2016年の育毛剤は配合成分で大きく分類される時代へ

 

2016年現在、各メーカーから様々な育毛剤が販売されています。育毛業界の市場規模は年々上がっているといわれており、今年もいろいろな育毛商品が販売開始されました。

 

このサイトでも、実際に僕自身が使ってレビューしたり、詳しい配合成分を解説しながら、それぞれの商品の違いについてお伝えしてきました。

 

今回は、そんな2016年現在の育毛商品の違いについてちょっと振り返ってみようと思います。

 

育毛剤の主流は「M-034」「キャピキシル」「成長因子」の3つ

 

今人気の育毛剤には、大きく分けて3つの成分が配合されています。

 

一つ目は、「M-034(ミツイシコンブエキス)」。

 

イクオス・チャップアップ・濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)などに含まれている成分です。

 

北海道のミツイシコンブエキスから抽出したエキスで、自然由来の成分にも関わらず様々な働きが期待できるとして注目されるようになりました。

 

数年前に濃密育毛剤BUBKAがM-034を掲げて大人気となり、その後チャップアップの販売開始。そして、イクオスの販売開始へと続きました。その後は、それぞれの育毛剤がリニューアルを行うことで、3大人気育毛剤へとなっています。

 

M-034を含むこれらの育毛剤の特徴は、医薬部外品の育毛剤だということ。

 

医薬部外品とは、厚生労働省から効果が認められている有効成分を配合しつつ、副作用の恐れがほとんどない商品を意味します。そのため、薬を使うことに抵抗がある方や、自宅でしっかりと対策に取り組みたい方から選ばれています。

 

また先日、M-034の上位互換版ともいえる「アルガス(Algas-2)」が発表されました。

 

この成分は、「M-034」にもう一つ海藻由来の成分を独自処方した世界初の成分で、千葉頭皮環境研究会の発表したデータでは、ミノキシジルよりも実感するまでのスピードが速いことが明らかになっています。

 

まだ発表されたばかりの全く新しい成分ですが、今後さらに注目される成分になっていくでしょう。

 

参考:M-034(海藻エキス)の育毛効果を解説

 

話題の育毛成分キャピキシルを配合したスカルプエッセンスも人気

 

カナダのメーカーさんが開発した成分として話題になったのが、キャピキシルという成分。「ミノキシジルの3倍の効果がある」というフレーズで、一時は育毛業界でもかなり話題になりました。

 

そんなキャピキシルを配合した国内育毛剤が、「フィンジア」「ボストンスカルプエッセンス」「Deeper3d」などです。

 

これらの商品は、医薬部外品ではなく、化粧品に分類される商品になっているのが特徴。

 

医薬部外品ではないため、厚生労働省から効果が認められている有効成分は含有されていません。しかしその一方で、最新の成分である「キャピキシル」や「ピディオキシジル」などを配合しているのが特徴です。

 

これらのスカルプエッセンスは、医薬部外品の育毛剤に含まれていない成分を配合しているため、医薬部外品育毛剤と併用される方も増えました。

 

朝はスカルプエッセンス、夜は医薬部外品育毛剤など、両方の成分をしっかりと使いたいというユーザーがおられるわけですね。

 

参考:キャピキシルの育毛効果・副作用を詳しく紹介【キャピキシル配合育毛剤も厳選!】

 

専門病院でも活用されている成長因子を配合したDeeper3d

 

そしてもう一つの成分が「成長因子(グロースファクター)」。

 

成長因子というのは、再生医療の現場でここ数年注目され始めるようになった成分です。

 

薄毛治療を専門に取り扱うAGAクリニックでは、直接成長因子を頭皮に注入する育毛メソセラピー・HARG療法なども取り入れられているほど。

 

スカルプエッセンスDeeper3dには、成長因子がエビデンスを満たす量しっかりと配合されています。

 

自宅に居ながら専門医で活用されている成分を使えるとして、めちゃくちゃ注目が集まった商品でもあります。

 

不動の人気は有効成分ミノキシジル・フィナステリドを使った薄毛治療

 

そして最終手段として活用されるのが、有効成分ミノキシジル・フィナステリドを活用した薄毛治療薬です。

 

これらの成分は、上記育毛剤とは違い、医薬品に分類されるものなので、手軽に使うことはできません。

 

しっかりとした効果が期待できる反面、副作用のリスクがありますし、誰でも使えるというものではないので、最終手段的なものになります。

 

質の高い育毛剤が増えているため僕たち消費者はより良い商品を選択できる時代に

 

一昔前の育毛といえば、ブラシで頭をトントンしたり、アルコール系成分がたくさん入った育毛トニック(育毛スプレー)を塗布する…ということが一般的だったはずです。また、育毛サロンで高額なお金を支払ったり、高額なかつらを買わされた…なんて話も良く見ますよね。

 

それが今では、様々な実験を経て効果が期待できる成分が育毛剤に配合されるようになっています。

 

先ほどお伝えした「M-034」「キャピキシル」などは、ミノキシジルとの比較実験までしているので、かなり期待できます。

 

また、薄毛に関する研究も進んでいるため、正しい情報というのも簡単に入手できるようになりました。医師が上梓した書籍を読んだり、病院が発信する情報をインターネットを使ってすぐに読むことも可能です。

 

こうした流れによって、今後は中身がイマイチな残念な育毛剤はどんどん淘汰されていくはずです。

 

質の高い育毛剤が販売されれば、多くの人がその育毛剤を使うようになります。その育毛剤を超えるために、メーカーさんはさらなる研究を行い、より良い製品が出てくれば、めちゃくちゃ良い循環になりますよね。

 

また、AGAクリニックの登場によって、薄毛になってしまっても諦めなくてもよくなったのも大きいと思います。

 

今までは、効くか効かないかわからない育毛剤を適当に使っていただけで、薄毛が進行したら諦めるしか選択肢がありませんでした。しかし今では、AGAクリニックへ駈け込めば、発毛治療を受けられるわけです。

 

僕は今は育毛剤やサプリを使った対策に取り組んでいますが、もし薄毛が進行して手に負えなくなった場合は、AGAクリニックを受診するつもりです。

 

このように、「質の高い育毛剤の登場」「正しい情報を発信する人が増えた」「AGAクリニックの登場」で育毛業界は活性化されていくんだろうな…とふと思いました。

 

さらに最近では、再生医療の研究も進み、現在行われている薄毛治療よりもさらに高度な治療を受けられる日が来るのもそう遠くないと思います。

 

このサイトでは引き続き、新しい育毛剤などはできる限り実際に使いながら、配合成分や使用感などをお伝えしていければなと思います。

 

今回は、なんとなく育毛業界について感じたことを記事にしてみました。また次回から、商品の解説や育毛に関する記事など、「育毛のことならこのサイトを見ればすべてわかる」と思っていただけるよう引き続き、更新していければと思います。

 

育毛剤のことなら>>>
育毛剤ランキングの決定版@アラサー男が20商品使って徹底比較


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。参考にしてみてください。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。


 

効果のない対策に無駄な時間やお金を費やさないために、必要な知識・情報について解説しました。「薄毛が気になるけど、何をしたらよいのかわからない…」「対策しているけど、イマイチ満足できていない…」薄毛対策で失敗しないために、効果のある対策を参考にしてみてください。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。