育毛剤とAGA病院(クリニック)はどちらが良いの?

 

生え際の後退や頭頂部の薄毛などが気になり始めたら、育毛剤を使ったり、AGA病院(クリニック)で治療を受ける方が増えています。

 

しかし、最近薄毛になり始めた方の中には、「育毛剤とAGA病院、どっちを利用すればよいの?」と悩んでいる方もおられますよね。

 

そこで今回は、育毛剤とAGA病院のメリット・デメリットについて詳しくお伝えしていきます。

 

僕自身、抜け毛・薄毛が気になり始めた当初は、育毛剤を使うべきか、AGA病院で治療を受けるべきか悩んだ経験があるので、その体験も踏まえた上でまとめました。

 

育毛剤のメリット・デメリットについて

 

 

育毛剤を使った薄毛対策は、昔から行われていることもあり、とりあえず育毛剤を使う!という方は、多いです。しかし、中には「使ったけど効果がなかった」と感じている方も少なくありません。

 

自宅で手軽に使える反面、効果を感じない方もおられるのが現状です。

 

育毛剤のメリット

 

自宅で手軽に薄毛対策できる

 

最近ではネット通販の普及が拡大したこともあり、ネット通販で買ってそのまま自宅で使う方が圧倒的に多いです。AGA病院のように毎月病院に通う必要がなく手軽に誰でも使えるのがメリットです。

 

また最近では、育毛剤の定期コースを利用することで、毎回注文手続きをしないでも決まった日付に配送してくれる便利なシステムも増えています。

 

副作用の心配がほとんどいらない

 

育毛剤は、薬ではないため、副作用の心配はほとんどありません。薬事法に定められている「医薬部外品」という分類になるので、商品によっては未成年の方でも安心して使えるようになっています。

 

副作用がないからといって全く効果がないわけではありません。厚生労働省からの許可を得た有効成分(効果・効能が認められている成分)も配合している為、実感される方が多いです。

 

育毛分野の研究の進化に伴って品質も向上

 

一昔前までは、使ってもなかなか実感できない育毛剤が多く販売されていたようです。しかし最近では、育毛分野の研究が進むにつれて育毛剤の製品の質も向上しています。

 

具体的には、薄毛治療薬ミノキシジルとの比較実験で納得の結果を出した「M-034(海藻エキス)」や、抜け毛の原因とされているDHT(ジヒドロテストステロン)の生成をブロックする働きが期待されている「ヒオウギ抽出液」などの成分が配合されている商品が増えています。

 

このような育毛剤を使うことでより実感しやすくなっているのが現状です。当サイト一番お勧めの「イクオス」には、これらの成分がしっかり配合していることもあり、発毛の専門家が推奨する育毛剤に仕上がっています。

 

⇒ イクオス(IQOS)育毛剤の成分・効果を徹底検証!【自腹購入して使った感想・口コミはこちら】

 

育毛剤のデメリット

 

薬ではないため劇的な変化は期待できない

 

育毛剤の多くは、「医薬部外品」と定義される商品です。薬ではないため、劇的な変化は期待できないと考えておきましょう。

 

すでに髪の毛がなくなってツルツルになってしまった方、薄毛が進行しすぎている方(薄毛になって5年以上経過しているなど)には、おすすめできません。逆に、抜け毛が増えたように感じ始めたり、薄毛が気になり始めたという方の場合、育毛剤を使うベストタイミングです。

 

粗悪な商品がたくさんある

 

育毛剤は薬ではないため、各メーカーから様々な商品が販売されています。中には、育毛成分が数種類ちょびっとだけ配合されただけのような粗悪な商品も多いです。一昔前よりは減ったように思いますが、まだまだたくさんあるため、選ぶ時は成分を確認して慎重に選ぶことが大切です。

 

当サイトでは、人気の育毛剤をしっかりと検証した上でおすすめ順にランキングしています。次のページでおすすめ順にランキングも公開しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

育毛剤ランキングを確認する

 

以上が、育毛剤のメリット・デメリットです。

 

「自宅で使える」「副作用の心配がほとんどいらない」というのが、一番のメリットですね。逆に、「劇的な変化は期待できない」「粗悪な商品が多い」ため、選ぶ時は慎重になる必要があります。

 

AGA病院(クリニック)のメリット・デメリット

 

 

最近になって薄毛治療を専門で行うAGA病院が増えてきました。芸能人なども利用されている方が増えてきており注目され始めています。

 

AGA病院を受診するメリット

 

専門医による治療を受けられる

 

AGA病院には、薄毛治療の専門医がおられるため、専門的な治療を受けることができます。一般的には、「血液検査」「薄毛部位の定期検査」「薄毛治療薬を使った治療」などがあります。

 

また、薄毛治療薬として処方されるミノキシジル・プロペシアによる副作用が出た場合も、専門医に相談できるため適切な処置が期待できます。

 

薬を使った治療が受けられる

 

