育毛剤と薄毛治療薬(プロペシア・ミノキシジル)はどっちを使ったらよい?

 

生え際の後退や頭頂部の薄毛など、薄毛対策として育毛剤を使うか、薄毛治療薬(プロペシア・ミノキシジル)を使うか悩んでいませんか?実は僕も、薄毛が気になり始めた当初、どちらを使って薄毛対策を行うのかとても悩みました。

 

僕は現在、育毛剤を使った薄毛対策に取り組んでいますが、どちらを使う方は人によって違いますし、薄毛の状態によっても変わってきます。

 

それぞれメリット・デメリットがあるので、それぞれの特徴をしっかりと理解したうえであなたに合った方法を選ぶと良いでしょう。

 

今回は、育毛剤と薄毛治療薬の特徴や違いについて詳しくお伝えしていきます。

 

育毛剤と薄毛治療薬の違いを理解しよう!

 

育毛剤を使った対策に取り組むか、薄毛治療薬を使った治療に取り組むかを悩む前に、まずはそれぞれの特徴・メリット・デメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。

 

それぞれの特徴を理解することで、自分に合った対策方法を見つけやすくなります。

 

では、僕も取り組んでいる育毛剤を使った対策方法の特徴からお伝えしていきます。

 

育毛剤の特徴

 

 

育毛剤は、ずいぶん昔から薄毛対策として使われている育毛アイテムです。抜け毛が気になり始めたり薄毛が気になり始めたら、とりあえずは育毛剤を使う方が多いですね。

 

自宅で使える・ネットで買えるなど、手軽に入手して使えるのが最大のメリットとなっています。では具体的に、育毛剤のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

育毛剤を使うメリット

 

副作用の心配がほとんどいらない

 

育毛剤は、薬(医薬品)ではないため、副作用の心配がほとんどありません。薬事法で定める「医薬部外品」に該当するため、効果が認められている有効成分をしっかりと配合しつつ、体への副作用の心配がほとんどないため安心して薄毛対策に取り組めるのが特徴です。

 

副作用の心配がないことから、薄毛治療薬の副作用や体への影響が心配な方も多く利用されています。また、10代の大学生や未成年の方でも基本的に使えるため、若ハゲで悩む方も育毛剤を利用される方が多いです。

 

自宅で薄毛対策に取り組める

 

最近ではほとんどの方が、インターネットを利用して育毛剤を購入されています。自宅で買えるだけでなく、毎日自宅で薄毛対策に取り組めるのもメリットです。

 

朝と夜の空いた時間にササッと吹きかけるだけなので、手軽に継続できるのはうれしいですね。

 

手ごろな値段で継続できる

 

育毛剤の値段は、商品によって差はあるものの、基本的には1か月5,000円前後で継続することが可能です。そのため、金銭的な負担も低く続けやすいのが特徴です。

 

薄毛対策は、できるだけ早めに初めてしっかりと継続することが重要です。途中で投げ出してしまっては意味がないので、継続するうえで安さも大事なポイントです。

 

育毛剤を使うデメリット

 

薬ではないため劇的な変化は感じずらい

 

育毛剤は薬ではないため、使った瞬間から髪の毛がフサフサになるようなことはありません。

 

ただし、最近の育毛剤には有効成分がしっかりと配合されており、抜け毛の原因となる成分をブロックする成分も含まれています。そのため、「育毛促進」「抜け毛の予防」といった効果・効能があることは間違いありません。

 

また、AGA専門病院・クリニックなどの再生医療の現場で実際に使用されている「成長因子」を配合した製品も販売されています。医療機関でも利用されている成分を配合した育毛商品を使うことでより実感される方が多いのも事実です。

 

昔の育毛剤のように、薬ではないので効果が全くない!ということはありません。

 

>>> スカルプエッセンス徹底まとめ【医薬部外品では実感できなかった方必見!】

 

粗悪な商品が少なくない…

 

育毛剤は、各メーカーから様々な商品が販売されています。残念ながらその中には、ほとんど水のような粗悪な育毛剤があるのも事実。

 

そのため、注文する前には、事前に配合されている成分をしっかりと確認することが大切です。

 

成分を見ただけではイマイチよくわからない…という場合、育毛剤について詳しく解説しているサイトを参考にしてみると良いでしょう。当サイトでも、各育毛剤の成分を解説しながらおすすめの育毛剤をランキングでご紹介しています。育毛剤選びで悩んでいる方は、ぜひ、各商品ページを参考にしてみてください。

 

 

以上が、育毛剤のメリット・デメリットです。

 

大きな点は、「副作用の恐れがほとんどない」ということ。特に、10代や20代、30代前半の若ハゲで悩んでいる方には、副作用の有無は大きな問題ですよね。安心して取り組むことができるため、薄毛が気になり始めた段階なら、まずは育毛剤を使った対策がおすすめです。

 

薄毛治療薬の特徴

 

 

最近では、薄毛が気になり始めたら薬(医薬品)を使って治療を行う方も増えています。お笑い芸人さんや有名人が、薄毛治療薬を使っていることを公表している方も増えています。

 

しかし、あくまでも薬なので体への負担や副作用の恐れなどの心配もあります。具体的に、薄毛治療薬のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

