悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する方法

 

生え際の後退・頭頂部の薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するためには、主に3つの方法があります。

 

どの方法に取り組む方は、薄毛の進行状況、個人の考え方や体質があるため、まずはしっかりと理解して、あなた自身が決めることが大切です。

 

今回は、DHTの生成を抑制するための3つの方法と、DHTに関する情報についてまとめていますので是非、参考にしてみてください。

 

 

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するには

 

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するためには、DHTの元となる酵素「5αリダクターゼU型」の作用を抑えることが重要となります。

 

悪玉男性ホルモンDHTは、男性ホルモン・テストステロンと、酵素5αリダクターゼから生成されます。

 

男性ホルモン・テストステロンは、私たちの体にとってめちゃくちゃ大事なのでブロックすることはできません。一方の酵素5αリダクターゼの作用を抑えることで、結果としてDHTが産出されにくくなり、抜け毛の進行を予防するという仕組みです。

 

悪玉男性ホルモンDHTを抑制するのに最も効果が期待できるのは、「フィナステリド」という有効成分を含有する薬を利用することです。「プロペシア」「ファイザー」といった名前で販売されています。

 

しかし、フィナステリドの服用は、誰でも手軽にできるわけではありませんし、取り扱いに注意する必要もあります。また、精力減退・勃起不全・肝機能障害などの副作用も懸念されているため、服用するかどうかは慎重に検討する必要があります。

 

薬を使う以外には、5αリダクターゼの作用をブロックする成分を配合した「育毛剤」を使うのも一つの方法。この方法は、私の現在進行形で取り組んでいますが、しっかりと効果を実感しているのでお勧めです。

 

特に薬による副作用が気になる方、薬を使えない場合、このような成分を含む育毛剤を使っておきましょう。

 

具体的に、DHTを抑制するためには次のような方法があります。

 

DHTを抑制するための主な対策方法

  1. フィナステリド(商品名:プロペシア)を服用する
  2. DHTの生成を抑える成分を含む育毛剤を使う
  3. DHTの生成を抑える栄養素を積極的に摂取する

 

フィナステリド(商品名:プロペシア)を服用する

 

 

薄毛治療薬のプロペシアには、フィナステリドと呼ばれる成分が配合されています。この成分は、悪玉男性ホルモン・DHTの元となる還元酵素・5α‐リダクターゼの生成をブロックすることが認められた薬です。

 

そのため、薄毛治療としてプロペシアを服用される方が増えてきています。

 

しかし、プロペシアは薬であるため、様々な副作用が心配されています。具体的なプロペシアの副作用には、次のようなものがあります。

 

【フィナステリドの主な副作用】

  1. 精力減退
  2. 勃起不全(ED)
  3. 肝機能障害

 

男からするとかなり重要な副作用だといえます。服用した方全員が副作用を起こすわけではありませんが、このような副作用が心配されているのも事実です。

 

また、プロペシアによって薄毛が改善したとしても、服用を中断してしまうと、再度薄毛が進行してしまいます。つまり、一度服用すると飲み続ける必要があるため、肝臓をはじめとした体への負担も心配されているのです。

 

そして、結婚されている方やこれからされる方は、自身への副作用だけでなくパートナーへの配慮も必要です。プロペシアは、男性のみが服用を許された薬であり、女性は触れることも禁止されています。

 

特に、妊婦・幼児が触れたり服用すると、体内の赤ちゃんへの影響、成長途中の体への影響が問題となっています。

 

プロペシアの効果・副作用については「プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用を解説!」でさらに詳しくお伝えしています。

 

このようなことから、プロペシアを服用することに躊躇される方も少なくありません。また、実際に副作用が出てしまい、服用したくてもできないという方もおられます。

 

そのような方にお勧めなのが、次の方法です。

 

DHTの生成を抑える成分を含む育毛剤を使う

 

 

最近の育毛剤には、DHTの生成を抑制する働きのある成分が配合されることが増えてきました。

 

具体的には、次のような成分を配合した育毛剤を選ぶことで、抜け毛の予防効果が期待されています。

 

【悪玉男性ホルモンDHTの生成を抑制する主な成分】

 

これらの成分を配合した育毛剤を使うことで、より本格的な対策に取り組むことが可能です。医薬品のプロペシアとは違い、副作用の恐れがない自然由来の成分なので、安心して使えるのも大きな特徴です。

 

抜け毛の原因となるDHTの生成を抑制する成分を配合したお勧めの育毛剤をいくつかご紹介しておきます。私が愛用している育毛剤もあるので参考にしてみてください。

 

新イクオス★管理人も愛用中!

