育毛と発毛は全くの別物!それぞれの定義を知って正しい頭皮ケアが必要

 

「育毛」と「発毛」は、言葉は似ているものの、その意味は全くの別物。そのため、自分にとって必要なことが「育毛」なのか、「発毛」なのかを見極めることが重要となります。

 

「育毛」という言葉の意味を辞書で調べてみると…

[名](スル)髪の毛を発育させること。髪の毛を増やしたり、丈夫で太いものに育てること。
(参照元:goo国語辞書

 

「発毛」という言葉の意味を辞書で調べてみると…

[名](スル)毛が生えること。
(参照元:goo国語辞書

 

つまり、

  • 育毛とは、既にある髪を育てること
  • 発毛とは、毛のないところから毛が生えること

このように理解できます。

 

なんとなく似たような言葉ですが、その意味が全く違うことがわかります。

 

では次に、自分にとって必要なのが「育毛」なのか、「発毛」なのかを知る必要があります。

 

そのためには、AGA(男性型脱毛症)の脱毛について改めて思い返してみましょう。

 

AGA(男性型脱毛症)初期の場合、実は「育毛」が重要だった!?

 

生え際がM字に後退したり、頭頂部のつむじ周りが薄くなってしまう脱毛をAGA(男性型脱毛症)と呼びます。

 

AGAによる脱毛の特徴は、髪の毛が成長する期間(ヘアサイクルの成長期)が短縮され、髪がまだ成長途中の段階で抜けてしまうことです。

 

つまり、生え際のM字後退や、頭頂部のつむじ周りの薄毛の多くは、「まだ毛がある」ということです。(もちろん、AGAを放置してれば全く毛が生えていない状態になりますが。)

 

短い毛や細くて弱弱しい髪がある場合、選択すべき対策方法は「発毛」ではなく「育毛」になるというわけです。毛があるわけですから、それを太くて長い髪に育てればよいということです。

 

ミノキシジル配合の育毛剤を使っても実感できない方が多い理由

 

発毛効果が認められている有効成分には、ミノキシジルがあります。国内では、ミノキシジル配合の発毛剤として「リアップ」シリーズが販売されています。海外では、「ロゲイン」などがそれに該当します。

 

ただ、リアップを使っても効果を実感できないばかりか、副作用による痒み・炎症がひどくて使うのを中止した方は、少なくありません。

 

ミノキシジルには、血行促進作用もあるため、髪の毛がある人が使っても無意味ではありません(むしろ血行促進によって育毛促進も期待できます)。

 

ただし、ミノキシジルの本来の効果は発毛であり、血行促進を行うためだけに使うのは、もったいないですし、薬なので副作用のリスクもあるのです。また、ミノキシジルは医薬品ですが、使ったからと言ってすぐに髪の毛が生えてきたり、増えてくるものでもありません。最低でも半年は使い続ける必要があるのです。

 

多くの人がミノキシジル配合の育毛剤を使ったにもかかわらず効果を実感できない理由には、

  • 毛が生えているので発毛できていない(毛根からは毛が生えているから)
  • 薬だから即効性があると勘違いしている
  • 副作用のミノキ焼けが出てしまって使用中止した

このようなことがあるのです。

 

つまり、まだ毛がある方の場合、わざわざ副作用のリスクのあるミノキシジルを使わなくても、副作用のリスクの低い医薬部外品の育毛剤を使っても十分期待できることがわかります。

 

育毛に取り組むべき人とその対策方法について

 

これまでお伝えしてきた通り、育毛に取り組むべき人と、発毛に取り組むべき人は異なります。

 

育毛に取り組むべき人は、「短い毛・弱弱しい髪」が生えている人です。要は、それらの成長途中の髪をしっかりと育てることができれば、ボリュームのある髪を取り戻すことができるというわけです。

 

つまり、まだ髪が生えているのにわざわざリスクの高い発毛剤に手を出す必要はないんです。

 

では、育毛といっても具体的にどのように対策すればよいのでしょうか。

 

育毛の基本は「抜け毛の予防」と「血流促進」

 

育毛に取り組むうえで欠かせないのが「抜け毛の予防」と「血流促進」の2つ。どちらが抜けても実感することができない、非常に重要な働きとなります。

 

1、抜け毛の予防は悪玉男性ホルモンDHTの産出抑制が鍵

 

抜け毛の予防を行うためには、体内で生成され、抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の産出を抑制する必要があります。

 

参考;AGA(男性型脱毛症)って何!?原因と対策方法を詳しくご紹介!