AGA病院では、薄毛治療薬を処方してもらえます。外用薬のミノキシジルには、発毛効果があります。内服薬のプロペシアには、抜け毛を抑える効果があります。

 

一般的には、ミノキシジルとプロペシアを使った治療となります。薬なので、劇的な変化を実感される方も少なくありません(個人差があります)。

 

AGA病院での治療のデメリット

 

毎月高額な費用が必要になる

 

現在、国内では薄毛治療は保険の適応外となっている為、AGA病院での費用も全額自己負担となっています。診察料・治療薬費を合わせて、だいたい月3万円かかるのが相場となっています。

 

育毛剤の場合、毎月1万円前後で薄毛対策できるため、やはり高額になっているのが現状です。

 

毎月通院する必要がある

 

AGA病院では、基本的に毎月1回通院して問診をしてもらう必要があります。

 

近所に病院がある方は良いですが、遠方から通う場合は、大変です。特にAGA病院は、都会に多く地方にはまだまだ広がっていないのが現状です。交通費や時間も必要になることを考えなければいけません。

 

薬の副作用がある

 

AGA病院で処方される薬(ミノキシジル・プロペシア)には、それぞれ副作用の恐れがあります。
参考:ミノキシジルの副作用/プロペシアの副作用

 

このような副作用の恐れがある為、特に若い世代の方は躊躇されている方が多いです。また、薄毛治療薬は、一度服用すると以後服用し続けないといけません。

 

服用を中止してしまうと再度薄毛が進行してしまうからです。そのため、薬を飲み続けることによる体への負担も心配されています。

 

AGA病院では、毎月専門医の治療を受けられるため、副作用などが出ても相談できるものの、やはりリスクは少なからずあります。

 

 

以上が、AGA病院を利用するメリット・デメリットです。

 

育毛剤のように自宅で対策するのではなく、専門医の治療を受けられるのが最大のメリットです。しかし、薬には副作用の恐れ・体への負担も心配されているため、若い年齢の人は特に不安に感じている方が多いです。

 

育毛剤とAGA病院は人によっておすすめが違う

 

育毛剤を使って対策するか、AGA病院で専門的な治療を受けるかは、薄毛の進行状況や各人の考え方によって変わってきます。

 

ちなみに僕の場合、現在は育毛剤を使った薄毛対策に取り組んでいます。

 

僕が、自分の薄毛が気になり始めたのがまだ20代だったということもあり、薄毛治療を行うことに抵抗がありましたやはりプロペシアの副作用や体への影響が心配だったからです。

 

そのため、「とりあえずは安全な育毛剤を使って、どうしても薄毛が酷くなったら治療に行こう!」と決めて育毛剤を使っています。今のところ、育毛剤を使うことで薄毛の進行はストップできており、そこまで気にならないというのが正直なところです。

 

プロペシア・ミノキシジルを使わない育毛方法に取り組んで3年経過した感想

 

ただ、全員が育毛剤を使えばよいということではありません。
僕個人的な考えとして、育毛剤を使ったらよい人、AGA病院に通ったらよい人を下にまとめてみました。

 

育毛剤がおすすめな人

AGA病院がおすすめな人

薄毛の状態

気になり始めた

すでに数年進行している

金銭的負担

できるだけ抑えたい

いくら払っても良い

身体的負担

できるだけ安全に

副作用のリスクも仕方ない

年齢

10代〜

30代後半〜

家族にばれる

できればばれたくない

ばれても良い・すでにばれている

 

僕の場合、まだ20代ですし、体への負担が心配だったので育毛剤を使っています。また、薄毛が気になり始めた段階だったのでとりあえず育毛剤で様子を見ています。

 

逆に、既に薄毛が進行してツルツルになっている場合は、育毛剤はおすすめできません。
また、くっきりM字ハゲが酷かったり、カッパハゲがひどすぎる場合も、AGA病院で治療を受けたほうが良いでしょう。

 

AGA病院をおすすめ年齢を30代後半からと記述したのは、若ければ若いほど、薬を飲み続ける期間が長いためです。

 

仮に60歳まで飲むと仮定した場合、25歳からだと35年間も服用しなければいけません。AGA病院で専門医に相談できるとはいえ、リスクが高いかと思います。

 

育毛剤を使ったほうが良いのか、AGA病院で治療を受けたほうが良いのか悩んでいる方は、参考にしていただければと思います。

 

ただ、上図はあくまでも僕の考える範囲なので、20代でも必要があればAGA病院に行っても問題ありません。また、既に薄毛が進行しててもとにかく安全面を考えて育毛剤を使っても問題ありません。

 

具体的に、育毛剤を使うべきか、AGAクリニックを受診すべきかについては、次の記事でより詳しくまとめています。薄毛の進行タイプ別にあなたに合った方法をご紹介しているのでぜひ、参考にしてみてください。

 

これから薄毛対策に取り組む初心者さん必見!【どこよりもわかりやすく、自分に合った薄毛対策の方法について解説しました】


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。