悪玉男性ホルモン産出を抑える成分を5種類(業界最多)も配合した人気の育毛剤です。私も使い続けているお勧めの育毛剤となっています。他の育毛剤よりもDHT産出を抑制する成分が豊富に配合されているだけでなく、脱毛の原因物質(FGF-5など)を阻害する成分も8種類配合されており、脱毛予防成分は、他の育毛剤を圧倒しています。他にも、育毛促進成分・抗炎症作用成分・有効成分などが、たっぷり配合されています。

 

Deeper3d

悪玉男性ホルモンDHTの産出を抑制する成分を4種類配合した育毛商品です。ただしこちらは、「化粧品」に分類される商品となっているため、有効成分が配合されていません。また、値段が非常に高くなっているため、より本格的な対策に取り組む方向けのアイテムとなっています。チャップアップと併用して使っている方も多いです。

 

チャップアップ

悪玉男性ホルモンDHTの産出を抑制する成分を4種類配合した医薬部外品の育毛剤です。業界で唯一医師が推奨する育毛剤となっており、非常に信頼度の高い育毛剤に仕上がっています。

 

 

失敗しない育毛剤の選び方については、次の記事で詳しくお伝えしているので併せてご覧ください。

 

参考:失敗しない育毛剤選び5つのポイント!成分を見極めることが最重要

 

DHTの生成を抑える栄養素を積極的に摂取する

 

dhtを抑制するためには、先ほどご紹介したとおり、フィナステリドを配合したプロペシアを服用する、抗男性ホルモン成分の配合された育毛剤を使うのが一般的です。しかし、それだけが唯一の方法ではないんですね。

 

実は、普段の生活習慣を見直すことでもdhtを抑制が期待されています。抗男性ホルモン作用のある栄養素を含む食事をとるということです。

 

具体的には、次のような栄養素に抗男性ホルモンの働きが期待されています。

 

【悪玉男性ホルモンDHTの生成を抑制する主な成分】

  • ノコギリヤシ
  • 亜鉛
  • イソフラボン

 

ノコギリヤシは、アメリカ南西部に自生するヤシの実の一種なのですが、悪玉男性ホルモンDHTの元となる5αリダクターゼの生成を抑制する働きが明らかになっています。

 

そしてノコギリヤシのエキスには、5α還元酵素がテストステロンに反応しないようにする作用があるのです。これにより悪玉ホルモンのDHTもできなくなり、前立腺の病気や頻尿などに効果を示すのだと考えられています。
引用元:『ヤル気が出る!最強の男性医療』(堀江重郎,2013,P104)

 

亜鉛は、別名セックスホルモンとも呼ばれ、男性ホルモンを補うのに必要な成分となっています。しかし、実はdhtの生成を抑制することも期待されています。ただし、亜鉛を摂る場合、鉄も同じように摂る必要があり、鉄が不足すると抜け毛の原因になる為、気を付けないといけません。

 

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをしてくれます。そのため、抜け毛や薄毛が気になる場合、積極的に摂っておきたい栄養となっています。これらの栄養素を配合した食品には、豆乳・納豆などがあります。dhtを抑制するための補助的な役割・健康面的な役割として補うのが良いでしょう。

 

このように、食品に含まれる栄養素の中にも、5αリダクターゼの生成を抑え、DHTの生成を抑制する働きのある栄養素がたくさんあります。

 

しかし、人によっては、これらの栄養を日常的に摂るのは難しい方も多いと思います。特にノコギリヤシなんて、あまり食品から摂れるものではないですからね。

 

そこでお勧めなのが、dht抑制が期待されている栄養素を含むサプリメントを利用することです。

 

サプリメントなら必要な成分が凝縮されているため、過不足なく栄養を補うことが可能です。

 

私も継続して飲んでいますが、飲み始めてから変化を実感できているのでおすすめです。特にひとり暮らしなどで栄養の偏った食事をしている場合、サプリメントを利用することをおすすめします。

 

抜けや薄いが気になる方にお勧めのサプリメントについては、次の記事で詳しくお伝えしています。適当に選んでしまうと無駄なものを買う恐れもあるので、参考にしてみてください。

 

サプリメントランキング2016決定版【育毛剤愛用者が教える失敗しない選び方】

 

悪玉男性ホルモンDHTは汗・尿で体外に排出される

 

「有酸素運動は抜け毛予防に良い」と聞いたことがあるかもしれません。実は、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動を行うことで、汗をかき、DHTが体外へと排出されることが分かっています。

 

運動で汗をかくことによってジヒドロテストステロンを排出することができます。また、運動は体の血行促進にも役立ちます。
引用元:https://www.rs-clinic.com/menu/aga_ght.html

 

私もスポーツジムに通ってランニングマシーンで有酸素運動を積極的に取り組むようにしています。筋トレとは違い、男性ホルモンの分泌が促されるということもないので、気になる方は取り入れてい見ると良いでしょう。

 

参考:有酸素運動が抜け毛予防に効果がある3つの理由を徹底解説!

