これから薄毛対策に取り組む初心者さんに知っておいてほしいことを全部まとめました

 

はじめまして、当サイトを運営しているアラサー男です。

 

今回は、「抜け毛・薄毛が気になり始めたけど何をすれば良いのか?」「自分に合った対策は何なのか?」と悩んでいる初心者さん向けに、薄毛対策の取り組み方について、わかりやすく解説していこうと思います。

 

「薄毛が気になる」と一言で言っても、その状態は人によって全然違います。

 

  • まだ薄毛は進行しておらず、将来の”予防”を考えている人。
  • 以前よりも薄毛が進行したように感じて焦っている人。
  • 既にある程度の薄毛が進行している人。

 

薄毛対策に取り組む場合、まずは自分の頭皮の状態・薄毛の進行状態をしっかりと理解し、それに適した対策に取り組むことが必要不可欠

 

「とりあえず育毛シャンプーを使っておこう…」「とりあえず育毛剤を使えば大丈夫か…」

 

こんな風に、知識がないまま適当な対策に取り組んでも、失敗してしまう恐れがめちゃくちゃ高いので気を付けてください。

 

ということで、今回はどこよりもわかりやすく、育毛初心者さん向けにこれから取り組むべきことを徹底解説していきます。

 

後悔しない育毛・薄毛対策に取り組むために是非、この記事を参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

抜け毛・薄毛の基本:まずは原因・メカニズムをを知りましょう

 

抜け毛や薄毛になってしまうと、何とかしようと高額なシャンプーや育毛剤を買う方がとても多いです。

 

しかし、頭皮にあっていないものを使うとかえって頭皮環境を悪化させる恐れがありますし、粗悪な商品の場合、いくら使ってもなかなか効果を感じられないのが現状です。

 

いきなり高価な育毛商品を買う前に、まずは知識を身につけましょう。知識は身を守ってくれます。。髪に対する知識を身に着けておくことで、抜け毛・薄毛の原因を知り、それに合った正しい対策方法に取り組めますからね。

 

ではまずは初めに、抜け毛や薄毛になってしまう原因についてお話していきます。

 

抜け毛・薄毛になってしまう原因とは

 

男の抜け毛や薄毛の原因は、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)による影響だと考えられています。

 

体内にある男性ホルモン「テストステロン」と、毛根部にある還元酵素「5αリダクターゼ」が結合すると、抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHTが生成されます。

 

悪玉男性ホルモンDHTは、毛根部に働きかけることによって、髪の毛の成長が止まってしまい抜け毛が増えたり、細い毛・短い毛が増える原因となります。

 

5αリダクターゼの感受性の高さは遺伝による影響が大きい

 

そのため、抜け毛や薄毛を対策するためには、悪玉男性ホルモンDHTを体内で生成されないようにすることが重要なのです。

 

よく「育毛剤を使ったけど効果がなかった」という方がおられますが、悪玉男性ホルモンDHTの生成を抑制する成分が配合されていない育毛剤を使っても、抜け毛の予防にならないためなかなか効果を感じられないんですね。

 

悪玉男性ホルモンDHTの生成を抑制することで、抜け毛の予防を行え、しっかりと薄毛対策に取り組むことができるのです。

 

抜け毛・薄毛が酷くなってしまう原因が分かったところで、具体的にどのように対策に取り組んでいくのかお伝えしていきます。

 

自分の薄毛進行タイプを客観的に知る

 

育毛・薄毛対策に取り組む前に、まずは自分の頭髪状態を客観的に知ることが何よりも重要です。

 

育毛剤やシャンプーを買って失敗してしまう方の多くが、自分の頭髪・薄毛状況を理解せずに、とりあえずテレビCMしている商品を適当に使ってしまっています。

 

当たり前ですが、全員に効く育毛剤なんて存在しませんし、同じ方法でフサフサを取り戻せるほど甘いものでもありませんよ。

 

では具体的に、薄毛の進行度をA〜Dの4つのタイプに分類したイラストを用意しましたので、あなたがどれに該当するかチェックしてみてください。

 

生え際と頭頂部の2つのイラストを用意しているので、薄毛が気になる部位を参考にしてみてください。

 

生え際後退の進行度チェック

 

頭頂部の薄毛の進行度チェック

 

自分の頭髪とイラストの進行度を比べてみて、該当するタイプが見つかりましたか?

 

これから取り組む薄毛対策は、進行度に応じて取り組む内容が異なってくるため、まずはイラストと睨めっこして、あなたの頭髪状況を客観的に知りましょう。

 

自分の薄毛進行タイプが分かれば、次からいよいよ薄毛対策に取り組んでいきます。

 

薄毛の進行度別の対策方法

 

自分の薄毛の進行度が分かったので、いよいよ取り組むべき薄毛対策についてお伝えしていきます。

 

上図(イラスト)の進行度別を参考に、次のような対策に取り組むことをお勧めします。

 

【薄毛進行タイプ別の対策方法】
  • 進行度A…育毛剤を使った育毛
  • 進行度B…育毛剤やシャンプーなどで総合的な育毛
  • 進行度C…薄毛治療薬を使った治療
  • 進行度D…薄毛治療薬を使った治療、もしくは自主植毛

 

ご覧いただくとわかる通り、進行度に応じて取り組むべき薄毛対策が異なってきます。

 

ここからは、薄毛の進行状況に応じた方法について詳しくお伝えしていきます。

 

進行度A・Bタイプの場合はこちら

 

進行度C・Dタイプの場合はこちら

 

進行度A・B【育毛剤を使った総合的な薄毛対策に取り組みましょう】

 

進行度A・Bの場合、育毛剤を使った薄毛対策に取り組むことをお勧めします。

 

