなり進行していたら効果はないです)。

 

育毛剤・サプリメントを使うメリット
毎月1万円前後で続けることができる

薄毛治療が毎月3万円前後必要なのに対して、育毛剤・サプリを使った対策は毎月1万円前後で行うことが可能です。
そのため、比較的続けやすくとりあえず試してみるという方も少なくありません。

 

薬を使った治療も育毛剤を使った対策も、どちらにしても育毛には時間が必要となります。

 

使った瞬間から髪の毛がニョキニョキと生えてくる製品はありませんので、最低でも3か月から半年は実感するまでにかかると考えておきましょう。

 

そのうえで、あなたの続けやすい方法を選ぶことが大切です。

 

価格が安くて試しやすい・続けやすい育毛剤は「安くてお得に買える育毛剤を徹底まとめ!コスパ重視でおすすめの育毛剤を厳選!」で詳しくまとめていますので是非、参考にしてみて下さい。

 

副作用の心配がほとんどいらない

育毛剤もサプリメントも薬ではないため、副作用の心配はほとんどありません。

 

そのため、プロペシアやミノキシジルなどの薄毛治療薬の副作用が心配な方でも安心して使うことが可能です。

 

特に、10代や20代、30代前半の若い方の場合、薬を使うことに抵抗を感じている方も少なくありません。

 

副作用や体への負担が少ない育毛剤なら「副作用がない安心の育毛剤を徹底まとめ!頭皮・肌に優しい低刺激の育毛剤を厳選!」を参考に選んでみてください。

 

育毛剤・サプリメントを使った対策には、このようなメリットがあります。
しかし、同じようにデメリットもあるのでお伝えしておきます。

 

育毛剤・サプリメントを使うデメリット
発毛効果は期待できない

育毛剤もサプリメントも薬ではないので、発毛効果や抜け毛の進行を抑制する効果はありません。

 

あくまでも、育毛促進や発毛促進、抜け毛の予防に効果があるということは理解しておかないといけません。

 

このブログでは何度も書いていますが、既に薄毛が進行してしまっている場合は、薬を使った治療に取り組むことが必要不可欠です。

粗悪な商品もたくさんある

育毛剤も育毛サプリメントも調べてみると本当にたくさんの商品が販売されています。
成分を見てみると、値段が高いだけでほとんど水のようなものが売られているのも事実…。

 

そのため、しっかりと成分などを見比べて本当に良い育毛剤を使わないと意味がありません。
(当サイトでは、人気育毛剤の成分を詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。また、おすすめの育毛剤をランキングでご紹介もしています)

 

以上が、育毛剤・育毛サプリメントのデメリットです。

 

値段が高いだけで粗悪な商品もたくさん売られている為、まずは見極めるというのが重要です。

▲目次に戻る

おすすめの育毛剤・育毛サプリメントの選び方

おすすめの育毛剤の選び方

 

生え際の後退や頭頂部の薄毛などAGAによる抜け毛・薄毛対策として育毛剤を選ぶ方も増えています。

 

しかし、先ほどもお伝えしたとおり、粗悪な商品も多いため、成分を確認して本当に良い商品を選ばないと意味がありません。

 

僕は様々な育毛剤を実際に使ってきた経験をもとに、おすすめの育毛剤をランキングでまとめてご紹介しています。

 

次のページにまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

参考:育毛剤ランキングを今すぐ確認する!

▲目次に戻る

育毛剤とAGA病院は人によっておすすめが違う

育毛剤を使って対策するか、AGA病院で専門的な治療を受けるかは、薄毛の進行状況や、副作用のリスクを受け入れられるかどうかでも変わってきます。

 

ちなみに僕の場合、育毛剤を使った薄毛対策に取り組んでいます。

 

僕が薄毛を気にするようになった当初、まだ20代中ごろだったということもあり、薬を使った治療の副作用がめちゃくちゃ心配でした。

 

そのため、「とりあえずは安全な育毛剤を使って、どうしても薄毛が酷くなったら治療に行こう!」と決めて育毛剤を使いはじめました。

 

育毛をはじめて4年になりますが、抜け毛や薄毛はほとんど気にならなくなり、十分満足して続けることができています。

 

しかし、誰でも育毛剤を使えばよいわけではありません。

 

既に薄毛が進行してツルツルになっている場合は、育毛剤はおすすめできません。
また、くっきりM字ハゲが酷かったり、カッパハゲがひどすぎる場合も、AGA病院で治療を受けたほうが良いでしょう。

 

このように、育毛剤を使うべきか、AGAクリニックで発毛治療を受けるべきか、対策方法は人によって違ってきます。

 

そこで、薄毛の進行度別にお勧めの対策方法について、次の記事で詳しくまとめました
。「自分がどの方法で対策すればよいのかイマイチわからない…」という場合、次の記事を参考にしてみてください。

 

参考:これから薄毛対策に取り組む初心者さん必見!【どこよりもわかりやすく、自分に合った薄毛対策の方法について解説しました】

▲目次に戻る

AGA(男性型脱毛症)を対策するためには早めの行動が重要

はじめにもお伝えしたとおり、AGAは”進行性”の薄毛であるため、放置しているとどんどん進行してしまうのが大きな特徴です。

 

放置していてある日突然、昔のようにフサフサになっている!ということがないのはもちろん、日に日に酷くなってしまうのが現実です。

 

そのため、生え際の後退や頭頂部の薄毛が気になり始めたら、”できるだけ早めの行動”を取るようにしましょう。

 

今回お伝えしたとおり、それぞれメリット・デメリットがあるため、どちらの方法を選ぶ方は個人差がありますが、早めに対策を行うことが何よりも重要となります。

 

「気のせいかも…」と見てみぬふりをするのではなく、早めの対策を行いましょう!


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。