 

また、有酸素運動を行って発汗した後は、スポーツドリンクなどの水分を飲むことが多いと思いますが、これもDHTを体外に排出するために良いと考えられています。

 

水分をしっかりと摂ることで、尿からDHTが排出されると考えられているため、有産運動の後にスポーツドリンクを飲むことも、抜け毛の予防として十分期待することができるのです。

 

dhtの感受性を下げるのは不可能!?

 

 

dhtは、AGA(男性型脱毛症)の抜け毛の原因の一つですが、実は男性なら誰もが体内にあるホルモンとなります。

 

では、なぜ禿げる人とそうなでは人がいるのかというと、dhtに対する感受性の違いだと考えられています。

 

DHTは体内で生成されただけで抜け毛を促進するのではなく、生え際や頭頂部にある受容体(レセプター)と結合することで、脱毛物質を産出し、脱毛を促すようになってしまうのです。

 

AGAによって抜け毛・薄毛が進行してしまうメカニズム

 

つまり、dhtに対する感受性が高ければ禿げやすく、dhtに対する感受性が低ければ禿げにくいということです。

 

では、dhtの感受性を下げる方法があるのか?ということになりますが、残念ながら感受性の高さについては、遺伝的要因が大きいと考えられています。そのため、dhtの感受性を下げることは、難しく遺伝的な要因でAGAを発症してしまう原因となっているのです。

 

ただし、dhtの感受性が高くても、普段からしっかりと対策をすることで抜け毛や薄毛の進行を抑制することは可能です。

 

上でもご紹介したとおり、医薬品のプロペシアや、抗男性ホルモン成分を配合した育毛剤・育毛サプリメントを使うことで、dhtの生成を抑制できるので、結果として抜け毛の予防効果が期待できます。

 

つまり、dhtの感受性が高いからと言ってあきらめる必要は全くないのです。

 

dhtを下げて無効にするためには医薬品も考える

 

dhtを下げて無効にするためには、医薬品であるフィナステリド(プロペシア)を使うことも検討してみることをおすすめします。

 

フィナステリドは、副作用の恐れもありますが、抜け毛の進行を抑制する効果が認められています。具体的には、dhtの素となる還元酵素5αリダクターゼの生成を抑制し、dhtを無効にしてくれるのです。

 

人によっては、育毛剤・育毛サプリメントではどうにもならなかった…という方もおられます。そのような方は、プロペシアをはじめとした医薬品を使った治療を行ってみてはいかがでしょうか。

 

最近では、AGAクリニックといって薄毛治療を専門に取り扱っている病院も増えています。次のページで、AGAクリニックについてまとめているので是非、参考にしてみてください。

 

AGAクリニックについて詳しく見る

 

dht抑制するために育毛剤かAGAクリニックか迷ったあなたへ

 

dhtを抑制するために、育毛剤を使うべきか、AGAクリニックに行くべきか悩んでしまっている方もおられるかもしれません。

 

結論から言えば、人によって行うべき方法は異なってきます。

 

具体的に、育毛剤を使うべきか、AGAクリニックへ行くべきかの違いを図で比較してみました。

 

育毛剤

AGAクリニック

薄毛の状態

抜け毛が気になる・薄毛初期

薄毛初期〜薄毛がかなり進行している

効果

育毛促進・抜け毛の予防

発毛

副作用

ほとんどなし

あり

毎月の費用

約5,000〜約1万円

約3万円前後

 

上図の通り、育毛剤とAGAクリニックを選ぶ人は微妙に異なります。また、副作用の有無も異なりますし、毎月の費用も違っています。

 

抜け毛が気になる方、薄毛が気になり始めた初期の場合、まずは自宅で育毛剤やサプリを使って様子を見てみてはいかがでしょうか。

 

逆に、既に薄毛がかなり進行してしまっている場合、AGAクリニックで専門的な治療を受けることをおすすめします。

 

このように、育毛剤を使うべきか、AGAクリニックに通うべきかは、人によって・薄毛の進行状況によって異なります。

 

「自分がどのような方法で薄毛対策に取り組めば良いのかわからない…」という場合、次の記事を参考に、薄毛の進行度に応じた対策に取り組んでみてください。

 

参考:これから薄毛対策に取り組む方必見!【どこよりもわかりやすく、自分に合った薄毛対策の方法について解説しました】


悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に関するQ&A

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)とは何ですか?