 

まだ明らかに薄毛が進行していない、もしくは初期の状態なので、育毛剤や生活習慣の見直しで十分期待することが出来ます。

 

実際僕の場合、3年ほど前に生え際のM字後退が気になる進行度Bでしたが、育毛剤やシャンプーの見直しで十分満足することが出来ていますよ。

 

育毛剤を使うメリットには、次のようなものがあります。

 

  1. 厚生労働省に効果が認められている有効成分が含有されている
  2. 副作用の心配がほとんどないので安心して使える
  3. 自宅で手軽に取り組むことが出来る

 

進行度A・Bの方の場合、まずは育毛剤を使ってしっかりと薄毛対策に取り組むことをお勧めします。

 

使っておきたいお勧めの育毛剤は、次の記事で詳しくお伝えしているのでぜひ、参考にしてみてください。

 

→ 失敗しない育毛剤選び5つのポイント!成分を見極めることが最重要

 

 

進行度Bの場合、育毛剤だけではなく総合的な対策が必要になります

 

進行度Bの場合、育毛剤だけに頼るのは少し心細いです。というのも、髪の毛は何か一つ対策すればよいのではなく、普段の生活習慣から総合的に見直すことが必要だからです。

 

具体的には、「食事」「睡眠」「運動」といった健康的な生活リズムを作ることが必要です。また、必要に応じて「シャンプー」「サプリメント」をうまく活用することで、満足できる取り組みをすることができます。

 

ちなみに僕の場合、育毛剤・シャンプー・サプリメントの3つをすべて使った対策に取り組んでいます。

 

僕が使っている育毛商品については、次の記事で詳しくお伝えしています(使用するアイテムを変更した場合は、随時更新しています)。

 

→ 僕が愛用している育毛アイテム3選

 

また、育毛に取り組むうえで、次の記事も参考にしてみてください。

 

 

進行度C・D【AGAクリニックを受診して薄毛治療を始めましょう】

 

進行度C・Dのタイプの場合、育毛剤やシャンプーを使った対策だけでは不十分です。ここまで薄毛が進行してしまっている場合、AGAクリニックを受診して薄毛治療を受けることが必要になります。

 

 

AGAクリニックとは、薄毛治療を専門に取り扱う病院のことで、専門医や看護師が在中するしっかりとした病院なので安心してください。

 

AGAクリニックでは、発毛促進効果のある「ミノキシジル」、脱毛進行を予防する「フィナステリド(商品名プロペシア)」などの薬を使った治療が行われています。どちらの薬も、日本皮膚科学会が発表した『男性型脱毛症治療のガイドライン』で最高評価のAランクを獲得した唯一の有効成分となっています。

 

実際にAGAクリニックを受診した方の多くがその効果に満足しており、進行度C・Dの方でも十分期待することができます(もちろん個人差はありますが)。

 

ただし、AGAクリニックを受診する場合、適当に病院を選ぶのはお勧めできません。

 

というのも、薄毛治療は保険適応外の自由診療となっているため、治療費がかなり高額になっています(最近では、薬代などが病院によって安くなってきています)。

 

そのため、病院によっては高額な医療費ローンを組ませてしまうところもあり、何かとトラブルになっているのです。

 

また薄毛治療は、適当に病院を選ぶのではなく、「治療実績」などを事前に確認して、信頼できる病院での治療をすべきです。

 

AGAクリニックは都市部を中心に年々店舗も増えているため、まずはどこの病院で治療を進めるかじっくりと検討することから始めましょう。

 

AGAクリニックの選び方については、次の記事で詳しくお伝えしているので是非、参考にしてみてください。

 

→ AGA病院の後悔しない選び方【治療実績・無料カウンセリングの有無を確認しましょう】

 

また、薄毛治療に取り組むにあたり、次の記事も参考にしてみてください。

 

 

薄毛対策は”知識”の有無で明暗が分かれる!正しい対策に取り組みましょう

 

今回お伝えしてきた通り、薄毛対策に取り組むためには、

  1. まず自分の頭髪状況を理解する
  2. 自分の頭髪状況にあった対策に取り組む

以上のことが、めちゃくちゃ大事です。

 

これを理解しないまま薄毛対策に取り組んで後悔してしまっている人は、かなり多いと思います。

 

例えば、進行度Cの状況なのに、医薬部外品の育毛剤を毎日毎日使い続けていたり、サプリメントを飲み続けていたり。

 

既にお伝えした通り、進行度Cまでなってしまうと、自宅での育毛ケアだけでは不十分。AGAクリニックを受診して、専門医の診察の元、適切な治療を受ける必要があります。

 

逆に、進行度Aにも関わらず、過剰に薄毛を気にしすぎてしまい、ミノキシジルやフィナステリドを個人輸入している場合もあります。

 

この場合、当たり前ですが、どれだけ薄毛治療薬を服用しても効果はありませんし(過剰な気にしすぎのため)、副作用のリスクだけが高まっている状態となります。

 

このように、自分の頭髪状況に応じて正しい対策に取り組むことが何よりも重要なので、薄毛対策に取り組む前に、しっかりと理解しておきましょう。

 

以上、これから薄毛対策に取り組む初心者さん必見!【どこよりもわかりやすく、育毛剤・薄毛治療の進め方を徹底解説】という記事でした。

 

当サイトでは、実際に育毛剤を使っている管理人の僕が、学んだことや体験したことをわかりやすくまとめてお伝えしています。

 

ブックマークやお気に入り保存をして、定期的にのぞいて頂けると嬉しいです。

 

→ 育毛剤ランキングの決定版@アラサー男が20商品使って徹底比較


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。