 

悪玉男性ホルモンDHTの産出を抑制するためには、「薬を使った治療」「育毛剤・サプリを使った対策」があります。

 

どのように治療・対策をするのかは個人の判断によって異なりますが、現在の僕は、育毛剤・サプリを使った対策に取り組んでいます。

 

育毛剤・サプリを使った対策の場合、薬のような副作用がないのが大きなメリットです。また、自宅でできること、費用がそこまで必要ではないという点もメリットですね。特に20代や30代前半の男性などは、薬による副作用に抵抗を感じる方がとても多いので、育毛剤・サプリを使っている方は少なくありません。

 

具体的に悪玉男性ホルモンDHTを抑制する方法にいては、下記のページでまとめています。

 

参考:悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する方法

 

薬を使った治療・育毛剤、サプリを使った対策のどちらかを選んで、抜け毛の予防を行うことが育毛の第一段階となります。

 

2、血流促進を行って髪の生成に必要な栄養を行き渡らせる

 

抜け毛の予防と同時に取り組みたいのが、血流促進です。髪の毛を育てるためには、髪の毛の生成に必要な栄養がしっかりと頭皮にまで運ばれる必要があります。

 

少し前から話題になっている「ドロドロ血液」などの状態だったり、栄養不足の状態では、毛髪に必要な栄養は運ばれにくくなるので要注意です。

 

血流を促進させるための方法としては次のようなことがあります。

 

【血流促進のためにやっておきたい事】

  • 血流促進成分を配合した育毛剤を使う
  • 頭皮マッサージを行う
  • 運動不足を解消する

 

ここでも重要になってくるのが、育毛剤です。

 

医薬部外品の育毛剤には、センブリエキスなどの血流促進効果が認められている有効成分が配合されています。そういった有効成分が配合された育毛剤を選ぶことでより効果が期待できます。

 

また、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行うことも全身の血流促進に期待できます。頭皮マッサージはあくまでも一時的な効果しかありませんが、育毛剤を塗布した後、シャンプー中に行うことも重要です。

 

これらの方法でしっかりと栄養を頭皮に行き渡らせることが育毛では必要となります。

 

僕が薄毛対策として使っている育毛商品

 

僕の場合、育毛に取り組むうえで次の3つの育毛商品を使っています。

 

どれも他の育毛商品と成分や使い心地を比較したうえで、納得して選んだだけあり、とても満足した結果を得ることができています。

 

参考:僕が愛用している育毛アイテム3選

 

発毛が必要な方は薬を使った治療以外に方法はない

 

発毛が必要な方というのは、(部分的にでも)毛が生えていない方ということになります。

 

こういった方の場合、育毛剤を使うだけで効果を得ることはできないので、薬を使った治療が必要となります。

 

現在、発毛治療を受けられるのは、AGAクリニックのみとなります(皮膚科では抜け毛の進行を止める「フィナステリド(商品名:プロペシア)」のみの処方しかしていません。そのため、発毛を希望するならAGAクリニックしか選択肢はありません)。

 

AGAクリニックは、都市部を中心に店舗が増えてきているものの、医療ローン問題などが出てきています。そのため、AGAクリニックを選ぶ時も慎重に選ぶことが必要となります。

 

AGAクリニックの選び方については、次のページでまとめているので、発毛が必要な方は参考にしてみてください。

 

参考:AGA治療を本格的に行いたい方へ【AGA専門クリニックの失敗しない選び方】

 

育毛に取り組むか、発毛に取り組むかは、頭髪の状況・薄毛の進行具合・本人の希望によって異なってきます。

 

「とりあえず病院へ」「とりあえず育毛剤!」といった安易な考え方をするのではなく、自分にとって必要なことを理解してから取り組むようにしましょう。

 

また、自分が薄毛なのかどうか不安だ…という方は、AGAクリニックで診察を受けるのも一つの方法です。医師による丁寧な診察で薄毛が進行しているのかどうかを客観的にわかるので、今後の対策にも役立つはずです。


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。