薄毛治療薬のメリット

 

薬なので効果を実感される方が多い

 

薄毛治療薬として有名なプロペシアの場合、3年以上使い続けることで80%以上の方が髪の変化を感じておられます。

 

使い続ければ使い続けるほど効果を感じるというデータが公表されているので期待できますね。やはり薬として認められているだけあり、その効果は十分期待できるでしょう。

 

【プロペシアに関する医師がお話されている動画です】

 

ただし、服用した方全員が劇的な変化を実感できるわけではないことは注意しておかなければいけません。上記の動画にもある通り、劇的な変化を実感できるのは4人に一人くらいの割合のようです。

 

薄毛治療薬のデメリット

 

体への負担・副作用の恐れがある

 

薄毛治療薬のプロペシアもミノキシジルも、薄毛を防ぐためには服用し続ける必要があります。プロペシアには、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する効果があります。そのため、服用することで抜け毛をブロックして薄毛治療が可能です。

 

ただし、服用を中止してしまうと、抜け毛の原因DHTが再度生成されるようになり、抜け毛が進行してしまいます。

 

ミノキシジルは、血行促進を行い毛母細胞の活性化を行い発毛効果があります。しかしこちらも、使用を中止してしまうと毛母細胞の活性化を止めてしまうため効果がなくなると考えられています。

 

このように、薄毛治療薬のプロペシア・ミノキシジルを使った薄毛治療は、ずっと続ける必要があるのです。そのため、長期的に続けることによる体への負担(胃・腎臓など)が心配されています。

 

また、プロペシア・ミノキシジルには、副作用の恐れもあります。プロペシアには、勃起不全・精力減退といった男性機能に関する副作用が、ミノキシジルには、頭皮の炎症・かゆみといった副作用が挙げられています。

 

服用・使用した人全員が副作用が出るわけではありませんが、そのリスクもあるということです。そのため、薄毛治療を行う場合は、必ず医師の説明を聞いたうえで服用するようにしましょう。

 

保険適応外のため高額な必要がかかる

 

現在、薄毛治療や保険適当外となっているため、薄毛治療にかかる費用は全額自己負担となっています。プロペシアを処方してもらう場合、1か月9,000円前後の費用が必要になります。

 

さらにこれに加え、初診料・診察料が必要となります。(プロペシアの料金は、各病院によって異なります)

 

また、ミノキシジルは、国内では育毛剤リアップにのみ配合されており、1本7,000円ほどします。プロペシアとミノキシジルを使った薄毛治療を行う場合、毎月16,000円ほどが必要になることがわかります。

 

最近では、AGA専門クリニックなどが増えてきていますが、そちらを利用した場合、毎月3万円前後の費用が掛かるといわれています。育毛剤と比較すると値段が高くなるため、金銭的な負担が多いのがデメリットといえます。

 

 

以上が、薄毛治療薬を使ったメリット・デメリットです。医師の診察を受けた上で治療に取り組めるメリットがあるものの、体への影響が心配されているのが現状です。

 

結局、育毛剤と薄毛治療薬はどっちが良いの?

 

育毛剤を使ったほうが良いのか、薄毛治療薬を使ったほうが良いのかは、薄毛の進行状況やあなたの考え方によって変わってきます。

 

僕の場合、現在は育毛剤を使った薄毛対策に取り組んでますが、これにはしっかりと理由があります。薄毛が気になり始めた当初、僕も薄毛治療薬を使った対策に取り組むか悩みました。

 

しかし、プロペシアやミノキシジルについて調べていくと、長期服用による体への負担や副作用が心配になりました。また、実際に皮膚科を受診して医師に相談したところ、年齢も若いし薄毛の進行もそこまでなので、まだ服用しなくても良いという意見をいただきました。(20代で若ハゲが気になり始めてきたので皮膚科に行ってきました

 

一方、育毛剤なら副作用の恐れがほとんどないため安心して薄毛対策に取り組めるということもわかりました。

 

それらを踏まえたうえで、「とりあえずは育毛剤を使った対策を行って、それでだめなら薄毛治療薬を使おう!」と決めました。薄毛は進行型なので、何もしないとどんどん進行していきます。そのため、とりあえずは育毛剤を使った対策に取り組んでいるのが現状です。

 

最近の育毛剤には、様々な成分が配合されていることもあり、僕の場合、なんとか現状維持をキープできています。今後酷くなったら薄毛治療薬を使うと思いますが、できる限り副作用の恐れのほとんどない今の方法で続けられればと思ってます。

 

もちろん、全ての人が僕のように育毛剤を使って満足できるというわけではありませんが、薬を使った治療による副作用が気になる場合は、比較的安全な育毛剤を使うのも一つの方法です。

 

具体的に、育毛剤を使うべきか、薄毛治療に取り組むべきかについて、次の記事で詳しくまとめています。薄毛の進行状況別にイラストでわかりやすく解説しているので、あなたがどちらの方法で対策すべきか参考にしてみてください。

 

これから薄毛対策に取り組む初心者さん必見!【どこよりもわかりやすく、自分に合った薄毛対策の方法について解説しました】


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。