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)とは、脱毛の原因となる活性型の男性ホルモンのこと。

 

もともと私たちの体内にあるわけではなく、精巣から分泌される男性ホルモン・テストステロンと、還元酵素・5α‐リダクターゼが結合して生成されます。

 

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が産出されるメカニズム

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は、幼少期や成長期には、「性器の成長」「体毛を濃くする」などの働きがあり、男らしい体へと成長するために欠かせません。

 

しかし、思春期を過ぎてからは、「脱毛の促進」「皮脂の分泌を促す」「ニキビの原因」など、名前の通り悪い働きをメインになるより強力なホルモンになってしまうのです。

 

【悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の主な働き】

  • 脱毛を促す原因になる
  • 皮脂の分泌を促す
  • ニキビの原因となる
  • 前立腺肥大を促す

 

このように、体内でDHTが産出されてしまうと、様々な悪影響が起こってしまいます。

 

特に抜け毛に関しては、非常に強力な作用を持ち、そのまま放置していると生え際の後退・頭頂部の薄毛が進行してしまう原因となります。

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が産出・増加してしまう原因とは

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が増加してしまう原因として考えられているのが、酵素5αリダクターゼの感受性の高さです。

 

人によって薄毛になる人、薄毛にならない人がいますが、これは5αリダクターゼの感受性が高いか、低いかが大きく関わっています

 

よく、「男性ホルモンが多いと禿げる」といわれますが、これは間違い。正しくは、5αリダクターゼの感受性が高いと薄毛になりやすいだけです。

 

実際、男性ホルモンが多くて毛深くても髪の毛がフサフサの人もいます。また、筋トレをすることで男性ホルモンの分泌量が増えても、フサフサをキープしているマッチョさんはたくさんいます。

 

よく「筋トレをすると男性ホルモンの分泌が増えるので禿げる」といわれますが、これも必ず禿げるのではなく、5αリダクターゼの感受性が高い場合、薄毛になる恐れがあるというだけの話。

 

参考:筋トレをすると禿げるのか!?男性ホルモンの働き方に要注意!

 

このことからも、男性ホルモンが多いと禿げるのではなく5αリダクターゼの感受性が高いと禿げることが分かります。

 

ちなみにですが、男の間で「オナニー(自慰)をすると禿げる」とよく言われますが、これも大きな間違い。オナニーすることで男性ホルモンが増えて薄毛になると考えられていますが、オナニーによって男性ホルモンの分泌が増えることはありません。

 

また、見てきた通り、男性ホルモンが増えたからと言って薄毛になるわけではないので、オナニーと男性ホルモンの関係については、間違った情報が広がっているというのが現状です。

 

参考:オナニー(自慰)しすぎると薄毛になる!?男性ホルモンと射精について

5αリダクターゼの感受性を低くするためには?

では、どのようになれば5αリダクターゼの感受性が低くなるのか。

 

実は、5αリダクターゼの感受性の高さについては、遺伝的な要因がとても大きいと考えられています。

 

5αリダクターゼの感受性の高さは遺伝による影響が大きい

 

しかも5αリダクターゼの感受性の高さは優性遺伝してしまうため、父親・母親が薄毛の場合、子供も薄毛になりやすい体質を引き継ぎやすくなってしまうのです。

 

参考:薄毛は遺伝してしまう?【親・祖父が薄毛でも対策することが重要】

 

このように、遺伝によって5αリダクターゼの感受性の高さは影響を受けてしまいますが、父親・母親が薄毛だからと言って100%薄毛になるわけではありません。

 

あくまでも「薄毛になりやすい体質」を遺伝するだけですので、しっかりと対策をすることでフサフサをキープされている方もいます。

 

また、遺伝的な要因はないにもかかわらず、薄毛になってしまう方がいることからもわかる通り、抜け毛や薄毛が気になる場合、脱毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHTを抑制する必要があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

よく読まれている人気記事はこちら

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。